Home

HAM & BCL 同時復活 | あの頃のラジオ少年が30数年ぶりに…

第271回-GAWANTでローバンドどこまで下がる?

前回書いた「GAWANT持ってハワイに行きました」の大きな反省として「7Cに出なかった」がありました。「ローバンドはパワーが勝負」とは言いますが、自宅品川のモビホ(コメットHR7)から7CのQRP5WでWルイジアナ州とQSOしており、意外や意外にQRPでチカラを発揮するのが7Cと言えます。

しかし今回のハワイペディション…じゃなかった、家族旅行ではアンテナがGAWANTのみ。たぶん今後も同じでしょう。ネットやツイッターでは「GAWANTに延長エレメントを付けるとローバンドにも出られる」と言われていますが、実際に「出ました」という例は発見出来ず…やってみました。

まず用意したのは下記の2点。

gawa-10-01.jpg

帰国後にあわてて購入したMP/BNC-Jの変換コネクタ。817の背面コネクタにGAWANTを直付けするためです。右側はとてもとても便利な普段は1.8MHzのQRV用に使っているミノムシクリップ付きの5m延長ワイヤ。

マンションの階下にコードが垂れることになるので実験はベランダで深夜に行いました。まずこのようにGAWANTを真横に取り付けて(以降、写真真っ暗です。すいません)-

gawa-10-02.jpg

先端にミノムシを噛ませてロッドアンテナを延ばします。

gawa-10-03.jpg

水面と船が見えますが、ここは品川、ハワイじゃない…。

gawa-10-04.jpg

結果は…残念ながら5mの延長では7MHzまでは下がりませんでした。"HSWR"警告が出て壊れそうだったので取りやめ。受信もイマイチでほとんどメーターが振っていませんでした。

かわりと言ってはナンですが10MHzの受信感度が非常にヨイ。ホレのJJ1が599で入りロシア局も579で。
あれこれいじっている間に-

gawa-10-05.jpg

おお!マッチング取れた。これなら出られる!なんか広告写真みたいだな(笑)。
延長ワイヤは意外にも「ともかく長ければ良い」というわけではなく、5mのままではHSWRこそ出ないものの実用になりませんでした。3.5mまで巻き取ってVSWR<1.18。まとめます。

・FT-817NDの本体背面にMP/BNC-J変換コネクタを付けてGAWANT直付け。
・先端に3.5mのワイヤを付けて1.5mロッドアンテナをフルに延ばす。
・この状態でバリコンを調整すると10MHz帯でVSWR<1.18まで落ちる。

あまりに夜が遅かったためQSOの相手がおらずマッチングの確認だけになってしまいましたが、「GAWANTに延長エレメントを付けるとローバンドにも出られる」説、まずは10MHzはOKの模様です。

しかし本当に出たかったのは7Cなんだがなぁ…。更に長いワイヤ(7~8mくらい?)を付けて標準仕様のGAWANTでマッチングを取るか、それとも回路図は頂いているのでコイルを変えていっそ「3.5~14MHz用ローバンドGAWANT」を自作するか…本当にハムごころをソソりますわ、GAWANT(笑)。


.

第270回-【事後報告】GAWANT持ってハワイに行きました-その3・反省編

2019KH6_04.jpg

GAWANT+FT-817NDを持ってハワイに行った話、全3話のラスト「反省編」です。

なにしろ夢のハワイまで行き、ホテルの20階に泊まり、4日がかりで「五打席連続空振り三振」といういわゆるひとつの珍記録をメイクドラマしてしまったので、反省事項が山積みで…GAWANT+QRPでリベンジを謀るどなたかの参考になれば幸いです。

◆反省1:ロケーション-オアフ島ではないのでは?

確かに距離的にはJAに近いのですがワイキキの町自体が南東向きなうえに部屋もダイヤモンドヘッド・ビューの東向き。Wの西海岸から南部5エリア、東部OHまでが55~59で入感していましたが、JAは完全に逆! でもワイキキで西向きの部屋に泊まる人は少ないででしょう(苦笑)。

kh6_01.jpg

JAからの距離的は250kmほど遠くなりますがハワイ島の方がJAとは繋がりやすいのではないかなぁ。KH6は自宅品川から過去に60-Q以上交信していますが、ハワイ島の方が多かったような記憶が(さすがに面倒なので未集計)。西部のカイルアコナあたりがJA狙いには向いているように思います。あと東部のヒロ付近もよく繋がりますね。

island6ap.jpg

但し、オアフ島でもノースショア、人気のハレイワ付近は可能性が高い、というか最も日本に近い場所と言えるでしょう。オアフのノースもオススメです。

◆反省2:周波数は実はローバンド?

