Home

HAM & BCL 同時復活 | あの頃のラジオ少年が30数年ぶりに…

第248回-ハムショップ1978

hands_fujisawa_550.jpg


先日、ツイッターで「東急ハンズ藤沢店」の話で盛り上がりました。

今はネット通販がほとんどですが、かつては北海道から九州、沖縄まで、その土地ならではのハムショップがあり、「めちゃくちゃ懐かしい」、「入り浸っていた」という人も少なくないでしょう。かくいう私の思い出のハムショップは秋葉原の九十九無線5号店と東急ハンズ藤沢店のふたつです。

前者は私が開局する時に、HF+2mの無線機、アンテナ、周辺機器を一気に買い揃えた店なので。父親と二人で購入品のリストを事前に作成し、父親はレンタカーでライトバンまで借りて(車種は覚えていないが灰色だった)、逗子-秋葉原-逗子の往復のために日曜朝に6時起きして…。

TS-520VやTR-7500GR、3エレのHB9CV(タニグチ)やオスカーブロックのSWR計、エモテーター、ルーフタワー等々、今になって考えてみれば中学1年生の趣味に父親の月給数カ月分、ボーナス1回分くらい投資していて…感謝以外の何者でもないですが、父親は父親なりに一人息子の将来に対して何か思うところがあったのでしょう。まだ存命で先月も会いましたが、ちょっと恥ずかしくて聴けないなぁ…。

秋葉原の九十九無線5号店は平成の「ツクモ5号店」とは別の場所にありました。中央通りを末広町の方に行って、今の住友不動産秋葉原ビル、当時の日本通運本社ビルの裏。ストリートビューで見ましたが、たぶんカルチャーズZONEの向いのファミマがそうじゃないかなぁ?となりの潰れたアウトレットかなぁ。

この店には顔なじみの店員さんが居たので(名前さすがに失念)、その後もパーツを買いに行ったり、RJX-601をお年玉で買ったり。入って左側の奥に中古リグのコーナーがあって、そこを見るのが楽しみでした。

「それも大昔の話…」と思っていましたが、ツクモは意外にも2007年までアマチュア無線機器を取り扱っていたんですね。民事再生が2008年なので直前まで創業の起源だったハムは捨てなかったということか。ううむ…。

そしてもうひとつが東急ハンズ藤沢店。「ハンズがハム」というと今の人はびっくりするかもしれませんが、昭和50年代の東急ハンズは立派なハムショップでもあり、藤沢店には逗子から中学生数名(=数局)で自転車を連ねて行っていました。風の強い湘南道路を、40分くらいかかったかなぁ。

ネットを探っていたところ「開店当時の東急ハンズ藤沢店」という写真を発見(上に掲載)。よーーーーく見ると、裏口の左、緑色の屋根の横に立派なタワーが立っています。アンテナが切れているのが実に残念。

ICOMのIC-710と221があって、なんと従免・局免を持って行くとタダで貸してくれたんですね。710は100W機だったので電話級の中坊には触れず、221+タワー+スタックで「JL1KLK/1」をやっていました。今(1997年以降)はゲストオペで先方のコールになりますが、当時(40年前)はそのあたりは大らかで…。

あと「コールブック見放題」という特典(?)もあり。QSLをダイレクトで郵送するときに、リグの横にあるものをコッソリと拝読させて頂いたり…40年経っています、「時効」ということにさせてください!! (寄ってたかってみんなが見るのでボロボロになっていた)

そもそもこの東急ハンズ藤沢店、なんとハンズの1号店だったんですね。大好きだったなぁ。1976年11月開店で2006年の12月31日に閉店。ハムコーナーはそれに先立って撤収されてしまったようです。

当時は渋谷店の屋上にも信じられないほど立派なアンテナが立っていて、そこからもQRVしようと思って従免・局免を持って行きましたが、なにやらガラス貼りの別室になっていて、ビビッて帰って来たこともありました。

東京駅の大丸東京店も立派なBCLコーナーがあったし…いや、今回は完全なジジイの思い出話になってしまった。昭和50年代、そんな時代でした。

.

第247回-標高1400m、蓼科高原から1200MHzに出ると…

2018_stand.jpg

またしても1200MHzのお話しです。ハイバンドにご興味のない方、ゴメンナサイ!!

