Home > QSLあれこれ

QSLあれこれ Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

第215回-固定用QSLカード久々のリニューアル!

2012年の2月に発行してから国内外約4000枚発行、CQ誌QSLコンテストでデザイン賞も受賞したハムキチ君QSLですが、さすがに長く使いすぎた。マルチバンドで何回も交信して頂いた方などから、「ネズミだらけになっちゃったよ!」というお声もあり、そろそろリニューアルかな…というわけで、以下のようなカードを作りました。

2016_new_card.jpg

3年前に2ndが生まれてから、実はハムスターは飼っておらず、ハムキチ君カードCW版「縦振れ電鍵を叩くハムキチ君のカード」は幻に終わってしまいました。かわりと言ってはナンですが(苦笑)、2nd娘にモデルになって貰いました。

ロケ地は羽田空港。ところが撮影は困難を窮めまして、まず当初狙っていた「展望デッキのフェンスごしにトランシーバを持った娘と飛行機」は、娘と飛行機のサイズがあまりにも違いすぎて構図がまとまらない。展望デッキのガラス窓の方に移動するも日没で暗くなり、出発ロビー付近で撮ろうとしたが、まぁ、そもそもまだ2歳なので父親や母親から離れてひとりで突っ立ってポーズなど取ってくれない(苦笑)。
わずかなタイミングでバシャバシャと連写して、唯一使えそうなショットをどうにかカードにしました。最近のお子さまって携帯電話の影響でトランシーバ的なポーズに憧れてて、なんかソレらしいポーズは取ってくれるんですよね(右手に持っているのはスタンダードのC-460です)。

デザインにこだわりすぎて製作期間がかかり、カード切れの期間が出来てしまって…カード未着の各局さま、新デザインとなりましたこのカードを順次発行致しますのでいましばらくお待ち下さい。

ちなみにこの娘がシャックに来るんですよ、ひとりで。DXペディ相手に粘って呼んでいる時などに、リグのすぐ横のドアを開けて、「オワリニシテクダサーイ、オワリニシテクダサーイ」と…。猫嫁が仕込んだ模様。参るナァ…。

第185回-過去最速のDX QSL?!

今日帰宅するとイギリスからエアメールが。封筒からするとOQRSの戻りで、「10月に申請したどれかのペディション分かなぁ」と開封すると…

A65BD-QSL-2.jpg

びっくり! UAEドバイのA65BD。これ、先々週の土曜日、29日の午後に交信した分なんですが!
しかもOQRS申請は週明けの2日(火)。交信から9日、OQRS申請から7日、ジャスト1週間しか経っていません。

国内のカードだってこの速さじゃ来ないでしょう。過去にもフランスのF5NBXからSASE発送から8日間で届いたことがありましたが、いや、早い人は早いね!!

対照的にIRC入れてGS入れて返信用封筒(もちろんフタには両面テープ付き)もちゃんと入れて、それでも何年経っても返って来ない焦げ付き局もありますなぁ…(郵便事故で届いていないかも?!)。

ともあれ紙カード1up、cfm94になりました。びっくりした…。

第170回-開局35年目で初めての表彰!

201404_shack-01.jpg

昨日5日(土)、今日6日(日)はかなり真剣に数時間ずつワッチしていたのになぜか1-QSO。しかも東海岸MD州の局にミスコピーされったぽい on 24MHzCWというビミョーな週末になっております(苦笑)。
こりゃ出来そうだと思っていた10mCケイマン諸島は突然QRT、同じく強力な10mCトンガは強烈なEU指定。弱すぎてどうにもならなかったのが10mCジャマイカ、マリなど。VK9MTは帰ってしまうし、ちょっとションボリです。

さてこんな週末はカード発行と整理、そしてシャックの整備です。実は今週、CQ誌編集部から写真右上の表彰状が届きました。ちょっとのんびリさんですが(笑)、去年受賞した「800号記念QSLカードコンテスト・デザイン賞」の表彰状です。もっとも私が受け取るよりも早く、CQ誌の3月号139ページに掲載されていたので、なさんもご覧になっていることと思いますが。

201404_shack-02.jpg

アップにするとこんな感じ。コンテスト入賞ではありませんが、ハムジンセイ35年で初めて表彰されました。内容はナンでも嬉しいものですね。これはこれで貴重で、しかもかなりカッコイイデザインなので、きっちりと額に入れて飾っておきます。
いやまさか、30年振りに復活してこのようなことで表彰されるとは、想像もしていませんでしたよ?! 再開した甲斐がありました(笑)。

201404_shack-03.jpg

それに先駆けて副賞として携帯用の電波時計も頂いておりまして、これは助かる!! 移動運用の時に持って行くのに丁度良いです。TNX CQ MAG!!

さて、そのQSLカードコンテストですが、好評だったのか現在第二回募集中。今回はまだカードのデザインを変えていないのでパスしますが、第三回くらいにはまた応募しようかな? ハムスター君は天寿を全うして星になってしまったので、今度は何で行くか…アイディアはありますがヒミツです。

第159回-マボロシのQSL(?)XX9TYTがキター!

