Home > コンテスト参加と結果

コンテスト参加と結果 Archive

第266回-【再検証】FT-817+GAWANTでWPX SSB参戦

表題の通りであります。昨年のCQ WW DX Phに続き、WPX SSBに817+GAWANTで参戦しました。昨年のCQ WWは非常に成績が良く、果たしてアレはまぐれだったのか? あるいは5W QRP+GAWANTは本当に「使える」組み合わせなのか…。

なんと朝6時前に目覚ましをセットして7時過ぎに移動先へ。色々と検討しましたが、結局前回と同じ天王洲運河の遊歩道に。なんか写真が前回と変わりませんが…。

2019_WPX_Ph00.jpg

運河沿いの鉄柵に817を載せ、チューニングを取ると…おお! お見事。817内蔵のSWRインジケータがゼロになっています。この状態だと「VSWR<1.18」だそうです。ところが鉄柵から離れると2、3個点灯。1.40~1.67くらいですね。やっぱりこの鉄柵が効いている!

2019_WPX_Ph01.jpg

あまりに早起きしすぎて&午前中が信じられないほど寒くクタクタなので、今回は箇条書きで失礼致します。

・今回の目標は「海外局20-Q以上」でしたが…こういう目標を立てたときほど、最後の1-Qが出来ない(苦笑)。結局海外は19-Q。ラスト1時間は振られまくりでした(JA2局は当方のCQにお声掛け頂きましたm(_ _)m)。

2019_WPX_Ph.gif

・しかし目標だった米国西海岸(オレゴン)と南米(アルゼンチン)はQSO成功。EU方面が出来ませんでしたが、「やっぱりGAWANTは飛ぶぞ」は証明されました。

・しかししかし、一応6-Qしているものの、GAWANTで出る14MHzはちょっとキビシイものがありました。受信感度はスバラシく、59+がゴロゴロしていましたが、相手のパワーとバランスが取れていないのと、15m、20mの違いとはいうものの、やはり短縮率のためか、マッチングは取れてもパワーは出ていないような(59++を呼んでもCQを出されてしまう)。これは同時に隅田川から出られていた7L1DST/JH4EBGさんも同じ感想でした…あッ! お得意の「延長コード」を繋げばヨカッタのか?!

・ここまで来ると「GAWANT WAC」が気になりますが…どうでしょうか? 南米は既に3-Qしており、北米も今回のORと前回のAKがあります。EUも前回数局。残るはAFのみ…CWならともかく、Phoneでは難しいでしょう。そもそもGAWANTってWACやDXCCを狙うためのアンテナなのか?という(笑)。もし取れたら面白いですネ。まぁ、のんびり行きますよ。

・実は途中で警備員さんからお声掛けが。「大声張り上げて苦情でも来たか?!」と思ったら、「この場所で撮影などをやるときは届けが必要で有料なのですが…」とのこと。「趣味のアマチュア無線で自宅がすぐそこなのですが」と言うと「大丈夫です。お続けください」。セーーーフ!(これもGAWANTのおかげ?マストで仮設してたらマズかったでしょう)

【「GAWANT言うほど飛ばないじゃん!」という方に】

前回、今回とホンキでDX TESTに参戦して、色々なことがわかりました。

・まずリグの電源&出力はどうされていますか? 私は外付けのリチウムイオンバッテリーを、7L1DST/JH4EBGさんはFT-818にWINDCAMPの内蔵タイプを使われてしっかり5W出しています。さすがに817付属バッテリーでの2.5Wではキツイでしょう。818のL3設定=5Wがミニマムではないかなぁ…。

・またマッチングも重要。817の内蔵SWRインジケータが3つつくと1.67、4つで2.00、5つで2.43。元々QRPでパワー出てないところに2.00以上となるともうほとんど放射されていない状況ではないかなー。

・そして何より運用場所! 広場のド真ん中のテーブルの上とかならばバーチカル的な状態が期待出来るかもしれませんが、水辺でもなければ平地でもないような適当に見繕った(?)場所でQRVしてもナカナカ遠距離や海外は…。今回試しに首から下げた状態でウロウロしましたが、ちょっと物陰に入ると59+の相手が51やNo Sigalになりました。受信も送信も電波の「道」(近傍界)も考えてあげないと…。

