Home

HAM & BCL 同時復活 | あの頃のラジオ少年が30数年ぶりに…

第254回-いま欲しい!ニッチリグとは?

F-850_550.jpg


国内規格の市民ラジオ機を製造・販売しているポラリスプレシジョンがアマチュア無線機に新規参入。大変勇敢な挑戦でそれ自体は評価すべきことなのですが、「14MHz/18MHzのSSB/CWでNi-MH電池またはアルカリ乾電池駆動の5Wポータブル機、そして定価22万円」という仕様がいまひとつウケが悪い。

私は工業製品のマーケティングが本業ですがマーケター視点で見ると、まず大多数を占める4アマに無縁、3級で18のみ、2、1級でやっとデュアルバンド(国内市場を対象に考えると従事者人口で10%以下)。それでもFT-817、818と比較してどこに優位性、必然性が?…という確かに疑問の多い製品コンセプト&プライシングであります。ううむ、どうなることやら…。

まぁ、ポラリスさんの話はここまでにして、面白かったのはこのリリースに付随して、ツイッターで「これがあったら買うぞ」という声がいくつも挙がったこと。例えばお友達のJG3XTKさんは「RJX-601あたりをモデルにした顔の7MHz/28MHz/50MHzのAM/FMポータブル機」。ウマイなぁ(笑)。
7も28も50もAMでの運用が話題になっているし、28、50はFMもヨシ。しかも601の顔してるのなら、私も「値段次第では買ってもいいかな」と考えてしまいますね。ツイッター上でも「それ欲しい」の声がすでに(笑)。

私がムチャブリしたのは「1.2~10GHzくらいに出られるマルチバンドのアップバータ」。FT-817、818に乗っけて…同じ大きさでバチンと合体出来るといいかも。モードはそのままFM、SSBにCWで。マジメな話、20万円で5.6や10GHzまで一気に出られるならば考えてもいいかも。パラボラ自作して、老後の楽しみはマイクロ波で?!

などとあれこれツイートしているうちに、結局「新しいリグ、欲しいリグ」って運用的に「新しい、魅力的なスタイルの創造がありますか?それに見合う投資金額ですか?」、カンタンに書くと「興味のあること、やってみたかったことを(適切な投資で)実現させてくれますか?」というモノなんじゃないのかなぁ。持ってるリグで「こと足りる」ならば貴重なお小遣いは投資しませんよね…。リグではないけど、かの"GAWANT"ヒットの理由もそこでしょう。

そう考えるとFT-817以降は1.9~430MHzの間、特にポータブル機では難しいですよ(苦笑)。817で何でも出来ちゃうもん。操作性や「みんなと同じはイヤ」にこだわる人はエレクラのKXシリーズに行くでしょうし。あれも名機なので…。

さらにツイッターでは「顔」の問題、復刻版の話も出まして…これについては次回、次々回に。みなさんはどんなリグが欲しいですか?

.

第253回-ハムフェア2018に行きました(1週遅れブログ)

先週の土曜日に、ハムフェア2018に行きました。なぜかハムフェア前後は仕事が忙しいことが多く、明けた月曜から終電やら深夜タクシーやら…。というわけで見事に1週遅れになってしまいましたが、今年のハムフェアについて少々。

◆ 1.全体を通じて

家の用事が忙しく会場に着いたのは14:00頃。終了は17:00なので3時間程度しかありません。

ham2018_01.jpg

そのせいもありましたが、今年はクラブブースをあまり見ませんでした。ただ、最も大きな理由は八重洲、ケンウッド、アイコムとも注目のリグを発表しており、そこで時間をとられたという。ハム活性化のためには良いことではあります。

◆ 2.さてその「注目のリグ」

中級~高級HFリグが話題でしたが、私の場合はなんと言ってもアイコムのIC-9700!待望の1200MHzオールモード搭載機です。ハムフェア開催日までは「1200は1W」と言われていましたが、なんと10W!みんな移動で10W出しちゃダメですよ。簡単にバレますよ!

IC-9700とアイコム社説明員に食いつく当局。撮影ご協力及び写真ご提供はJL1MYP局。TNX! しかしなんとも楽しそうな顔してるなー、このアロハのオッサン。アイコムさん相手の必殺のセリフは「IC-1271のヘビーユーザーなんですヨ」(笑)。

ham2018_02.jpg

そして気になる価格の方は…どうやら安くはなさそうです。まず価格の基準として同じく144/430/1200トリプルバンドの終息機種IC-910があり、910は134,400円だったが、アレにバンスコやデジタル通信機能を付けると20万くらいになるであろうと。更に910の場合1200はオプションモジュールのUX-910が必要で、それらを積み重ねると20万円台の中盤か、後半か…。
ということでしたが、それはいわゆる「積み上げ原価」ってヤツで、競争力のない高額で売り出しても仕方がないという考えも社内ではあるようです。発売は12月とのこと。さていくらになるか…。

◆ 3.記念局8J1HAM撃墜作戦!

