Home

HAM & BCL 同時復活 | あの頃のラジオ少年が30数年ぶりに…

第258回-局免履歴で振り返る開局40周年

2-ama-ju-01.jpg

おかげさまで2アマの従免が到着。晴れて「合格者」から「従事者」になりました。早速、電子申請システムで10、14MHzを追加申請。局免の有効期限などを眺めているうちに、こんなものを作ってしまいました。

kyokumen-rireki.gif

こまかくてすいません。1978年12月の開局から現在までの局免の状況です。色はJARLの門標と同じ。オレンジ:電話級&4級、青:3級、緑:2級。薄いグレーはうっかり失効期間、濃いグレーは完全QRT期間です。うーむ。こんな感じだったのか。

本人である私以外にはなんの感想もないと思いますが(苦笑)、私はそりゃもう感慨たっぷりですよ。

死ぬほど欲しかった、心から喜んだ最初の電話級免許状(TS-520Vで3.5~28MHz+TR-7500GRで2mFM。なんと開局時は15mの3エレHB9CVだった。80年にRJX-601で6m追加)ですが、5年経過後の1983年12月にあっけなく切れています。これは①高校を卒業して浪人してしまったこと、②中学・高校の5年間に富士山五号目移動から海外DXからコンテスト徹夜参戦まで、かなりのことをやってしまったこと、③高校後半からパンクスになってしまい無線よりも音楽がメインだったことなどが影響しています。しかも翌85年も二浪で無線どころではない!

ではなぜ二浪真っ最中の1985年9月に再開局しているか? これは「切れているコールサインが再割当てされるらしい」というウワサを聴いたからですね。1エリアでのJE1からの再割当て開始は85年9月でした。
さすがにあわてて代ゼミの帰りに巣鴨時代のJARLに。「相談窓口」のようなものがあり、私の隣には膨大な量のQSLカードとシャックの写真を手にしたご年配のOMが。OM氏、どうやら早々に再割当てされて人手に渡ってしまったらしく、「どうにかならないか!!」と涙ながらに懇願(ホントに泣いていた)。私と窓口の職員でヒソヒソと「涙流すくらいなら切らなきゃいいのにネ」(笑)。

さて、この時の免許が結構長く、いや、局免はいつも5年か(笑)、1986年の大学入学から1990年の電線メーカー入社まで生きています。
しかし「86年入学、90年卒業の都内私立大文系学生」なんてバブルの申し子みたいなもので(苦笑)。この頃はハムをやった記憶がまったくございません。他のことでとても忙しかったです(年に30回以上ライヴ行ったり、100本近く映画観たり…)。

入社1年目、最高で月に275時間残業していた90年末に一旦切れますが、91年から非常に健全な工場建設チームに入ったこともあり再開。しかも同じ課にいた1年上の先輩がハムだったということもあり、日曜日に2人でアキバに行きスタンダードのC-460を揃いで購入。千葉工場の研究所の屋上から430FMに出たりしたなぁ。手持ちなのに良く飛んだなぁ。

95年1月に晴れて丸の内の本社に異動。本社にはJA1、JF1の先輩部長さんがいらして、一緒にハムフェアに行ったり。96年にうっかり失効しますが、すぐに継続して2001年まで。ちなみにこの頃の局免は旧リグの保証の関係で「435MHz F3 10W」だけでした。
でもQRVしていたか?というとほとんどやっていませんでした。時はインターネット草創期。自分の「ホームページ」を作ってそちらで忙しかったんですね。モダンジャズ旧作の日本映画にも狂っていたしね。

ところが2000年10月から2度ほど転職。さらに2002年2月に会社を起業してハムどころでも、ホームページどころでもなくなった! 2001年8月から2009年11月まで過去最長のQRT期間に入ります。実はこの間、かなりコンディション良かったんだよなぁ(苦笑)。

ゼロ年代も後半になり、会社もソコソコ軌道に乗って、2009年に43歳で遅い結婚。そこでなぜか本格的に再開し、今に至っています。その「本格的に再開」の経緯はコチラに書きました。この頃になると、このブログが既に始まっています。

