Home > DX QSO & DXCC

DX QSO & DXCC Archive

第290回-なんとビックリ!NYにオレがいた!HFポータブルDX in NY

今年の4月にまわって来たツイッター動画を見てビッッックリしました。

メガネを掛けた中年男性ハムが、首からストラップでFT-817を下げて、帽子姿で「水辺」でDXコンテストに参戦している。

オ、オレなのか?いや外人さんだ。この人は一体?!

NY-TK.jpg

彼はNY在住のK1FM Alain、イーストリバーなどのNY市内の「水辺」に小型のMLAを立てて、私と同様に5W QRPでDXコンテストに参加しています。

loop-650x1024.jpg

いや、びっくり、GAWANTの飛びを試そうと始めたHFポータブル運用ですが、まっっったく同じことをやっているハムがNYにもいたなんて!
アンテナは違うけれど、水辺まで同じとは。しかし「水辺」なんてもんじゃなくて、ホントにギリギリの水際に立てちゃってますね。これは参考になるなぁ。

そんな彼が、今年3月のARRL Interで偉業を成し遂げました。なんと東海岸NYから、このHFポータブル運用で日本のJH4UYB岡野OMと20SでQSOしたのです。その瞬間がこちらの動画。



もう自分のことのように嬉しい(笑)。なかなか取って貰えなくて大声で繰り返すところ、ミスコピーされて口惜しそうな顔をするところ、そしてQSO成立後のガッツポーズと笑顔まで、「100%オレと同じ!」ですよ。いや私だけじゃない、皆さんも同じでしょう。「ハムって世界中同じなんだな」という驚きというか、確信というか。

こちらのブログに→ https://k1fm.us/2020/03/portable-qso-with-japan/ 交信の詳細が説明されています。このMLAで過去に2回JAを聴いたけれど、この時のJH4UYB局(S8で入感)ほどは強くなかったそうです。 「今回はイケる!」と思ったのでしょう。そして動画では編集されていますが、実際のQSO成立には有名なビッグガンであるJH4UYB局をしても3分以上かかったとのこと。なにしろ仮設MLAの5W、しかもSSBですからね!

写真と動画を使わせて頂く都合上、まず当局の「水辺でGAWANT」を英語で紹介するページを作り、Alain に自己紹介をしてブログ掲載の許可を取り、そして今日、ここに掲載しました(その経緯は上記ページの下の方に残っています。JH4UYB岡野OM、コールとお名前だけ掲載させて頂きました)。

彼と2-way HFポータプルで繋がったら奇跡だけど、固定局相手でも東海岸は未QSO。次のサイクル25で、CWあたりでどうにかならないかな?

いや、それにしても、ここまで同じことを?! そして同じようにガッツポーズを!!



.

Episode 289 - Introducing the GAWANT antenna and QRP DX from Tokyo!

Hello all. This is JL1KLK, Hiroshi "Hiro" Sadanari. I've been enjoying amateur radio since 1978.

I work on overseas DX QSOs from Tokyo Bay in Japan with an EFHW (End-Fed Half Wave) antenna named "GAWANT" in Japan and FT-817ND. Output power is 5W, mode is SSB and CW. This is the style of QSO.

2018-ww-02.jpg

This is the GAWANT antenna. Handmade equipment of my friend, the great Meister Mr. Ariga-san JF1QHZ (I am truly grateful to Mr. Ariga-san).

20170904_074503_550.jpg

The first overseas DX QSO was the October 2018 CQ WW DX SSB. Then I participated in four contests of WPX SSB 2019, CQ WW SSB 2019 and CQ WW CW 2019 in November 2019. Finally I worked 100 QSOs from Tokyo with this small system. The contact data is as follows.

gawant_dx_table.gif

gawant_dx_graph.jpg

In Tokyo, I often receive South America around 7 am, North America and Asia and Oceania in the morning, and Europe in the afternoon.
Even with such a small system, I can receive Brazil, Argentina, Chile and Paraguay in South America from 59 to over 59.



(above: KH6KR and ZP5AA in Tokyo bay with GAWANT, CQ WW DX SSB 2019)

The farthest QSO was Brazil's ZX5 at 18,800.3km, and the EU side was Bulgaria's LZ5 at 9,136.4km. All were SSB on 15m band. I listened to two African stations at CQ WW CW 2019 and called hard, but I couldn't QSO :< .

gawant_dx_map_w551.gif

I think that many hams enjoy DX QSO with QRP. I am challenging not only QRP but also QSO with overseas by using the simplest handy transceiver and whip antenna style.