さてこのGW、両親の住む現・実家、蓼科高原の山荘に初めてDJ-G7を持って行きました。過去数年間はFT-817で80m6m、懐かしのスタンダードC-460で430FMをやったりしていましたが、せっかく買ったDJ-G7及びアンテナ群。高いところから1200FMをやってみたいではないですか。

しかし「地方は1200が盛んではない。東京と大阪の一部だけ」というウワサもあり、5月4日(祝)の夜にこわごわCQを出してみると…即座に呼ばれました! 地元・諏訪市の固定OM局。1200と2400に非常に熱心にQRVされているそうで、「八ヶ岳を狙うと山頂回折でストンと落ちる場所がある。都内の一部と船橋付近がその模様」、「9エリアも山越えで繋がる。安定的に聴こえている局もある」など貴重なお話しを伺いました。ちなみにアンテナは18エレ八木でプリアンプ入りとのこと。なるほど、本気のセッティング。

4日夜はなんと続けてもう1局。これが数年前の泉州サバイバルで及び頂いた都内局の/0で、しかも同じ別荘地で、さらにウチの父親の蓼科での知人の方?! さらにさらに「今朝、お父さんに会いましたよ」という。しかしそれならばお互いフルスケールかというとHis55/My55。実は標高差があって、アンテナの仰角が合っていない感じ。「タワマンの上層階では携帯が入りにくい」現象に似たものか?

開けて5日(土)、朝0730からCQを出すとこれもまた即座に応答あり。しかもちょっと離れた伊那市から。距離的には30~40km離れていたのではないかと。
またしても1200に熱心な地元OM局で「SSBで横浜が聴こえることもある」とのお話し。なんだ!諏訪湖近辺、1200MHzめちゃくちゃアクティブではないか!!

今回のアンテナはトップに写真を載せたリグ一体型のコメットの5エレ八木。メインの目的はじいちゃん(私の実父)に孫の顔を見せに行くことだったのでホントに簡易的な装備で…(G7の台は実家にあった譜面台)。ベランダからの眺めはこんななのですが↓(遠景は南アルプス)…。

201805_nagame.jpg

ここに本格的な1200のアンテナを持って行くとどうなるか? 1200SSB、CWに出るとどうなるか? ここから6m & Down等ハイバンドのコンテストに1200で参戦するとどうなるか?? 妄想は膨らむばかりであります。

及び頂いた局、誠にありがとうございました。1200MHzに限り、東京都外移動運用分もJCCにカウントしております。おかげさまで2日で3-up致しました。現在wkd-73です m(_ _)m。

第246回-この冬の、7MHzチョットいい話

817-CW.jpg

ここ数回の1200MHzの話題から一転、ローバンド7MHzの"チョットいい話"であります。

SSNが絶望的になりまして、アパマン・モビホ族にはツラい季節が続いております。そんな中、7MHzならば海外DXが出来るのではないかと、一縷の望みを託してみましたが…モビホに50Wでも「こんなことがありました」を3つほど。

◆1.飛んだぞZONE-14!

昨年11月末のCQ WW DX Contest CW、夕方1700頃から40mCであっちこっちが入り始めて結構な賑わい。中でもSJ2W Swedenがそこそこの強さで。何回かコールして取ってもらったつもり…だったのですが、LOTWにもCLUB LOGにも来ない。
「こっちのミスコピーだったらツマラナイなぁ…」とガッカリしていたのですが、来ました!先月、3月3日に。LOTWにて合格。ずいぶんユックリだな(笑)。
日曜日の夕方の1744、「笑点」をやっているような時間に、東京都品川区北品川と初のZONE-14 Sweden、40mCでwkd/cfmです。

◆2.がんばったぞZONE-15!

続けて今年2月12日(休)の朝、なぜか6時頃に目が覚めて「チョット7MHzを聴いてみよう」と。CW帯を聴くとスロベニアのS57Vが結構な強さで入っている。579~599。ふうむ。早朝の40mCも面白いな…と思っていると、JL1の局がピックアップされている。「JL1…M、Y、P…あれ?!横浜のモビホのMYPさんではナイカ!」。
これは私にもチャンスがあるかもと呼ぶこと30分以上。0700を越えて、もう早朝でもナンでもない、フツーの朝ごはんタイムみたいな0720にQSO成立。東京都品川区北品川と初のZONE-15 Slovenia。これがまた、ツイッター&40mでMYPさんとJ01FHM/2さんにシッカリフォロー&ワッチされていて。いやー、盛り上がった盛り上がった(笑)。「同じ部室」でコールしているようでした。
ところがS57V、LOTWもQSLもeQSLもやってないし、住所もわからないんだよなぁ…困った。