しかしこうやって見ると、JL1KLKがよく再割当てで人手に渡らなかったものだなぁと。最初の危機は90年代。ここはどうにか自ら繋いでいますが、2001年~2009年の8年間はどうだったんだろう? もしかして一度再割り当てされて戻って来たのか? オレ以外にもJL1KLKがいたのか?!(謎・でも心当たりのない昔のQSLは来ないです)。

さて…今の局免は2019年の11月まで。最後の1年弱で10、14MHzが追加され、またその次に継続されます。この次は…2024年の11月までか。1行5年なんでこの表、見やすいな(笑)。

その時は、えーと、59歳。翌年還暦かー。何をやっているのかなぁ…。

[ 2018/12/15 追記 ]
有名なこちらのページによるとJL1は1978年から79年にかけて交付されたあと、1989年に再交付されてその後は手つかずなんですね。1989年は上記の通り2回目の局免が生きてたのでセーフ。2001年から2009年は最初の7N4とJA1~JG1が再交付されていたそうです。今のペースだとJL1の三巡目は2025年前後かなぁ。


.

第257回-【ご報告】e-ラーニングで二アマに受かりました・後編

無事合格した10月期の2アマe-ラーニング、前編では概要と申込み、章構成を説明しました。後編では勉強法と試験の実際について。

◆5.勉強法は?

受講開始は10/1。2、3日で1章を終えて20章全ての中間試験に合格したのは11/7でした。約5週間。仕事が終わってから自分のPCやスマホでやったり、出張の帰りに各地の図書館や「勉強カフェ」でやったり…。

最初は平均2時間×20章、復習で1時間×20章(←ここまですべて平日夜)、判定・修了試験対策のみ週末に図書館でやって5時間×4回、合計でざっと80時間くらいでしょうか。去年の一陸特の約半分ですね。

私の場合、「目で見てなんとなく暗記する」が苦手なので、中間試験の回答時、復習時に選択肢と計算式を全てノートにキッチリ書きましたが、これが意外に役立ったようです。ノートとしてはこんな感じ。

201811_e-lan_02.jpg

便利だったのは集合講習のビデオが公開されていることで、テキストだけでは理解しにくかった「電気回路」「電子回路」はビデオで受講しました。なんと講師が3アマ短縮コースの時に教えて頂いた非常にわかりやすい某OMで、これにはとても助けられました。担当講師のアタリハズレもありますが(苦笑)、ビデオは必要に応じて見た方が良いです。

中間試験合格後に全体をもう1回見直して、判定試験の受験は11/18。得点は思ったよりも良く法規90点、工学100点でした。

◆6.そして修了試験

自宅から3駅、偶然にも取引先のビルの裏にCBTのテストセンターがあり、11/26(月)の午前中に会社を半休して受験しました。
18日からの一週間はともかく中間試験100問(小問題含めると設問数188)の繰り返し。「3、4回繰り返すとアタマに入る」と言われていますが、これは本当です。100問あっても3回目くらいで「あぁ、これね」となって来ます。ここで重要なのは各章の繰り返し状況、進捗と習得状況。下記のような表を作って管理しました。

201811_e-lan_03.jpg

修了試験はパーテーションで仕切られたPCブースに入り、オンライン試験で行います。持ち物は全てロッカーに。筆記用具も預けて、紙1、2枚と鉛筆、マジックペンのみが貸与されます。「ヘンなところだったらイヤだな」と思いましたが、なかなか快適な受験環境でした。
法規10問/60分、工学20問/90分を法規から先に。法規が終わり次第、工学に進んで良く、全問見直し含む30分+70分=約100分で退出しました。

私は上に書いた選択肢と計算式を書きながら解く方式に馴れていたので、ここでも全く同じ解き方&(上の写真のノートと同じ)書き方をしました。これをやっておくと見直しの時にも便利です。
その紙があれば終了後の自己採点やもっと詳しい問題の解説なども出来るのですが、退出時に回収されてしまうのです。残念。

更に残念なのがオンライン試験なのにその場で結果がわからないこと。毎週水曜日頃にまとめて「合格承認」という作業を行っているそうで、何曜日に受けてもメールと郵送による結果連絡は週イチのバッチ処理です。
また、受験した問題も模範解答もわかりません。これは受験のタイミングが10月から3月まで分散しているので、出題傾向の漏洩を防ぐために仕方のないことかもしれません(←後半に受験した方がネット等での事前情報が多く有利になってしまうので…)。