This "GAWANT" EFHW is very popular in Japan right now, and my friends (especially 7L1DST and JS1BXH) are also trying QSOs from Tokyo and Yokohama with this simple style. They QRV from the seaside and big rivers like me. Being near the water is important in this challenge!

WWCW2019_03.jpg

(above: This is a picture of standing and operating CW with straight keys. I was tired by staying like this all day long :< )

Thanks to ham stations around the world for QSOs with me. Now! My next goal is from Tokyo to Africa. GAWANT + FT-817 + 5W "WAC Award" in QRP.

(I hope to QSO with the Southern and East Coasts of the US, Zone-5, and even Europe's Zone-14!)

2018-ww-03.jpg

See you in the air, 73!


.

第282回-【臨時ニュース】マンションベランダから160mCWで越えたよ太平洋!

550px-Political_map_of_Cana.gif

GAWANT+手持ち817 5WでのDX-QSOが100件を超えたので、前回のQSOデータに続いてその2、その3として器材のセッティングやロケーションについてお伝えする予定でしたが、12/7(土)~12/9(月)に行われたARRL 160mで毎度おなじみベランダモビホHR3.5の先に5mのコード垂らしてカナダ・アルバータ州と交信してしまった(?)のでそれをお伝えします!50Wですよ。

◆聴き始めは2200頃

「1.8MHz帯で北米が聴こえると面白いよなぁ」と聴き始めたのが土曜日の2200頃。品川の当局にフルスケールで入感するJA1、3、5エリアの有名トップバンダー諸氏が颯爽とRunしているが…相手がサッパリ聴こえない(苦笑)。「これがスローパー局の実力かー。7m長の逆Lじゃダメだな」と思っていると…。

◆入り始めは2300頃

2300頃に1815~1820kHz付近での北米側のCQが「アレ?なんとなく聴こえて来た」となり、パイルに参加。北米サイドのグレイラインの移動に合わせて、CO、IDなど西海岸寄りの局が5、6局入り始めました。わー、ウチのベランダアンテナでもちゃんと入る!519~569くらいでQSBが激しかったですが。
今回はこちらの"Grey Line Map"を凝視しながらの参戦でした。勝負は1、2時間以内?

◆0000頃は呼び負け大連敗

0000頃がピークだったでしょうか?同時に数局のRunが入りにぎやかにぎやか。こりゃ楽しい!…けれど、呼び負けの連続で「参加することに意義がある」状態。100Wにしておけばヨカッタなぁ…。Wからは「・・--・・」が限界でした(笑・ちなみにどの局も40Cでやっている局ばかりなんだよなー)。

◆0030に向けてVEが

0000を過ぎるとVEが1、2局入り始めました。うち1局は40Cで何回かQSOしている局。これは出来るのでは?
0015頃からアルバータ州のVE6WQ局(こちらは過去にQSOナシ)がじわじわと強くなり、ピークは589くらいに。国内コンテストの時の北陸や九州の感じです。「確かに距離は遠いけど、この強度ならば十分イケるのでは?」。

◆0027に無事QSO!

5分くらい繰り返し呼んで、受信に入るとすぐに「JL1KLK JL1KLK」。アレ?ツイートしまくっていたんでJAの誰かがブレイクか?…と一旦待機すると、「JL1KLK 5NN AB」。エッ!ピックアップされたの?!慌てて「5NN TU」。交信成立か?(時間が時間なので寝ぼけているのでは?)

◆月曜の昼にLoTWが!

なんとなんと、月曜日の真っ昼間、工場帰りの電車の中でLoTWが!しっかり出来てました!3.5モビホ+5m延長コード+50Wで、マンションベランダから160mでNAとQSO!