◆3.出たぞARRL CW "599005"

今年2月半ばのARRL CW、このコンテストはレポート+送信出力がコンテストナンバーになりますが、フフフ、やってみたかったのだよ7MHzモビホでで"599005"。初日2/17の夜に40mCに出てみました。上の写真の、FT-817NDで(コンテスト中に撮った写真です。いつもの897は消してます。実は817でCWやったの初めて。ちなみにアンテナはコメットのHR7です)。

ところがこれがあっけなく繋がってしまって(苦笑)。2302のW7RN(NV)を皮切りに立て続けに6局。場所的にはNV、TX、CA、CO。特にTX局には"FB QRP!"と驚かれたりして。しかし00時を過ぎたら599+の局を呼んでもCQ出をされてしまって。北米側のグレーゾーンが移動した模様。でも5W+モビホの40mCで6-Q出来れば上出来。過去に15mSでこんなこともありましたが、飛ぶんですね!7MHzでも!!

というわけで1200MHzを探求しつつ、40mCでもそこそこに楽しんだ、今年のローバンドシーズンでありました。アパマンモビホローバンドの参考になれば幸いです。
さて季節はもう春。HFハイバンド&V/Uが開けることを祈りつつ…(1200で移動するぞ!!)。

第245回-今頃やるのか?!関東UHFひとり反省会

2018_kanto_01.jpg

書こう書こうと思っている間に1カ月以上経ってしまいました!!

先日11日に開催され初の1200MHz移動運用で参加した関東UHFコンテスト。ソコソコの入れ込み具合&ソレナリの見晴らしにもかかわらず、FMオンリーで50-QSOと思ったより伸びず。「移動運用は楽しかったけれど、これなら自宅からFM & CWでやった方が局数稼げたジャマイカ…」というわけで、少々反省会など。

それにしてもスゴイですね。コンテストのあとに何局かのブログを拝見しましたが、1200MHzのFMオンリーでも100局超えが沢山(1200MHzにそんなにヒトがいるのか?!という驚きすら)。150-QSOクラスの上位局は一体どこから、どんな設備で出ているのかと見てみると…。

■その1:アンテナ

どうもコレが大事なようで…。今回はあえて「カバンに入るシンプルな小型アンテナでどこまで飛ぶのか?」を試してみたのですが、その結果は「あまり飛びません」でした?!

いや、ツインデルタも5エレ八木も、「お気軽移動」や「出張のついでに」ならば十分に楽しめると思いますが、コンテストでガッツリと使うアンテナではなかったようですねぇ。

では1200MHzで上位入賞されている、今回も100-QSO超えされているOMさんは何を使っているか?

まずは八木またはループですね。10エレ以上が多く、15、16エレ(シングル)ならば十分な模様。ううむ。オレも八木は八木だったが、5エレは少なすぎたか…。 
そして意外にも十数段の「同軸コーリニア」も有効な模様。ふむふむ。ホンキで稼ぐのならば、無指向性では12~21段クラスのコーリニア、指向性アンテナでは10~15エレクラスの八木かループ八木を組み合わせると、そこそこの局数に行くかもしれない…。

■その2:ロケーション

今回は都内品川区のビルの屋上。14階になるので海抜では約50mくらいでしょうか。普段がマンションの4階なのでこれでもソレナリと思いましたが、いやー、まだまだでしたね。

ホンキでやるならば数百~1000mクラスの山岳移動なのかなぁ、特に1200MHzは。東京、神奈川でもケーブルカーやバスで登れるそれくらいの山がありますからね。そのような場所は概ね観光地なのであまり大きなアンテナは揚げられませんが、そこで10エレくらいのアンテナで…で100-QSO超え出来るかなぁ、という感じです。

東京23区内でどうにかするならば…今回のような開放されたビルの屋上か、西郷山や飛鳥山のような小高いところで目立たないようにせめて10エレか、あるいはしらばっくれて短めのコーリニアか…難しいところです。

■その3:リグ

DJ-G7、やっぱり受信感度が低いようですね。なんとCQ出してRUNしてる途中で、別なランニング局を呼ぶコールが59で入るという(苦笑)。指向性の関係もあるとは思いますが、それにしてもねぇ…。