ちなみに自分の得点は1)受講者ID、2)氏名、3)生年月日と「開示希望」を書いて「JARDeラーニング事業センター」にメールで問い合わせると教えて貰えます(事前に申し込んでおいたので発表日の18:01に来ました。法規100点/工学98点)。
しかしそんなことをするならば、Web内のどこかに全員書いておけばいいのに…。

最後に日程関係をまとめておきましょう。

・08/16:受講申込み
・09/22:「受講キット」届く
・10/01:オンライン受講開始
・11/07:100問/全20章(小問題含めると設問数188)の中間試験合格
・11/08:朝イチで判定試験受験可能承認メール届く(これが来ないと判定試験が受けられない)
・11/08~18:判定試験に向けて中間試験問題復習(全体をざっと1回)
・11/18:午後、判定試験受験・即合格判明(地元の図書館で。ここまで自分のPC。法規90点/工学100点)
・11/19:午後、修了試験受験可能承認メール届く(申込みはここにある受験チケット番号が必要)
・11/19:午後、CBTテストセンターに修了試験受験申込み
・11/19~25:中間試験問題復習(全体を追加で2、3回)
・11/26:午前、修了試験受験(CBTテストセンター)
・11/28:午後、合格通知到着(メールにて)
・11/28:夕方、事前に申し込んでおいた得点開示メール返信来る(法規100点/工学98点)

・12/12:午前、2アマ従免届く。合格から丁度2週間。受講開始から約2カ月半で2アマに。←12/13追記

ちなみに中間試験以外の問題も(当然)出ます。法規で1問、工学で3問。テキストをかなり読まないと解けない問題も出ましたが、これは「満点を取らせないための対策」でしょう(←取っちゃったけど…)。中間になかったと言っても、三アマを持っていれば解ける内容ですし、ここを落しても合否には影響しないでしょう。

長くなりました。ここまでにしましょう。受講中の方、次回受講予定の方、興味のある方、詳細はコメントかメールでお問い合わせ下さい。

さて、1978年8月の旧・電話級講習会、2012年7月の第三級短縮コースに続き、またしても講習会で資格を取り国試経験なしでニアマになってしまった。とても珍しい「フヌケハム」の爆誕であります。この次はいよいよ一アマですが…一アマで初の「ハムの国試」か?!

1978年12月の開局から丁度40年。「40周年記念イベント」は何にしようか? と考えているうちに年末になってしまいましたが、最後の最後にビッグ・イベントが。

まさか自分が、あのバカなことばかりやっていた小学生SWL(ex.JA1-23757)、逗子葉山クラブJA1YUUの問題児が「ニアマ」(←一応上級ハム)になるとは…感慨深い40周年になりました。


.

第256回-【ご報告】e-ラーニングで二アマに受かりました・前編

昨年の一陸特に続き、事前告知なしの隠密行動で恐縮ですが(←仕事の状況次第でどうなるかわからないため)、今年10月期の二アマe-ラーニングを受講しておりまして、本日無事合格致しましたm(_ _)m。

e-lan_tsuchi.jpg
29日の夜追加。「やっぱりお約束の合格通知載せなきゃ」と思ったら
e-ラーニングの通知書はハガキではなく写真入りの書面でした。

e-ラーニングにはメールによる点数開示制度があり、早速問い合わせたところ合格ライン60/100点に対し法規100点、工学98点だったそうです。まさかの得点に自分でもびっくり?!

さて、登録制なので謎に包まれている(?)2アマe-ラーニング、ご興味のある方のためにごくカンタンにご紹介。

◆1.受講の理由

2009年11月のハム再開時「30年以上前に取った電話級で元・無線少年のオッサンがどこまで遊べるか」2012年7月の三級取得時「多忙なサラリーマンでもどうにか取れる三アマでどこまで遊べるか」がテーマでしたが…開局から丁度40年、再開から9年、三アマから5年以上経って飽きて来ました(苦笑)。

三アマ時代の成果&思い出はモビホ50WでのDXCC獲得まで。もっと上が欲しい。100W以上出したいし10、14MHzにも出たい。去年、一陸特を取ったこと、「周囲が一アマばかり」ということも影響していますが。