今回は唯一、現地深夜-JA夕方の14CでJQ1IBIさんが強力に入感しましたが、実はJAもその他DXも、ハワイで一番交信の可能性が高いのは夜間帯の7MHz CWではないかという気がしています。
7CのQRPは意外に飛び、JA品川(ベランダモビホ)-W本土で16-Q、最長は今年の2月にルイジアナ州まで飛んでいます。

残念ながら今回持参した1、2mの延長コードではGAWANTは7MHzまでは落とせず、もう一声必要なのですが「GAWANT+延長コード+夜間の7C」は挑戦の価値があると思います(今度やります!)。
もっともSSNさえ上昇してくれれば、午前中の21SCがベストのハズなのですが…。

◆反省3:時間帯は午前中?

これについては事前にハイバンドを対象に集計してから行きました(下記)。JAの午前中がベストのハズで、QRVもその時間に合わせて…しかしSSN=0が10日も続き、21は4日間まったく入感ナシという状況では…。

IMG_20190430_011133.jpg

SSN.gif

それも含めて上記反省2の「夜間の7C」が意味があるのではないかと。やりたかったナァ…。

◆反省4:時代は令和。さすがにデジタルモードを…

使うべきでした。その1に記した通り、家の近所の天王洲運河から今回と全く同じセットでの5W QRPでKH6と4回もQSO(21Sx3、14Sx1)しているので強気に出てしまいましたが、CW、SSBだけではなくFT8もやっておけばもしかしたら今回JAと繋がったかも…という気もしました。
元号も変わったことですし、実は今回もノートPCも持って行っていたので、やればよかったカナー…。

◆反省5:その他フクザツな条件もある?

ここ何年か学会をにぎわせている「東西伝搬の非対称性」ですね。日没後の地球上に電離層のプラズマ濃度が低下する「プラズマバブル」領域が発生し、その下部構造の影響により「西側からの HF 電波到来が多くみられるのに対し、東側からの HF 電波到来はほとんど見られないことが分かっている」(地球電磁気・地球惑星圏学会2009年秋学会NICTポスターセッションから)…らしいですが、すいません、私は有線通信屋なので詳しいことはわかりません。

そうは言っても23、00、01時台JSTの7CのKH6なんて59++でガンガンに入って来るぞ!? ワイキキで北米もよーく聴こえたし、これについては(学会やNICT含め)よくわからないですね。

IMG_20190429_202958.gif

ハイバンドの東西伝搬はムツカシイのかなぁ。7L1DSTさんからお送り頂いた期間中のPSKRを見ても見事にグレイラインに沿った南北パスで…。

◆反省7:コンテストステーションは超弩級?

そもそも今回のGAWANT持ってハワイに行こうのきっかけになったのは上にも書いた通り昨年10月のCQ WW DX今年3月のWPXとも家の近所の天王洲運河から今回と全く同じセットでの5W QRPでKH6と4回もQSO(21Sx3、14Sx1)しているので「その逆を試そう」だったのですが、いずれも世界的なメジャーDXコンテスト時のQSOなんですよね。

その時にRunしている強力な局を呼んでピックアップしてもらったわけで、こうしたいわゆるコンテストステーションは設備やら耳やら超弩級、アンテナファーム・クラスなのではないかと。
そう考えると「世界的なメジャーDXコンテスト時と渡航の時期をアテる」というのも作戦のひとつではあります。いわゆるひとつの海外遠征。メジャーではないWの国内コンテストや他国の何かでも良いのかも。バンドが賑やかならばQSOのチャンスは増えるでしょうね。

◆反省8:ニッポン以外は平日だった…

これはまぁ、仕方のないことですが、日曜着の木曜発で週末が噛んでおらず…(その日程が割安だったので)。確かに平日のハイバンドなんて全世界的に閑散としていますわなぁ…。

◆はんせいのけつろん

・基本システムは今回の通りでも良いでしょう。GAWANT+817or818、但しワイヤでエレメントを延長して7MHzにも同調するように!