11日に帰宅すると久しぶりにダイレクト請求が返って来ていました。発送元はイタリア。ということは!もしかすると!

XX9TYT-QSL.jpg

イタリアのマネージャー経由、2012年のマカオペディションXX9TYTでした。QSOは昨年2012年の10月27日です。
世界中のハムブログでQSLの発行について「諦めモード...orz」と囁かれているXX9TYTですが、有名人でもなんでもない当局のところに、今年6月末に行った二度目の請求でちゃんとカードが届きました。請求から到着まで約70日というところです(確かに去年の10月の初回請求は無視されました)。

あちこちのブログを見ると、「いや、別に、フツーにカード来たよ」というJA局がいる一方、「かなり積んでも(?)ダメ。最終的には『俺達のやってるDXクラブに入れや』みたいなこと言われる」という人もいて、このペディションチーム&QSLマネージャーは毀誉褒貶が激しく…どうなってるの??

返信を受け取ってハタと気づいたのですが、返信用封筒に3.30ユーロの切手が貼ってあります。むむ、これはかなりの高額なのでは? そもそもイタリアから日本の郵便料金はいまどうなっているの?

調べました。かつては1ユーロ以下だったのが、2011年に0.85ユーロから1.60ユーロに、そして今年の1月1日からなんと2.00ユーロに値上げされたそうです。2.00ユーロは今日9月12日時点のレートで265.56円、米ドルでは2.66ドルにもなります! 20グラムまでの日本への航空便(posta priorita)はがき、封書のいずれも2ユーロ=265.56円=2.66USD。高い!

つまり、1GSなんてオハナシにならず、2GSでも料金不足。3GSならばどうにか切手代くらいは出るけど…ということなんですね。こちらのQSLインフォメーションにAsiaの文字はありませんが、「最悪2ユーロかかるよ」とちゃんと書いてあります(€ 2,00 for 20 gr. letter to Oceania & South America.)。
ちなみに私は5GSとレーザーカットの和風立体絵ハガキ「金魚鉢」を同封しました。金魚の絵ハガキが効いたかどうかはわかりませんが、郵便料金+諸経費と考えると5GSはなんだか妥当という気がしてきます。

日本は物価が高いのでいつも「物価の安い、郵送にリスクのある国に送るには?」ということばかり気にしていましたが、逆のパターン、日本よりも物価が高く、日本までたかがハガキ1枚送るにも300円近くかかる国もあるということも留意しなければなりませんね。
XX9TYTチームからの未着QSL、意外と単純に「郵便料金不足」だったのかもしれないなぁ。あるいはタイミングの問題で、みなさんのところにも一斉に届き始めているのかもしれませんが。ちなみにこれでwkd69-Ent、紙QSLcfm59-Entになりました。モビホで。

≪イタリア郵便事情の参考にしました≫

フィレンツェ-イタリアから日本への郵便料金
http://supertoscana.blog45.fc2.com/blog-entry-1162.html
イタリア道中膝栗毛-イタリアから日本への手紙(解決編)
http://michiamoyu.blog.fc2.com/blog-entry-69.html

第150回-CQ誌QSLカードコンテスト「デザイン賞」を受賞致しました!

ひそかに気になっていたCQ誌800号記念「QSLカードコンテスト」、早めに7月号を手にされたJA0CCLさんのブログを通じて、「どうやらなんらかの賞を受賞しているらしい」ということがわかり、18日の夜に秋葉原に走りました。

CQ ham radio

ハムショップの店頭で結果発表のページを開くと……ありがとうございます!おかげさまで「デザイン賞」を受賞致しました!

さっそくハムキチくんに、いまのお気持ちを…

チュー!

「"ご本人のコメント"?なに言ってるんだチュー!オレがご本人だチュー!オレに聴けチュー!」

チューチュー!

「"受賞者"?なに言ってるんだチュー!オレが受賞者だチュー!なんかくれー!好物のキュウリのはしっこくれー!チュー!」

大変失礼致しました! キュウリはのちほど差し上げます。

コンテストや移動では精彩を欠き、CWはヘタッピ、モビホのアパマンで耳も飛びも悪い私が、CQ誌でクローズアップされるなんて、一生で今回だけでしょう(苦笑)。ニンゲンなにかの取り柄はあるもので…。

国内外とも、バンド、モードを問わず、QSOしていただいた方にはこのハムキチカードをお送りしております。最近増刷。在庫はタップリございます。

今年は開局35周年、よい記念になりました。

「受賞したのはオレだよチュー!」


≪おまけ:ハムキチくんホットニュース≫

実は現在、「電信版」カードを企画中。先日ためしに電鍵の上に乗っけてみたのですが、2万円以上するハイモンドHK-808のノブをいきなりガリガリ齧りやがって…。

Home > QSLあれこれ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。