去年の一陸特で「国家試験当日に最良の状態に持って行く方法」は掴みましたが、アレは仕事との調整が難しくて…自由に日程が選べるe-ラーニングを選択しました。

◆2.申込みから受講

今は年4回ですね。結構申込みが早くて10月期(10/1から翌年3/31まで受講)を受けようと思うと8/16から9/20迄のオンライン申込みが必要です。さらに定員150名は先着順。「仕事にちょっと余裕あるな。受けてみようかな」と思ってもタイミングが合わない可能性があるので、ご利用は計画的に。

受講料は49,750円。高い高いと言われますが無線従事者免許申請手数料1,750円と消費税込み。ついでに言うと補助的なテキストは不要で(買いませんでした)、JARDから送られて来るブ厚い(371p)テキスト1冊で合格出来るので「テキスト代込み」でもあります。
もっと言うと修了試験は全国260カ所のCBTテストセンターで好きな曜日、好きな時間に受けられる、ということは前泊や新幹線での移動も不要。そう考えれば決して高くはナイのでは? ちなみに22歳以下は先着15名ながら19,750円。これはもう破格ですよ。

実は夏に受けようと思っていたのですがモタモタしていたため満員で受けられず。8/16の受付開始と同時に申込みました。9月末、受講開始日約5日前(9/22)にレターパックで「受講キット」なるものが到着。ID、パスワードに必要書類とブ厚いテキストでした。テキストはこんな感じです。

201811_e-lan_01.jpg

◆3.いよいよ受講

章構成が気になりますよね。市販されているテキストとほぼ同じで以下の通り、法規が7章、工学が13章の合計20章。これを各章15~50ページくらいの分量にかなりバラつきのあるテキストでマスターして行きます。繰り返しになりますがテキストはB5サイズで371ページ。そこそこのボリュームがあります。
個人的には去年80章以上ある一陸特を受けているので、「20章ならば少ないな…」と感じましたが…。

【法規】
第1章 電波法規の概要
第2章 アマチュア局の免許
第3章 無線設備
第4章 無線従事者
第5章 運用
第6章 監督・業務書類等
第7章 国際法規

【無線工学】
第1章 静電気
第2章 電磁気
第3章 直流と交流
第4章 半導体
第5章 電気回路
第6章 電子回路
第7章 送信機
第8章 受信機
第9章 電波障害
第10章 電源
第11章 アンテナ及び給電線
第12章 電波伝搬
第13章 測定

◆4.難易度は…

各章の終わりに5問ずつの「中間テスト」があり、なんとこれに「全問正解」しないとe-ラーニング内の「判定試験」(60/100点合格。修了試験の模試)が受けられず、更にその「判定試験」に合格しないとテストセンターでの「修了試験」(60/100点合格。最終試験)も受けられません。

5問×20章なので中間試験は100問。その次の判定試験までを自分のPC(スマホやタブレットも可)で行うので、カンニングも可能ですが…カンニングで合格しても意味ナイですよ。
この段階での目的は問題と回答を覚えて修了試験に合格すること。修了試験は外部のテストセンターで行うためカンニングなど(あたりまえですが)出来ず、ズルして良い点を取っても何の得もありません。


中間試験の100問を何も見ずに全問正解するのはナカナカ大変でした。半分くらいは2回目で合格したかなぁ…。「e-ラーニングは資格をカネで買う」と言われますが、「国家試験とは別の、独特の難しさ、めんどくささがある」と思いました。量が量だけに楽ではないです。

2018/11/29追記:「5問×20章なので中間試験は100問」と書きましたが、5問中の1、2問はアイウエオを埋める1問1点の「空欄補充問題」なので、実際の設問・回答数は法規71+工学117の合計188問になります。かなりの数の穴埋め問題を覚える必要がありますが、1問1答の5点問題とは違い、1箇所1点単位で「部分点」のようなカウントになる(=全文を完璧に暗記していなくてもOK)ので考え方によっては魅力的です。

-----

長くなるので、まずはここまでにしましょう。概要と難易度、雰囲気は掴んで頂けましたでしょうか。せっかくなのでもう一回。次は勉強法と試験の実際について。後半につづく


.