15:00台は記念局8J1HAM撃墜作戦を遂行。まず自宅から下図のようなセットを持参して-

ham2018_03.jpg

いや、便利な時代になりました。これで14、18、21、24、28、50、144、430のCW含むオールモード、1200のFMにQRV出来ます。14は免許ナイですが(苦笑)。

会場内の休憩スペースに陣取りまずは1200FMからスタートして、430FM、144FM、50SSBと来てHF。18SSBの次に21SSBでQSOするとなんとオペレーターが1200MHz仲間のJK1HAF局。思わず「お返しします。JK1HAF…違った(苦笑)8J1HAM」と言ってしまった?!
16時の運用終了時にご挨拶。ネットと1200ではお馴染みなのですがアイボールは初めて。せっかくなので1200での合同移動のご相談など。こんな偶然があるのもハムフェアならではですね。
残念ながらCWでのQRVは行われておらず、ロシア電鍵のデビュー戦は持ち越しとなりました(今回のブログの目玉にしようと思っていたのにナー…)。

◆ 4.それでも駆け込みでクラブブース

17:00を過ぎ各所閉店作業の中、コーリニアアンテナ研究会ブースにだけは駆け込みました。1200MHzのコンテスト移動用でコーリニアを検討していたためです。

お話しを伺うと思ったより製作は簡単で、無指向性なのにともかく高利得。「支柱なんかイラナイですよ。同軸丸めて持って行って、木の枝にでもぶら下げればOK!」という嬉しいアンテナ…ではありますが、唯一「垂直方向のビーム角には注意して下さい」とのこと。
水平方向は無指向性ですが、垂直方向のビーム開口は「極めて狭い」と。例えば高い山に登って上向きのビームにしてしまうと、市街地の局とは繋がり難い?携帯電話の子局のアンテナが地表に向けて下向きの逆「ハ」の字に設置されており、「タワーマンションの上層階では繋がりにくい」とも言われますが、それと同じような現象になるのか…。コーリニアについては今後の課題ということで。

しかしなんとも「ハムの数だけハムがある」という気がしますね。まったく違う切り口の方もいらしたと思いますが、上記の通り、いつものブログのテーマと見事に一致した、ブログ実践版ともいうべきハムフェア2018でした!

.

第252回-そういえばロシア電鍵はどうなった?

1200MHzと一陸特の話をする前、10カ月以上前に一回だけ「ロシア製の屋外用縦振れ電鍵」購入について書きました。これですね。

Russia_01.jpg

しかしそのあと続報がない。アレはどうなったかというと…。

Russia_02.jpg

実は裏側がこうなっていて、追加加工をしないと無線機に繋げられないんですね。さて、どうしたものか…。

Russia_03.jpg

そこでこんなものを買ってみました。ロシアの紙に包まれてはいますがそれは撮影用で、マルツオンラインで買ったマル信無線電機製の3.5mmモノラルボックスジャック【MJ-352】です。140円。安い。

Russia_04.jpg

電鍵後部のスカート状になっている部分にドリルで穴を開けてハメ込んでみました。箱の部分はプラスチックですが、スカート部分はエボナイトか何か、強靱な別材料です。
ミニプラグの勘合がうまく行っているか、テスターで確認。いまだにサンワのアナログマルチ。往年の名機CP-7D。針しか実感湧かなくて…。

Russia_05.jpg

配線完了!ハンダ付け部分はイモハンダ隠しと保護のために熱収縮チューブでカバー。ナンカ、イイ感じです。ちなみに電鍵側のナットと電極はロックペイントで固められています。ロシアのお友だち、妙なところにチカラ入ってる?!

Russia_06.jpg

本体背面はこんな感じ。ミリ単位のかなりきわどいスペーシングなんですが、どうにか落ち着きました。

Russia_07.jpg

こうやって使います!やった!これで屋外でもCWが出来る!

細かく言うとスカート部分の厚みが二段階になっていて、丁度上半分をジャック穴以上に固定用の丸ナット径でサグリを入れなければいけないとか、エボナイト加工でかなり苦戦しましたが、まぁ、なんとなく、見た目OK!

これで817+GAWANTでCWに出られます。ハムフェア会場での現地QSO、記念局がCWで出ていても大丈夫!

.

第251回-1200MHzは燃えているか?