・「お手軽移動でそこそこの遠距離も楽しめる」アンテナではありますが、上記の3点「出力、マッチング、ミクロレベルのロケーション(セッティング)」が揃っていないと、たぶん私でもぜーんぜん飛ばないと思います。ちょっとだけ「技(ワザ)」が必要なアンテナでもあります。

箇条書きとはいうものの、結構な長文になってしまった(苦笑)。ロッドアンテナで出るDXコンテストの次は、160mフルサイズDPで出るトップバンドか?! ハムってイロイロありますネ。

それでは最後に天王洲運河の夜桜(夕景)をどうぞ。帰り道に撮りましたー。

2019_WPX_Ph02.jpg

.

第264回-広島WASマンションベランダから160mで参戦

またしても160mネタでゴメンナサイ! すっかりトップバンドづいていますが、先週末2/23-24に行われた広島WASコンテストにまたしても160mシングルバンドで参加してしまいました。理由はカンタン、その前のKCJトップバンドで4、5エリアとQSO出来なかったからです。さて、結果は-

2019_hiroshima_was_score.gif


2019_hiroshima_was_01_550.gif

炊事当番のため30分遅れましたが、2130-0000まで2時間半ガッツリQRV。まず4エリアは倉敷市含む4-Q、広島県内局は3-Q/2市、呉市と東広島市でした。我が一族のルーツである尾道市(旧・因島市)とのQSOを期待しましたが、それは叶わず。しかし「4エリアとQSOするぞ!」という目標は十分に達成されました。
せっかくなのでログも提出。去年の結果を参考にすると、多分部門エントリー15局中10位前後ではないかなー。

22-Qをエリア別に見ると-

2019_hiroshima_was_area.gif

前回絶好調だった9エリアとのQSOがなく、そして今回も5エリアとは繋がらず…。当面の目標は5エリアということになりました。

6エリアは非常に強力で長崎市と熊本県玉名郡。8エリアが聴こえないナァと思っていましたが終了15分前に599の強さで8のCQが。コールを聴くと、なんと!ブログ仲間で都内で飲んだこともある札幌市のJE8KGH局!「160mを始めました。今度お相手下さい」とお伝えしていたのですが、まさかこんなところでお会いするとは。必死に呼んでQSO成立。さすがにこちらの信号は弱かったようですが(苦笑)。

というわけで、80mモビホHR3.5の先に5mのコードをぶらさげた「160m用センターローディング逆Lアンテナ」、国内QSO絶好調であります。いきなりコンテスト2回出て、62-Qで35-JCCになってしまった。

さて次はいつ出るか。ていうか5エリアのみなさん、ヨロシクオネガイイタシマスm(_ _)m。

.

第263回-マンションベランダからKCJトップバンド参戦!

前々回前回とお伝えして来ましたコメットのモビホHR3.5の先端に5mコード(コレ!↓)を足しての160m QRV、ついにそれで160mのお祭りKCJトップバンドコンテストに参戦しました!

160m_05.jpg

結論から言って50WのQRVでも国内QSOならばほとんど問題ナシ、「先入観、固定観念は捨てましょう!」が最大の感想です。


◆1.さぁスコアはいかに?

週末なので家事はあるし、さらに2日目の日中は五歳娘を博物館に連れて行ったり、しかもCQは出さず(出せず?)呼び回りのみということでそんなにQSO数は多くはないですが、聴こえていた局は全て呼び、岩手、宮崎の2局を除いてすべてQSO出来ました。

kcj-top-2019-01.gif

kcj-top-2019-02.gif

こんな感じです。エリア別が分かりやすいでしょうか? マルチも載せておきます。

kcj-top-2019-04.gif

kcj-top-2019-03.gif

惜しいですね。4、5エリアが出来ればADJでしたが。
なにしろ160m国内コンテスト初参戦なので、「とりあえず20-Qくらい出来れば…」と考えていましたが、目標は前半戦でクリアしもう少しで40-Qでした。

◆2.結局アンテナはどうした?