Screenshot_20191209-152425.gif

出来るのですよ。ともかく。マッチングさえ取れれば。

ZK3A-03.jpg

真横に突き出したコメットHR3.5の先に5mのコードを付けて垂らしているので(写真左のもの)「給電点が上にある地上高10~5mの逆L」という摩訶不思議なアンテナですが、SWRは1.0までキッチリ落としています。そうすればトップバンドでも50Wで太平洋越えます…ということをお伝えしたかった。

1815_550.jpg

今回は写真下の左の「1.8MHz帯用」を使いました(笑)。1.8もぺったりVSWR:1.0~1.1。

160m_05.jpg

「これならウチでも出来そう」、「自動車で海辺にでも行ったらもっと飛ぶのでは?」等々、ツイッターでも大反響。たった1-Qですが夢膨らむQSOでした。

個人的には「FT8とかのデジタルモードじゃなくても、CWもSSBもまだまだイケる!特にCW!」という感想が強いですネー。ちなみに160mは日本、ロシア、韓国、カナダで4-Entです。次はUSとアラスカか?

.

第281回-祝!GAWANTで海外DX 100-QSO-その1・どことやった?

前回のブログでお伝えした通り、GAWANT+手持ち817 5WでのDX-QSOが100件を超えました。

2018-ww-02.jpg

QSOのレポートが昨年10月から今年3月10月11月と分散しているので、ここで100-QSOを合計し、どこと繋がったかをまとめてみました。運用場所は全て天王洲運河の遊歩道です。まずは地図から。

gawant_dx_map_w551.gif

そしてグラフと一覧表。円グラフは「%」になっていますが、100-Qの内訳なのでイコールQSO数です。
なお、SSBとCWの区分は複雑になるし、飛びに違いがないので書いていません。感覚的にはCWの方が「コールバックが早いかなー」くらいで、距離に違いがあるとは思えません(一応、比率はSSB72:CW28です)。

gawant_dx_graph.jpg

gawant_dx_table.gif

まず気になるのがSAの多さ。817+GAWANTは非常に南米に強い!私だけではなく、7L1DSTさん(隅田川)もやられていますが、朝の7、8時台にリアル59、599で入感し、特にCWの場合など、ほぼ一発でコールバックがあります。夢のような話ですが、そのためには早起きが必要。一応、9、10時頃までは入感しています。「対蹠点」が効いているのかなぁ。DSTさんは10Sでもやられていますね。

NAは時間勝負。8時前後のごく限られた時間しか入感しません。バラバラと59、599で入感し「NA開いた!」と思ったら次々とやっつけて行かないと、あっと言う間に消えてしまします。NAのグレーラインの移動にキッチリ一致しているのかも。はJS1BXHさん(みなとみらい臨港パーク)は7時台に20Cで10局やられたそうです(Zone1、3、4)。スゴイ!

AS、OCは夜明けから日没まで安定して入っているので特に記すところはありません。ご覧の通り、モンゴルやカザフスタンまで飛んでいます。モンゴルは15Cでリアル599。しかも一発QSOでした。

そしてEU。15時頃から日没までが勝負で狙いは15Sですね。20S&Cでも入感しますが、さすがに1.5mのアンテナに5Wでは送受のバランスがとれないのか599+のZone16を呼んでも応答がナイ。ご覧の通り、15Sならば最長でブルガリアくらいまでQSO出来ます。ただ、EUとは言うもののZone16と15まで。次の狙いはZone14ダナー。

2018-ww-03.jpg

経験的に、送受のバランスやバンドの「開き方」など複数の条件を勘案すると、やはりGAWANTは15mのSSB、CWが良いのではないかという気がします。「ポリバリコンがCWの5Wに耐えるか?」という懸念点もありましたが、先日のCQ WW DX CWでほぼ1日運用しても特に問題はありませんでした。

ちなみに私のGAWANT 5W最長はブラジルZX5の18,800.3km、EU側はブルガリアLZ5の9,136.4kmです。いずれも15S。GAWANTは地球の裏側まで飛ぶのです。

各地域毎に雑感を書きましたが、実は先日24日(日)、CQ WW DX CWの15CでなんとAFモーリシャスも聴こえました。信号は549くらい。何回か呼びましたがさすがにQSOはならず。

上記をヒントにジャストな時間帯、ジャストなバンドモードでDXコンテストを聴けば、きっと817/818+GAWANTでDX QSOが出来ると思いますよ!

今日はここまで。次回、器材とロケーション編につづく。


.