第255回-【緊急更新】CQ WW DX Phに手持ち817とGAWANTで参戦

前回の続きで「いま欲しいリグ」についてお話しする予定でしたが、今週末開催の世界最大のDXコンテスト"CQ WW DX Ph"に無謀にも(?)「手持ちのFT-817ND+GAWANTアンテナ」で参戦しまして、予想外の成果を挙げたのでそれをご紹介します。

まずは朝6時に目覚ましで起きて、朝ごはんのセッティング(週末は私が調理係)と身支度を終えて、予定していた移動先に到着したのが0720ごろ…まぁ自宅から徒歩で15分ほどなのですが。地元・東京都品川区は天王洲の遊歩道。CQ WW DXということもあり、いつもより数百メートル東京湾沿いに行ってみました。こんなとこです。

2018-ww-01.jpg

0800頃にセッティングを終えてQRV…と言っても817にGAWANTを挿すだけですが(笑)。こんなオッサン。

2018-ww-02.jpg

私の初のGAWANT-DXは0805のVK2!その後の成果はこんな感じです。

20181028_CQWWPh_01_v3.gif

過去にこのすぐそばで5WにATAS-25でWやBYとQSOしているのでDU、VKとかは届くだろうなと思っていました。しかし!まさかのZXブラジル!GAWANTで南米ですよ!

その後もチリと繋がり南米2局目。今日は特にCondxが良かったようですね。アラスカやハワイなど、堅実にマルチを稼いで午前の部終了。約4時間で17-Q、10-ZONE、OC、AS、SA、NAですね。QRZ.comさんによるとチリCB1は16,830.5km、ブラジルZX5は18,800.3kmだそうです。ブラジルの方が遠いのか(QRZのコレ、直線距離?大圏コース?)。

ここで一旦自宅に戻り、お昼を食べたり、クリーニング屋に行ったり?!そして1500頃に同じ場所に戻り午後の部開始。

いやー、午後の部は厳しかった…と思っていたけど1時間でこの内容ならばまぁまぁか。グレーラインに合わせてEUがオープンし、必死に呼んでZONE-15、16、20を追加。RA3はモスクワの郊外ですね。かなり西寄り。ここまで来ると欲が出ますね。ZONE-14が欲しかったナァ(笑・AFやって1-day WACも?!)。
午後の部で5-Q、3-ZONE追加。まぁ、数を競う感じではありませんが。午後の最長はブルガリアLZ5の9,136.4kmでしょうか。

冒頭の写真の通り、結局817を付属品のストラップで首から下げてのQRV。電源は内蔵ではなく、コートの左ポケットに電動リール用リチウムイオンバッテリーGANGANを入れており、14.8Vの5W運用でした。そしてそれゆえに、遊歩道をウロウロしながら15mSでDXが出来る(爆)。マジメな話、午後の部はアパマンでは有り得ない北向きビームも駆使して効果絶大でした。

2018-ww-03.jpg

今日の東京の日の入りは1651、日没直後に何かのマジックが起こるかと期待しましたが、まぁ、見事に信号も消え、カミさんと子供からも「帰って来い!」のラインが。日没直前のOG7フィンランドを最後にGAWANT QRPでのWW DX参戦は終了、撤収。朝から夜までお邪魔しました。午前、午後の合計で22-Q、13-ZONE、OC、AS、SA、NAにEUでした。1-day WACは(さすがに)ならず?!エンティティは意外に伸びて16。22-Qで16-Entは悪くないです。

2018-ww-04.jpg

飛びますよ、GAWANT。自転車で10分くらいのご近所さんが作っているという地元意識もありますが、ネットで散見する「GAWANTって言うほど飛ばないらしいゼ」、「GAWANTの評判ってhype(誇大広告、胡散臭い大ボラ)じゃないの?」という声に、「自分でちゃんと試してからそう言ってるのか?」という疑問がありました。
冒頭に書いた通り、私は7年前に817の5WにホイップでWやKH2、BYとQSOしたことがあったので、「飛ぶ飛ばないは本人次第」と考えていて、今回のWW DXではそれをたっぷりと試そうと。
自宅の制約や資格の関係で、小さなアンテナに少ないパワーで都会のはずれから遠くまで飛ばすことを10年近くやって来たので、イロイロと思うトコロもあったのです。結果は以上の通りです。