お伝えした通りのHR3.5の先端に5mコードを足したアンテナにFT-897DMの50Wでした。
しかし階下の居室の前にコードをぶらりとぶら下げるわけにも行かず…思いついたのが「モービル基台の増設」でした。
いつもの基台は作業がし易いようにベランダの中央寄りについているのですが(こんなかんじ)↓

HF15CL_550-2.jpg

もうひとつ、同じコメットのRS215を隣のマンションとの境界の立入禁止エリアの真上(写真の奥側)に設置。これならば誰にも迷惑をかけません。名案!
しかしわずか1m程度の違いなのにマッチング条件が全く違う! 木曜日の夜中にこれで苦戦しましたが、これについては長くなるので改めて書きます。最終的に1.8も1.9もバンド内はほぼVSWR≦1.1でした。

◆3.はじめての160m雑感

昨年の今頃は1200MHzブログと化していたココに、立て続けに160mのことを書くようになろうとは?!

・ご覧の通り北海道から九州まで無事に繋がりました。惜しいのが4と5。初日の晩はいずれも全く聴こえず、2日目の夕方に4の呼び回りが聴こえましたがCQは聴こえなかったなぁ。5は全くご縁がありませんでした。支部コンテストに賭けます! 当面の目標は160m AJD!

・1800kHzですからね、中波の伝播ですよ、アタリマエですが(苦笑)。2、0となぜか9に強力なパスがありいずれも599。9の局からは交信後にツイッターでご連絡を頂き、当局の信号もそれなりに強く届いていたそうです。モビホにコードなのに?! ここはホップがアタッテいるのでしょう。

・3は強弱ありますが、比較的安定して繋がりました。なぜか特に京都。7も大丈夫ですね。8はツイッターでいつもお相手頂いている函館のJH8KIYさんと深夜3時に感動の初交信! しかもそれが1815kHzというのが最高でした。

・そのほかツイッター関係の1st QSOが数局。みなさんトップバンドにいらしたのですね! 同い年の悪友(?)JM1EKM局とも品川区-豊島区でQSO。しかもそれが下限ギリギリの1811kHzで(笑)。

・印象深かったのは日の出の時。2日目の朝6時に起きて(←ほとんど寝てない)丁度北関東あたりの移動局をワッチしていたところスーーーッとSigが弱くなりS/Nが悪化。「あれッ?!」と思って外を見ると朝日が。見事に連動していました。トップバンドは時間管理も難しいですね。

・それにしてもさすがは160m、皆さんCWのプロだし、打鍵は上手いし耳も良いし。マナーも良くてQRVしていて楽しかったです。居心地いいナァ、160m!

・7や3など「ギリギリだなぁ。大丈夫かなぁ」という入感状況でも、こちらから呼ぶと一発でコールバックあり。相手局のアンテナに助けられているとは思いますが、こちらの電波もそれなりに飛んでいる模様。考えてみれば横に突き出した2.25mのホイップの先に5mのコードを足して真下に降ろし、しかもセンターローディングでマッチングが取れているとすると7m超のコイル入りの逆Lアンテナなわけで、まぁ、そこそこの飛びではあるのかな…が今回の結論です。

◆4.さて今後は?

まずは「練習をしてCQを出せるようになること」。CWを始めてもう5年にもなるのに未だに呼び回り専門で…。ハイバンドならばそれでも十分なのですが、バンド幅の狭い160mではあっという間に全局呼んでしまい。今回ばかりは「CQが出せるように練習しよう!」と痛感しました。

あとは100W QRO。このヘンテコなアンテナでも、100WでCQ出してRunするようになったらソレナリにスコアが伸びるのではないかと。ベランダトップバンダーの先輩7N3IJT局は地道にRunされて100局超えだったそうで、ともかく「先入観、固定観念は捨てましょう!」ですよ!

今年の標語「これからのアパマンハムは160m!」

(ちょっとSWR上がりましたがコードを横に張ってもQRV出来ました。それなら階下にも迷惑をかけません!)

.

第261回-CQ WW 160mにマンション4階ベランダホイップで参戦?!

