Home > コンテスト参加と結果

コンテスト参加と結果 Archive

第224回-一週間遅れでCQ WW DX CWの記事?!

たいした成果がなかったので書いていませんでしたが、みなさんのブログを会社の帰りにスマホで拝見したところ、CQ WW DX CWの話題が多かったので一週間遅れで、チョットだけ。

実は会期中の11月26日(土)の朝から27日(日)の午後まで、所用で岩手県内のカミさんの実家におりまして、メインの時間帯は全く参加出来ませんでした。シャックに帰って来たのは日曜日の19:00ごろ。

今年はどうせ飛ばないだろうと思っていたので、まぁ、それほどコダワリはなかったのですが、27日(日)夜の帰宅後、実は実はカミサン&娘だけが岩手に残り、当局ひとりで久々の独身状態!! そうなるとちょっと無線がやりたいですよね(笑)。

スコアを載せるのもおこがましいくらいのプチ参戦でしたが、ポイントは「夜からの参戦なので延々7MHzに出ていたこと」でしょうか。こんな感じです↓。

2016_CQ_WW_CW.gif

州でいうとWA、CA、NV、AZ、CO、TXまで。過去にはCO、NMも40mCで繋がっていますが、まぁ40mは西海岸から南部、中部までが限界ですねー。

EU方面はサッパリでした。ZONE16のUS1はなぜかフワーっと浮いて来まして、599+状態でQSO。
このほかにトルコTC3、オマーンA45、ハンガリーHA、ポーランドSP、クロアチア9Aあたりも入感していましたが、ベランダモビホ50Wでは届きませんでした。A45はALL NEWだったので死ぬ気で呼びましたが…。まぁ、40mのXX9はBAND NEWなのでヨシとしましょう。

翌朝も子供の世話がなく、しかも1時間遅れで会議に直行という好条件?! 終了ギリギリで再びXX9と繋がり、朝の15mっぽくPP5とも繋がり。XX9のCWって地味に珍しいので嬉しいです。

えーと、「ハイバンドがダメになったね」と言われますが、ベランダモビホでも夜の40mでソコソコにDX TEST気分が味わえますヨ、というブログでした! ちなみにこれで40mは22-Entになりました。意外に行くモンですね。 

第218回-6D TEST & つもり貯金はじめました

昨年かなりの全力投球をして、1200MHzシングルバンド電信電話でエリア3位だった6m & Downですが、今年は家庭の事情(2歳半になった娘が異常なほど手がかかる&土曜日の昼に見事に熱を出した、等々)から「援助交信しかもCW中心のお気楽参加」と致しました。まぁ、参加者の少ない1200MHzは全員が援助交信みたいなものですが?!

2016_6D_score.gif

ところがこういう時に限って、過去数回のコンテストで出来なかった09長野、07福島と繋がったりするんダナー(苦笑)。一都六県+静岡+長野+福島で当面の目標だった10マルチ達成。これで去年並の70-Qに到達していれば、70x10=700点で上位入賞も夢ではなかった…かどうかわかりませんね。今年はわりとコンディションが良かったので、かなりハイレベルな争いになるのでは?

09長野、07福島も2日目のごく一時しか出ていなくて、FMでRunしないで、じっくりとCWを聴いていたがゆえに発見出来た観もありますしね。毎度毎度の事ながら、メジャーコンテストへの1200MHzでの参戦、奥が深いです。

さて、今回の6D、「お気楽参加」と割り切ったのにはもうひとつ理由があります。実は昨年1年間、1200オンリーでいくつかのコンテストに参戦して、「こりゃ移動で出た方が良いな」と考えていたためです。
ところが、現在車を持っていない私は愛機IC-1271を担いで電車移動というわけにも行かず…2016年はアルイコンコのDJ-G7を買って移動で出ようと考えていたのでした。
ところがところが、実買3万円台のDJ-G7ではありますが、その購入費用は残業終了後の五反田・北品川付近での「居酒屋紀行&酒場放浪記」に消え…。