・ハワイ側の場所はオアフ島ならばノース。ワイキキならばせめて西向きの部屋に。ハワイ島はコナでもヒロでも可能性があるかも。

・SSNが良く21が開けば可能性はグッと上がりますが、夜間帯に時間をかけて7CにQRVするというのが意外な狙い目かもしれません。あとはデジタルモード。

・曜日的には土日を含む日程で。QRVはその土日に集中してあとは観光でも良いかも。W国内とはいえやっぱり平日のハイバンドは少なめ。何かのコンテスト(例えばW国内コンテストなど)にアテるのも妙案。

大山鳴動して鼠一匹というか、ほぼ一週間がかりで出た結論はこの4つに集約されてしまいますが(苦笑)、家族も「また行きたい。今度はハワイ島にしたい」と言っており、果たしてこの3つを実践すればKH6側がGAWANTのJA-KH6 QSOが実現するのか…神のみぞ知るであります。
高尾山のように日帰りの電車やバスやケーブルカーでは行けないので、次は何年後になるやら。どなたかかわりにリベンジを…。

[追記1]ついでだからこれも。自分の備忘録で書いちゃえ。M型オス→BNCメスの変換コネクタも必須。今回忘れた。L型ではなくストレートタイプ。817の裏面のM型メスにそれ挿して、GAWANTを真横に生やしてイスかテーブルに置き、ベランダ(ラナイ)の柵の隙間から突き出すのが操作面でも電波的にもFB。いつもの「駅弁スタイル」でやろうとしたがホテルのラナイはけっこうコワイ(苦笑)。苦肉の策で裏向きの斜め置きにしたけど使いにくいわ、アンテナ引っ込んでるわで…。

[追記2]あとCQWWやWPXの時に自分で「水辺に出ろ!」と言ったクセに今回ホテル20階という高さに目が眩み(?)ベランダ内のみでQRVしてる。これも反省かなぁ。ワイキキ・ビーチで首から817下げてるニッポン人のオジサンって中々インパクトあるけど、坊主で帰国するよりはマシかも。海辺に出るべきだった…。


スケジュールにお付き合い頂いたJQ1IBIさん、ツイッターでご協力頂いた何局ものみなさま、本当にありがとうございました。マハロ!アロハ!!

.

第269回-【事後報告】GAWANT持ってハワイに行きました-その2・受信状況編

GAWANT持ってハワイに行った話、昨日アップした14Cでの都内局受信に続いてその他の受信状況をサッと記しておきます。

◆QRV-0:0428(日)1730-1800HST/0429(月)1230-1300JST(受信のみ)

2019KH6_02.jpg

セッティング検討と状況把握のためワッチのみ30分。14SでW6-VKのQSO受信。W6は59+、VKは52。その他、W西海岸のラグチュー数組。いずれも55-59くらい。英語(←アタリマエ)でのロングラグチューなので声は掛けず。21MHzは全く入感ナシ。

◆QRV-1:0429(月)1630-1730HST/0430(火)1130-1230JST

2019KH6_03.jpg

QRV一回目。21S、14Sで30分ずつCQ JA。CQの途中でワイキキ中心部に巨大な虹が。日本側数局にワッチして頂くもNo SigでQRT。21MHzは全く入感ナシ。

IMG_20190429_202958.gif

7L1DSTさんからPSKRをお送り頂くも、15mの南北パス(JA-YB、JA-ZL)はあるものの東西パスはナシ。残念。

◆QRV-2:0430(火)0030-0130HST/0430(火)1930-2030JST

QRV二回目。特別編。事前にご相談していた都内目黒区のJQ1IBIさんとツイッターで連絡を取りながらスケジュール。14.016 CWにて一発でガンガンに入感!! QSBはあったが519-589。あわてて動画を撮影。



「これはイケる!」とコールバックするもこちらの5Wは届かず。動画撮影時のIBIさんは5エレに1kW。ためしに100Wに減力すると519。それに対し5Wではムツカシイナァ…。
一応21Cも試みるが、こちらはkWでもまったく入感ナシ。MUFの関係か。電波&電離層ってフシギ。

◆QRV-3:0430(火)1600-1700HST/0501(水)1100-1200JST

QRV三回目。事前調査ではJA-KH6のベストタイムのハズ。

IMG_20190430_011133.jpg

21S→21C→14S→14Cの順でCQ JAと普通のCQを出すも反応ナシ。21SCはそもそも全く入感ナシ。14SでVE3、KE5を呼ぶも反応ナシ。

◆QRV-4:0501(水)1530-1630HST/0502(木)1030-1130JST

QRV四回目。ここもJA-KH6のベストタイムのハズ。21S→21C→14S→14Cの順でCQ JAと普通のCQ。結果は前回と同じく反応ナシ。14Sで「ルイジアナ買収116周年」の記念局W5L(West Monroe, LA)が59だったがW全土からのパイルに負け取られず。