トンデモないタイトルですが本当です! この週末CQ WW 160mに参戦しQSOしました。

昨年末にツイッターでJP1BVRさんから「3.5MHzホイップの先に5m程度のコードを追加すると1.8/1.9MHzに出られる」というお話しを伺いまして、それをきかっけに試してみました。フフフ。


実は私も昨年の冬シーズンにコメットの3.5MHzホイップHR3.5の先にコードを追加するということは試していたのですが、なにしろ超変則的な使用法なので追加する長さの想像が付かない。
なんとなく2m、3mあたりをウロウロしていたのですが、まったくSWRが下がらず「やっぱりムリなのかな?」と諦めかけていました。

しかし実際にコードを追加してQRVされている方が何人かいるということを知り「5m追加」を試してみた、というわけです。

◆0.まず足してみた

週末は子供の世話が忙しくアキバにもホームセンターにも行けず(苦笑)、近所の電器屋で買った電源コード、1m100円の2芯VFFを1芯に裂き、まずは5m足してみました。

ところが1825kHzでもSWRは2.5くらい。いやそれでも無限大に近かった去年とは大違い。1810まで下がると3.0を超えるので、どうやら高いところにマッチングしている模様。先端に10cmくらい足してみると…

1815_550.jpg

なんと! 1815kHzでVSWR=1.1! ウソのようですがマッチングが取れてしまいました。思わず「出られるのか?!オレ!」と言ってしまった(笑)。

◆1.初日1/26(土)

詳しい説明は敢えて省略しますが(苦笑)、マンション4階のベランダの手摺りに横向きに取り付けた2.23mのモビホの先端に5mのコードなので、状況は推して知るべしで…ご近所が寝静まったであろう2355JST頃から活動開始。

0000~0300JSTまで1.8MHzをうろつきましたが、この初日の晩はCondxが良かったのか、受信だけならめちゃくちゃ楽しめました! 西側から順にUZウクライナ、UAヨーロッパロシア、RTアジアロシア、UNカザフスタン、JTモンゴル、BY中国各地、9M6、DU、T88など。強い局は599でSWLとしては最高(笑)。

3時間で15局ほど呼びまくりましたが結果は全敗。たまに"?"が返って来る程度で、「やっぱり変則アンテナに50Wでは無理かなぁ」と…(←北海道から九州までのきなみ59+で入る国内中波放送など聴きながらためいき)。

◆2.2日目1/27(日)

初日が面白かったので夕食後からウズウズ(笑)。「もうガマン出来ないナ」と2300JSTに謎アンテナをこっそり設置。昨日とは違いDXはRTアジアロシアとBY中国のみ。JAはどこも超強力なので近場で強く反射するCondxなのでしょう。

そして2315に599+のRT0サハリンを呼んでみると…"KL?"、"KL AGN"…3コールほどであっけなく繋がってしまいました! ジンセイ初の160mがなんと海外DX!

上記の通り1000km圏内が良好なCondx下で、サハリンと言えばまぁ国内と似たようなモノですが、海外は海外! ベランダホイップに250円/5mのコード足して、50WでQSO出来てしまいました!

◆3.そして自分に申し送り

とはいえ色々課題もあります。まずマッチングが取れて1280.2 km先まで電波が飛ぶことはわかりました。しかし結構目立つ1芯に裂いたVFFを階下の窓の外にぶらさげるのはマズイ! 真下の方とは親しくさせて頂いているが、そういう問題ではナイ!

まずコードはステルスレベルに細く、目立たなくする必要があるでしょう。それから真下に垂らすのもやめて、自室のベランダ前でU字に張るとか、運良く角部屋なので横に逃がすとか。そもそもコードの重さでアンテナがカツオの一本釣り並みにたわんでおり、アレじゃいつか折れるヨ!

それから出力。せっかく2アマを取ったのだから、100WにQROしよう。160mこそ100Wが効いて来るハズ。HR3.5の耐入力は120W(SSB)/50W(FM)だそうだが、うむ、どうだろう?!

-----

今回のRT0サハリン局は過去に40mC、15mCでもQSOしており、ビューロ経由でカードも貰っているが、ウレシイので"UR MY 1ST 160m"と書いてダイレクト請求しちゃおうかなとも(笑)。

というわけで2晩連続でお送りしました「マンションベランダ160mストーリーin品川区」はココマデです。ツイッターでも、まー、盛り上がった盛り上がった(笑)。

しかし今回は海外のみ呼んで17戦で1勝16敗、勝率0割5分8厘でしたが、1.9に上がって国内QSOならば結構行くのかな? まずはAJDから?