1200-ant.jpg


先週のFDコンテストは地元のお祭りや四歳娘のピアノのレッスンと重なり「覗き見参加」でした。
とはいえ、終了間際の5日(日)1130に1200FMでCQを出したところなんとパイルに?! 立て続けに十数局お呼び頂き、中には1200初の山梨県も。その盛り上がりにちょっと驚きました。

その前週、ツイッターで話題になったのが「1200の現状」。私がQRVし始めたここ3、4年の間でも明らかに変化している、明らかに活発になっている気がするんですよ。
そして当局、1200のJCC(wkd74/cfm61)ばかり気にしていて、QSO/QSL数を数えていなかった(苦笑)。ツイッターである局から「***局賞が獲れるのでは?」と言われて「そういえば!」と気がつきました。ボケてますね~。

というわけでQRVを開始した2015年3月7日から直近の2018年8月5日までのQSO状況をまとめてみました。

・総QSO数 : 570
・ユニークコールサイン数 : 291局
・うちcfm済み : 196局


便利だなハムログ(笑)。モードMix、FM、CW、SSBでDJ-G7でやった移動も含んでいます。でもほとんどは上の写真の固定局から。
結構やっていますね。私はあまり430に熱心ではないので既に430のQSO数(377-Q)を超えてしまっています。430より1200が多い?!
でも惜しいですネ! あと4局で「1200MHz-Mix200」でした。モード別ではどうなんだろう??

・総QSO数 FM/CW/SSB : 456/111/3
・ユニークコールサイン数 : 243/66/3局
・うちcfm済み : 163/44/2局


ううむ。FM特記で100は超えているけど、Mix200で申請するか、FM200まで頑張るか、いや、CWで100局ってのもソレナリにご立派なような…微妙なところだなぁ。達成感の高い「ユニークコールでMix300局」で申請するかなぁ…。

ともあれ、「1200なんて出てる人いるの?!」というみなさま、東京都内のマンションのベランダに10エレループをチョコっと付けて、ノンプリ10W、ヤフオク27.5k円のリグで、3年間黙々と出続けてこんな状況です。DJ-G7でちょっとだけ移動もしましたが。

2015_6D_pic02.jpg

2018_kanto_01.jpg

「ユニークコールサイン数」が重要ですよね。そうか、関東近郊で300局くらいは出ているのか。ウチのロケ&設備でこれなので、実際は500局以上出ているのでは? そんなことを思わせる集計結果でありました。

(個人的にはJA1OTP局の6D移動で165-Qのインパクトが強くて…FM1Wでそこまで出来る!楽しいぞ、1200!)

久々の1200オールモード固定機、IC-9700は今年12月発売らしいですね。それでまた一層増えるかもしれません。楽しみ!

.

第250回-【昼休み緊急UP再び!】KH1/KH7Zモビホで80mC

KH1_80m.gif

ベランダモビホに50Wで攻めるBaker IslandペディションKH1/KH7Zシリーズ、2日(月)の40mC、17mCに続き、「木曜撤収」直前の4日(水)夜、なんと80mCでも繋がってしましました。

4日は夜2100頃まで埼玉の工場で出荷検査や最終調整をやって疲労困憊。品川の自宅に帰ったのは2300頃で、寝室に直行…したのですが、なぜか80mCが気になった。
眠い目をこすりながらシャックに入ると、え?これがそう?!モビホなのになんとピークで599。丁度北海道あたりの国内局の感じです。アンテナはコメットのHR3.5でマンション4階のベランダ設置。こんな感じです。

ごくまれにノイズに埋もれることもありましたがおおむね569-599の間を行き来しており、かなりの安定っぷり。2330頃から呼び続け5日(木)0026にQSO!もちろん「QSOするぞ!」というつもりでコールしていましたが、いざ繋がるとかなりビックリで-

1.大きなDPやパワーがないと飛ばないと言われる80mでもベランダモビホに50Wで海外DXが出来るのか?!

2.80mC、過去の海外QSOは唯一グアムだけで距離は2500km。今回は倍以上の5964km!

3.さすがに物凄いパイル。ハイパワー局が多くフルスケールも頻繁に。そんな状況でどう聴こえて、どうやって拾ってくれたのか??…これが一番フシギです。

4.しかしこれが「抜ける」ならば、今後コツコツやれば80mCでもエンティティを稼ぐことが出来るのではナイカ?(取らぬ狸の…)


-等々、考えることしきりでありました。うーむ、これからは3.5、7と1200で行くか?!

最新情報によれば現地時間の5日(木)明け方、日本時間の木曜2100前後には完全QRTとのこと。今晩もうワンチャンスあるのか?気になるところです。私はCW 3-Qでおなかいっぱい。80mなんて「ボーナス」まで頂いて…。

.

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top