これでも現場で気付いたいろんなテクニックがあるんですよ。最初はベンチに座ってマッタリやろうと思ったけど、運河沿いに設置してる鉄製の柵の上がめちゃ信号強いとか、817の後ろのダイキャストが柵のパイプにぴったりで、それを嵌め込むとSWRも下がるしSも上がるとか。さらにはロッドアンテナを垂直にするか、水面上に水平に突き出すかとか。

いずれも相手によってケース・バイ・ケースで「これだ」という結論はありませんでしたが、そんなところをあれこれ試して、ピックアップして貰った時の感動が「ハムだなー」と。まぁ難しいことは考えずに「GAWANTはこう遊べ!」でもいいかも(笑)。
W本土がオープンしていなかったのが残念ですが、「GAWANTは南米にもヨーロッパにも飛ぶ」ということが実証出来れば十分でしょう。

817をお持ちの方、GAWANTをお求めの方も多いでしょう。中途半端なヤマに移動するよりも、河川敷や運河、海岸線に移動した方が良いかもしれませんよ。「GAWANT持って水辺に行こう!」が流行ったりして(笑)。

いやー、まぁ、ともかく、色々書きましたが、今日の晩メシのビールはウマかった!!(笑)。それに尽きる!

.

第254回-いま欲しい!ニッチリグとは?

F-850_550.jpg


国内規格の市民ラジオ機を製造・販売しているポラリスプレシジョンがアマチュア無線機に新規参入。大変勇敢な挑戦でそれ自体は評価すべきことなのですが、「14MHz/18MHzのSSB/CWでNi-MH電池またはアルカリ乾電池駆動の5Wポータブル機、そして定価22万円」という仕様がいまひとつウケが悪い。

私は工業製品のマーケティングが本業ですがマーケター視点で見ると、まず大多数を占める4アマに無縁、3級で18のみ、2、1級でやっとデュアルバンド(国内市場を対象に考えると従事者人口で10%以下)。それでもFT-817、818と比較してどこに優位性、必然性が?…という確かに疑問の多い製品コンセプト&プライシングであります。ううむ、どうなることやら…。

まぁ、ポラリスさんの話はここまでにして、面白かったのはこのリリースに付随して、ツイッターで「これがあったら買うぞ」という声がいくつも挙がったこと。例えばお友達のJG3XTKさんは「RJX-601あたりをモデルにした顔の7MHz/28MHz/50MHzのAM/FMポータブル機」。ウマイなぁ(笑)。
7も28も50もAMでの運用が話題になっているし、28、50はFMもヨシ。しかも601の顔してるのなら、私も「値段次第では買ってもいいかな」と考えてしまいますね。ツイッター上でも「それ欲しい」の声がすでに(笑)。

私がムチャブリしたのは「1.2~10GHzくらいに出られるマルチバンドのアップバータ」。FT-817、818に乗っけて…同じ大きさでバチンと合体出来るといいかも。モードはそのままFM、SSBにCWで。マジメな話、20万円で5.6や10GHzまで一気に出られるならば考えてもいいかも。パラボラ自作して、老後の楽しみはマイクロ波で?!

などとあれこれツイートしているうちに、結局「新しいリグ、欲しいリグ」って運用的に「新しい、魅力的なスタイルの創造がありますか?それに見合う投資金額ですか?」、カンタンに書くと「興味のあること、やってみたかったことを(適切な投資で)実現させてくれますか?」というモノなんじゃないのかなぁ。持ってるリグで「こと足りる」ならば貴重なお小遣いは投資しませんよね…。リグではないけど、かの"GAWANT"ヒットの理由もそこでしょう。

そう考えるとFT-817以降は1.9~430MHzの間、特にポータブル機では難しいですよ(苦笑)。817で何でも出来ちゃうもん。操作性や「みんなと同じはイヤ」にこだわる人はエレクラのKXシリーズに行くでしょうし。あれも名機なので…。

さらにツイッターでは「顔」の問題、復刻版の話も出まして…これについては次回、次々回に。みなさんはどんなリグが欲しいですか?

.

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top