第280回-これで卒業!GAWANT 5WでCQ WW CW 2019

昨年10月のCW WW DX Ph以来、実に4回目となります「GAWANT+手持ち817 5WでのDXコンテスト参加」。
50代も中盤に差しかかり、あまりのハードさに「100-QSOしたら引退しよう」と臨んだ今回のCQ WW DX CW。過去3回とは異なり初のGAWANTで出るCWコンテスト。その成果は?

最初の1、2時間はQSOどころではなかった(苦笑)。朝6時に起きてベランダに出ると雨はやんでいる。運用場所の天王洲運河までも傘をささずに歩いて行きましたが…

WWCW2019_01.jpg

0710頃、現地に着くとなぜか土砂降り!運河沿いのこの場所だけがなぜか土砂降り。なんなのコレ?高層ビルのせい?雨に濡れながらセッティングをして、ビルに近い場所でワッチするも感度が悪い!

WWCW2019_02.jpg

覚悟を決めて事前に買っておいたレインコートを着て、ポケットにリチウムイオンバッテリー、首からFT-817ND+GAWANT、右手にロシア電鍵で大雨の中に飛び出して、いつもの運河の柵で呼び回り開始。通信兵か?!(その時の写真はアリマセン。写真どころではなかった…)。
せっかく早めに到着したのに、東向きNA+SAが絶好調なハズの07、08時台を無駄にしてしまった(涙)。

そして結果は-

2019WWCW_list_02.gif

11時台に一気に追い上げて目標の29-Qを達成しました。ロシアながらZONE16の「ウラル越え」もどうにか。先日のブログに「100-Qまで残り29-Q」と書きましたが、なんと計算間違いをしていて、29足したら101になってしまった。ヤング101。まぁ「100を越えた」ということでヨイでしょう。

6時起き&土砂降りに打たれてクタクタなので、ポイントだけ。

・CWは打鍵があるので柵のところで立ってやるのではなく、手前のベンチに座ってやろうと思いましたが…

WWCW2019_04.jpg

…Sが全然違うのです!549と599+くらい違う。というわけでいつもの駅弁スタイルCWバージョン(817を脇に抱えて右手で縦振れ電鍵打ってます)。疲れた!

WWCW2019_03.jpg

・西部戦線の通信兵の如く、土砂降りの中でやっていたので「ゼロイン」どころではなく…07、08時台にLU、PYから打たれた「・・--・・」はそのためではないかなー。馴れないFT-817のCWでピッチも掴みにくかった(後半は馴れた)。

・大ニュースはAF!アフリカ!…が聴こえたこと。1330頃に3B8モーリシャスが539くらいで。何回か呼びましたがQSOはならず。GAWANT WACは幻に終わりました。でもGAWANTでアフリカ聴こえました!

・今日はJS1BXHさんが横浜の海沿いでご健闘されていた模様。「20CでWと10局」とのことで私も午後にちょっと覗いてみましたが、午後の20Cは世界中が入り乱れてカオス状態。599++で入感するZONE16を呼んでも5Wホイップはお呼びではないようで、早々に退散しました。20mはやっぱりバランス取れないですネ。

・11時台、ホントに調子良かったナ。午後になって西向きになると次第に繋がらなくなり…。やっぱり勝負は06、07、08時台ですね。でもWW Phの20Sで無視されたJT5を15Cで一発撃墜!20Sのカタキを15Cで討った?!

さてさて、これでGAWANT海外DX、101-QSOになり、一旦お休みです。普通のオジサンハムに戻って、コーヒーでも飲みながら自宅から14MHzとかでのんびりやりますよ(苦笑)。

「GAWANTって言うほど飛ばないらしいゼ」とか言っているみなさん、海外と100-QSO以上出来ました。5W QRP、自宅から徒歩15分の東京湾からです。「SSN悪いからSSBもCWもダメでしょ。時代はFT8」という先進派のみなさん、コンテスト時ではありますが101-Qは全てSSBとCWです。「オールドモード」だってまだまだこんなにイケる。

昨年以来GAWANTでQSOした101-QSOは一体どこと繋がったのか?地図でまとめようと思いましたが、長くなりすぎるし、すいません、もうフラフラです。しかも明日は新幹線で出張。あとは次回のお楽しみ!ちなみにAF以外、EU、SA含め全て繋がっています。乞ご期待。

.

Home > DX QSO & DXCC

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top