「これではイカン!」ということでこのようなものを作りました。

201607_tsumori.jpg

「つもり貯金箱」です。お小遣いを溜めるのに貯金箱にお金を使っていたのでは本末転倒。ペットボトルを再利用した地球とフトコロに優しいまごころ設計。モチベーション向上のため、ネットで見付けたDJ-G7の写真を貼ってみました。

仕組みはこうです。残業後に数えきれないくらいある五反田・北品川付近の赤提灯に吸い寄せられ…た時の出費を仮に4000~5000円とします。それをガマンして、吉野家とか日高屋とかリンガーハットとかで済ませた時に、「あぁ、今晩もし赤提灯で呑み食いしていたら4000円だったなぁ。でも日高屋で1000円しか使わなかったなぁ。差額の3000円を貯金しておこう」というわけです。

いやホントに、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、地元の五反田・北品川はじめ、近隣の大井町・蒲田、仕事で通る赤羽など、なぜか自分の行動範囲内にスバラシイ赤提灯が星の数ほどありまして、ウッカリしてると強力な磁力で吸い寄せられてしまうのです(太田和彦先生、吉田類サンなども認める酒場の名所です)。あの一杯をガマンしていれば、DJ-G7などとっくの昔に…いや、一軒家でタワーが立っていたかも?!

さてさて、この貯金箱、いつ頃までに一杯になるのでしょうか?

第216回-東京コンテストまさかの作戦ミス?!

毎年恒例の地元「東京コンテスト」ですが…どうやら作戦ミスをしてしまったようです...orz。

ここ4、5年間、毎回「最初に28MHzのSSBからCW、次に21、それから50に上がり最後に144でランニング」というパターンを続けていました。要するに早く人のいなくなりそうな場所から順番にQRVするという作戦です。
28も21も毎年これでそれぞれ約20局、合計40~50局くらいやって、さてVHFへ…という流れだったのですが、必然的にスタートから1、2時間は28、21MHzにいることになります。「もしかして、それが局数を減らしているのではないか?やはりスタートは50や144でガンガンやった方が良いのではないか?」と、実に5年振りくらいに作戦を変更。50→144→かなり経って28、21としたのですが…。

28も21もヒジョ~~にコンディションが良く、他局さんのお話しを伺うと「28のSSBでスコアメイクが出来た」、「21のCWで延々Runした」等々、今年はHF中心でも良かったようですね。例年通りにヤレバヨカッタ…。

12時過ぎに21、14時近くに28に出ましたが、後の祭りというか、夢の跡というか…。ナンデコンナコトヲシテシマッタノダロウ...orz(一応4、6エリアの遠方のマルチは頂きました)。VHFスタートだったのでQSOの間隔が短く、ツイッター等による情報収集をしなかったのも失策でした。

集計結果は以下の通り。QSO数は昨年と▲4ですが、ポイントもマルチも振るわず、スコアは▲3000点でした。ううむ…。

2016_tokyo_test_01.gif

2016_tokyo_test_02.gif

12、13時台はちょっと子供の世話も入りましたが、上記、「HF出たけど夢の跡」タイム。これじゃイカンとラスト1時間は2mSでやけっぱちのランニング! これがなければかなり悲惨な結果に終わっていたでしょう。お呼びいただいた各局さま、本当にありがとうございました!というか、全時間帯、全バンドを通じて、各局本当にありがとうございました。今年ほどQSOの有難みを感じたTK TESTはない?!

2016_tokyo_test_03.gif

こちらも毎年恒例の23区チェック。地元・品川区が15mCだったのがビックリですが(笑)、新宿、文京は3年続けて未交信! 豊島、北、荒川は毎年ソレナリに繋がるのに…。「50MHzで23区賞が獲れた」というウワサもあるので、各区しっかり出ていたようですが…。

そして!コンテスト名物、家族の夕食づくり。今回は最近話題の「吉野家完全コピー牛丼」に挑戦しました。サラダ、生卵付きです(笑)。

20160505_gyudon_400x300.jpg

ツユの味はそっくりでしたが(←ご希望の方、レジピお教え致します)、牛肉の種類が違ったようで微妙な食感でした。改めて見たらタマネギの切り方も間違えてるな。二歳娘含め家族にはそこそこ好評でしたが。こちらも次回に課題を残すカタチに?!