.

第245回-今頃やるのか?!関東UHFひとり反省会

2018_kanto_01.jpg

書こう書こうと思っている間に1カ月以上経ってしまいました!!

先日11日に開催され初の1200MHz移動運用で参加した関東UHFコンテスト。ソコソコの入れ込み具合&ソレナリの見晴らしにもかかわらず、FMオンリーで50-QSOと思ったより伸びず。「移動運用は楽しかったけれど、これなら自宅からFM & CWでやった方が局数稼げたジャマイカ…」というわけで、少々反省会など。

それにしてもスゴイですね。コンテストのあとに何局かのブログを拝見しましたが、1200MHzのFMオンリーでも100局超えが沢山(1200MHzにそんなにヒトがいるのか?!という驚きすら)。150-QSOクラスの上位局は一体どこから、どんな設備で出ているのかと見てみると…。

■その1:アンテナ

どうもコレが大事なようで…。今回はあえて「カバンに入るシンプルな小型アンテナでどこまで飛ぶのか?」を試してみたのですが、その結果は「あまり飛びません」でした?!

いや、ツインデルタも5エレ八木も、「お気軽移動」や「出張のついでに」ならば十分に楽しめると思いますが、コンテストでガッツリと使うアンテナではなかったようですねぇ。

では1200MHzで上位入賞されている、今回も100-QSO超えされているOMさんは何を使っているか?

まずは八木またはループですね。10エレ以上が多く、15、16エレ(シングル)ならば十分な模様。ううむ。オレも八木は八木だったが、5エレは少なすぎたか…。 
そして意外にも十数段の「同軸コーリニア」も有効な模様。ふむふむ。ホンキで稼ぐのならば、無指向性では12~21段クラスのコーリニア、指向性アンテナでは10~15エレクラスの八木かループ八木を組み合わせると、そこそこの局数に行くかもしれない…。

■その2:ロケーション

今回は都内品川区のビルの屋上。14階になるので海抜では約50mくらいでしょうか。普段がマンションの4階なのでこれでもソレナリと思いましたが、いやー、まだまだでしたね。

ホンキでやるならば数百~1000mクラスの山岳移動なのかなぁ、特に1200MHzは。東京、神奈川でもケーブルカーやバスで登れるそれくらいの山がありますからね。そのような場所は概ね観光地なのであまり大きなアンテナは揚げられませんが、そこで10エレくらいのアンテナで…で100-QSO超え出来るかなぁ、という感じです。

東京23区内でどうにかするならば…今回のような開放されたビルの屋上か、西郷山や飛鳥山のような小高いところで目立たないようにせめて10エレか、あるいはしらばっくれて短めのコーリニアか…難しいところです。

■その3:リグ

DJ-G7、やっぱり受信感度が低いようですね。なんとCQ出してRUNしてる途中で、別なランニング局を呼ぶコールが59で入るという(苦笑)。指向性の関係もあるとは思いますが、それにしてもねぇ…。

ひとむかし前の八重洲、アイコムのポケトラの方が圧倒的に受信感度は良いでしょうね。ヤフオクなどで狙うという手もありますが、どうせ買うならコンテスト用として今は亡きFMモービル機も狙い目かと。ポケトラよりは感度も安定度も良いでしょう。申請関係はIC-1271を通してしまった今、何も怖いものはナイです(笑)。私はリチウムイオン・バッテリーを持っているので電源には困らないのです。

丁度ハムから離れていた時期なので詳しくはないのですが、どんなリグがあるのでしょうか?ケンウッドのTM-541とか、アイコムのIC-1201とか?ヤエスのFT-2312なんてのもあるのでしょうか。このあたり、ある時期にかなり売れたと思うので安~~くオークションに出ていても良いと思うのですが…(たまに覗くけれど意外に少ない)。

…などなど。書いて行くとキリがないですね。あれ?少し前はHFで海外DXばかりやっていたのに、今は1200MHzのことばかり考えているような…。

Home > コンテスト参加と結果

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top