ひとむかし前の八重洲、アイコムのポケトラの方が圧倒的に受信感度は良いでしょうね。ヤフオクなどで狙うという手もありますが、どうせ買うならコンテスト用として今は亡きFMモービル機も狙い目かと。ポケトラよりは感度も安定度も良いでしょう。申請関係はIC-1271を通してしまった今、何も怖いものはナイです(笑)。私はリチウムイオン・バッテリーを持っているので電源には困らないのです。

丁度ハムから離れていた時期なので詳しくはないのですが、どんなリグがあるのでしょうか?ケンウッドのTM-541とか、アイコムのIC-1201とか?ヤエスのFT-2312なんてのもあるのでしょうか。このあたり、ある時期にかなり売れたと思うので安~~くオークションに出ていても良いと思うのですが…(たまに覗くけれど意外に少ない)。

…などなど。書いて行くとキリがないですね。あれ?少し前はHFで海外DXばかりやっていたのに、今は1200MHzのことばかり考えているような…。

第244回-【速報!】DJ-G7初送信がいきなり関東UHF?!

3年がかりの購入にはじまり、初期不良とか直ったとかクリップ付けたとかアンテナ届いたとか、連日お伝えしつつも実は一度も送信していなかったDJ-G7(苦笑)。
モロモロの巡り合わせから初送信がいきなり関東UHFコンテストになってしまいました。いきなりのヘビーな本番デビュー!

なにしろ1200MHz初の移動運用。超地元ではありますが、品川区内の某ビル14階屋上に行きました。それなりに眺めは良いです(場所バレバレ・苦笑)。

2018_kanto_00.jpg

いまどき珍しく屋上が開放されておりまして、朝8:30から夜9:00まで入場可能。お恥ずかしいハナシですが、コンテスト開始に遅刻しそうだったので自宅前からビル正面までタクシーで行ってしまいました(1000円でおつりなのです)…ヘタレハム!!

そして待望のKLKスペシャル+ツインデルタループ!

2018_kanto_01.jpg

ツインデルタはゲインがありつつも指向性が緩くF/Bが抜けるのでCQを出す時に非常に使いやすかったです。そして何よりも軽い!
続きまして昨日お伝えした秘密兵器。コメットのCY-1205!

2018_kanto_02_02.jpg

ツインデルタに比べるとメーター読みでSが+2~3くらい強かったです。呼び回りと方面を絞ったCQではこちらを使用。
ここまでネジがいっぱいあると「どこを締めてどこを回すか?」前半戦では迷っていましたが、コタエはカンタン。三脚からリグまでを全てキツく絞って、赤い丸印&矢印のブームを留めてるネジを緩めて回転させれば良いノダ…ということに気付いたのが終了2時間前(苦笑)。

さて、1200MHz初DJ-G7初移動初コンテストの結果は-

2018_kanto_sc00_02.gif

2018_kanto_sc01.gif

自宅10W+10エレループ八木とそれほど変わらなかった?!自宅だとこれにCWが10~20-Qくらい加わるので60~70-QSOくらい。ラスト1時間の超空振りCQタイムが想定外でしたが。ここで稼げればナァ…。
ちなみに東京、神奈川、埼玉のマルチはこんな感じです。この他には日光、前橋、つくば、土浦、石岡、鴨川、木更津、君津など。

2018_kanto_sc02_03.gif

ナンカチョット…神奈川の湘南方面、千葉の一部にデッドポイントがあるような。近くの高層ビルの影響かなぁ。でも今回は1st QSOの方が多く、自宅から繋がらないところに飛んでいたことは確かです。しかも1W+5エレなので、「FMで見ると自宅10W+10エレループ八木と同様」ならばそこそこの健闘だったのではないかという気も(CTESTWIN最新のVer4.21なのに相模原市の区部が表示されない。マルチのカウントは合ってる。どうして??)。
もう少しアンテナを上げれば良いのですが、他のお客さんもいますし、定期的に警備員も巡回して来るし、まぁ、これが限界かと。

特に目標も設定しておらず、「DJ-G7にちっこいアンテナで、東京のビルの上からどれくらい飛ぶのカナ?」が今回のテーマだったのでその意味では良い経験でした。
コンテスト終了後に430MHzを聴きましたが、かなりFBに入感してました。この場所、もう少し下がって50MHzか、HFハイバンドあたりが良いのかもしれません。春になったらGAWANT+817で21MHzにここから出てみよう!

チョット1200特有の飛びに振り回された観はありましたが、ジャスト50-Q、キリが良いんでOKです!!
各局ありがとうございました!

.

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top