第213回-関東UHFまたしても1200MHzシングルバンドで参戦

少々忙しくブログアップが出遅れてしまいました。先週2/11(木)に行われた関東UHFコンテストに電信電話1200MHz=B1200で参戦しました。
昨年の6m AND DOWN東京UHF、先月のNYPに続き4度目の1200MHzシングルバンド。昨年までの15m、10mでの海外DXから一転、なんでこんなに1200にハマっているのか、自分自身でも良くわかりませんが(爆)、以下のような結果でした。まずはタイムレート。

2016_kanto_uhf_01.gif

出足はまぁまぁ。15~20局ペースで6時間駆け抜ければ100局前後が狙えますが、ご覧の通り12:00で失速…って、失速しすぎだろ?! いくらなんでも!!

CWとFMを行ったり来たりして、地味に稼ぎましたが力尽きた観アリ。結局マルチ&得点は以下の通りでした。

2016_kanto_uhf_02.gif

2016_kanto_uhf_multi.gif

<今回のまとめ>

・CW25%は過去最高。電信部門のあるコンテストはQRVが多く面白い!
・昨年の6Dが71-Q、東京UHFが50-Q、今回が59-Q。自宅ベランダからは50~70Qが限界と見た。
・多分部門10位くらいでは?上位を狙うならばこの2~3倍欲しい。やはり移動ですな。


移動運用で延々とRunされているOMさんが何局かいらっしゃいまして、たぶんみなさん150-Q前後で部門1位から7、8位くらいでしょうか。
「飛びの参考に」としばらくSWLしてみましたが、OM各局の交信相手の東京都下市部とか、埼玉、千葉、酷いときは23区内の局もNo Signalなんですよ。ベランダ設置の12mHigh 10エレループじゃ耳悪すぎです!

1200MHzの場合は移動で1W、固定で10Wが上限なのでパワーの差は少なく、運用地とアンテナとオペレーションがすべて。当面の目標を「FMで150-Q」に定めて、さて、どんなアンテナでどこに移動しようかと…。

<おまけ>

1200MHzでもたくさんQSO出来るものですね。来月でQRVから12カ月経ちますが、現在276-QでJCCはwkd-60。1200MHz特記のJCC-100を目標にがんばります。

第210回-2015 6m AND DOWN 関東3位ながら入賞ならず?!

7月開催の6m AND DOWN、やっと結果が発表されました。3月からQRVしている1200MHzにFM、CW、SSBで初のフル参戦-

2015_6D_001.gif

おお!関東3位!開局37年目で初のベストスリー。71Qで提出したのが、68Qに減っているのはご愛嬌ですが(コールサイン1文字ずつのミスコピー3件。うち1件は提出時の痛恨のタイプミス...orz)。「たかが68×8で盛り上がるなヨ!」というお声もあるかと思いますが、平成27年現在の1200MHzで50Q以上やるのって結構大変なんですよ?!

「もしやこれは、ビギナーズラックで初の表彰状?」と思い、入賞者を見てみると-

2015_6D_002.gif

ううむ…。これはどういう基準なんだろう? 統計学的な上位何%で選んでいるのか、支部コンテストみたいに参加局数毎に入賞者数を決めているのか(追記:ブログ公開翌日に「上位10%でMax7位まで」というコメントを頂戴しました)。確かに点数の開きはあるものの、2位の入賞局よりも私の方が交信局局数は多いのだが…。

「ああと*局、*マルチ交信していれば…」は毎度毎度の反省事項ですが、今回の6m AND DOWNに関しては全力投球の観アリ。これ以上はちょっと難しいでしょう。こ自宅固定はこれが限界かー。
これは局数増ではないですね。100点単位で効いてくるのはマルチ増。マルチ8局は東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木に静岡でしょう。マルチ10局はプラス山梨、福島、あるいは長野。1200MHzでこのヘンは大変なんだよなぁ…。

前回書いた通り、1200MHzの運用についてはイロイロと思うところアリ。その反省を活かして、次回以降はがんばります…としか言いようがないナァ…。

Home > コンテスト参加と結果

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top