◆QRV-5:0501(水)2300-2330HST/0502(木)1800-1830JST

QRV五回目。帰国前夜に荷造りが早く終わったので30分だけQRV。SSBなど捨てて14C→21C。JAのグレイラインに合わせてQRVしたつもりだったが、数局から「なんとなく雰囲気だけは…ソラミミかも…」という状況。これにてQRT。

-----

4.5時間/5回QRVしましたが成果は二回目のIBIさんとの1-wayだけでした。そもそもASが全く入らなかった。BYのモンスター局も聴こえないし、YBやDUも入感ナシ。JAはIBIさんの直前に14Cで聴こえたJJ1???のCQ(RST319)だけでした。

強く入感していたのはW本土のCAからOHまで。W5Lのパイルで全米くまなく聴く羽目になりましたが(苦笑)、西海岸はもちろんオハイオあたりまで聴こえました。距離的にはJA-タジキスタンくらいでしょうか。あとはVK、ZL、VE3。信号的にはどこも55-59くらい。1局くらいQSOしたかったナァ…。

また上記全日を通して21MHzでは全く信号を聴きませんでした。WとかKとか、すべて14Sか14Cです。GAWANTは21が得意なのでここも残念でした(14は増強のため先端に1mコードを足して使用しました)。SSN=0が一週間以上続き、またJA以外は平日だったというのも微妙なところで…。

SSN.gif

「入感ナシ」「反応ナシ」の記録というのもビミョーな内容ですが、とりあえず受信はあちこち出来たのでせっかくなので残しておきます。

全盛期のミスター長嶋クラスの「五打席連続空振り三振」というダイナミックな記録を達成し(しかもハワイキャンプで)、イロイロと思うトコロもあり。ラストの「反省編」に続きます。

.

第268回-【事後報告】GAWANT持ってハワイに行きました-その1・成果編

先週のブログでお伝えした通り、JST4月29日(月)明け方から5月3日(金)朝までGAWANTとFT-817NT、リチウムイオンバッテリー"GANGAN"にロシア製謎電鍵という香ばしいセットを持参してハワイ・オアフ島はワイキキに行きました。

ちょっと見つけられないのですが、どなたかのブログに北米出張にGAWANTを持参し北米大陸内のワッチをした記録があったと思いますが、GAWANT in KH6は今回が初めてではないかと。但し、メインはいつもハム運用で迷惑をかけている猫嫁様、五歳娘への家族サービスで、そう熱心にムセンは出来ないという事情もありましたm(_ _)m。

宿泊はワイキキ・ビーチウォークにあるエンバシー・スイーツ・ワイキキ・ビーチウォークのアロハタワー20階。JAとは逆の南東向きダイヤモンドヘッド・ビューでこんな感じでした。猫嫁様撮影の当局。

kh6_01.jpg

じれったいので結果から書きますが、誠に残念ながらJAとのQSOは出来ませんでした。昨年10月のCQ WW DX今年3月のWPXとも家の近所の天王洲運河から今回と全く同じセットでの5W QRPでKH6と4回もQSO(15Sx3、20Sx1)しているので、「逆も可能ではないか?」と考えてのQRVでしたが、世の中そんなに甘くはなかった。ううむ。
しかもWやVKなどNA、OC局とも繋がらず、恥ずかしながら坊主で帰ってまいりました。英語で言うとmonkでしょうか。ハワイ語ではkahuna(カフナ)だそうです。とほほ。

しかし! 滞在二日目の深夜にちょっとしたサプライズもあり。まずはそれからお伝えします。

現地時間4月29日(火)0000、日本時間30日(水)の1900から、事前にご相談させて頂いていたご近所局、都内目黒区のJQ1IBIさんと20Cでスケジュール。5エレに1kWという弩級の設備でお呼び頂いたところ-



QSBがありましたが、ご覧の通り519~589で極めてクリアに入感。思わず「おお!」と声が出てしましました。IBIさんの飛びもスゴイけれど、GAWANT+817の受信性能もスゴイ!
これに続けて"R R JQ1IBI de KH6/JL1KLK HW?"と完全にQSOしている(つもりの)タイミングでニコニコしながらコールバックするも、こちらの5Wは届かず(苦笑)。IBIさんにご協力頂いてリニアを切って100Wで再送して頂くと今度は519。信号は十分確認出来ますがメーターは振らず、という状況でした。

その100W、kW比較で掴めましたが、「100Wで519」となると5W QRPでは難しいですネー。QRVをツイートでお伝えしていたので出るたびに沢山の方から色々なご意見を頂戴しましたが、「100Wで519に対し5W QRPで返すのは難しいだろう」が今回の結論。上記の通り20S、15Sで5W QRP+GAWANTで4-Qしていますが、コンディションの手助けがかなりあったのでしょう。

しかし本当にこの動画を撮っておいてヨカッタ(笑・ホントこれがなければ「アイツ何しにハワイまで行ったんだよm9(^Д^)プギャーーーッ」だった…)。
動画の最後に映っているのはワイキキ中心部の回転レストラン「トップ・オブ・ワイキキ」です。「目黒区→品川区ではないですヨ」という証明として(笑)。IBIさん本当にご協力ありがとうございました。マハロ。

JAとのQSOは果たせませんでしたが、SWLにはかなりの感度で成功。まさかの受信実験になってしまい「達成率50%」のGAWANT in Hawaiiでありました。長くなるのでまずはここまで。以降、その他の状況編、反省編に続きます。アロハ。


.

第267回-【事前お知らせ】GAWANT持ってハワイに行きます

alola_via.jpg


残り一週間となりましたので情報解禁。表題の通りであります。

猛暑が続いた昨年の8月、当家・猫嫁がカレンダーを睨み「来年のGWさぁ、この3日を繋げば10連休じゃね?」と言い出し、航空券&ホテルを「日曜発-現地平日発」の割安価格で予約したのが残暑キビシイ9月のこと。

「もし連休にならなかったら会社と取引先に土下座して行かせて貰おう」と言っておりましたが、無事閣議決定により10連休が確定。閣議の直後からその価格は3倍以上に跳ね上がったそうでございます。猫嫁さまグッジョブm(_ _)m…。

というわけでJST4月29日(月)明け方から5月3日(金)朝までワイキキを中心にオアフ島に滞在します。そして我が相棒、FT-817ND&GAWANTを持参する予定です、が……。

・今回はハワイ島北部、オアフのノースショアには行きません。小さな子供がいるため本当にワイキキを数日ぶらつくだけで、方角的にはJAからは真逆です。すいません。

・しかも猫嫁(実はハワイマニヤ)と子供(五歳。初ハワイ)がいるためQRVの時間は本当に本当に限られています。多分おとうさんの「自由時間」は滞在中1、2日の30分とか1時間とか…。

・さらにリグはFT-817ND&GAWANTのみ。50W機や釣り竿、ATU等は家族の荷物の都合から持って行きません(若干一名、荷物運びで戦力外の者がおりまして…)。

・イラストが紛らわしいですがサテライトも行いません。これは大好きなエルビスの名盤です(上掲イラストはイメージです)。

・本年はALL JA、東京コンテストは欠席致します。品川区がご提供出来ずすいません。

QRVするとしたらワイキキのホテルのど真ん中にあるホテルの屋上からこっそり物陰に隠れて、あるいは部屋のラナイ(ベランダ)から。一応、例のロシア電鍵も持って行くので14~28MHzののSSB & CWで出られますが、果たしてどうなるか?!

昨年今年のDX TESTで地元・天王洲から当局FT-817ND&GAWANTでKH6と繋がっています(15Sで2回)。ということは「逆モマタ真ナリ」で、日本側のアンテナが大きければリロン的にはQSOは不可能ではない?…でも交信したのはハワイ島北部なんだよなぁ。行ったことあるけど、あすこは繋がるわなぁ。でもワイキキはなぁ…。

日本各地&米国在住(出張?)の日本人ハムも巻き込んで(一度ブログを見たがみつからず!)盛んに行われている「GAWANTで飛ばそう」実験の「ハワイ編」であります。日本のビッグガン各局様、超微弱な電波かと思いますが、ご関心頂ければ幸いです。QRV状況など詳細は現地よりツイッターにてお伝えする予定です。

(子供 or 家族 or 本人の体調不良等、予期せぬ事態でQRVそのものが中止になったらゴメンナサイm(_ _)m。「暴れ盛り五歳児帯同の超DXバケーション」ゆえ過度なご期待はなさらぬよう、何卒…)

.

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top