Home > 2011年01月

2011年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

第30回-新春企画その2・アンテナ紹介

ant-1-2.jpg

新春企画その2は、前回シャックと同時に紹介しようと思ったけれど、文章が長くなってしまったので分けました。全アンテナの紹介ですが…。

かつてこのような、アンテナ紹介があったでしょうか?!(笑)。すべてモービルアンテナです。なんなんだ、この写真。カタログかよー(苦笑)。サイズの比較は根本に立てた「キリン端麗グリーンラベル」の空き缶でどうぞ。

左上から周波数順に、まずは7MHz用のコメットHFB-40。昨年詳しく説明しましたが、無事グランドが取れて、SWRも安定(カウンターポイズ付けてません。モービル基台経由の手摺りグランドのみ)。コイツ+FT-817NDで北海道~九州までの交信を行っています。今年の目標は海外DXだなー。長さは1.6m。ご覧の通り、上の階のベランダギリギリです。限界です(苦笑)。

右上が21MHz用。本ブログには初登場のダイヤモンドのHF-15FXです。1.2m長のベースローディングですが、品川区-葉山町間で1回QSOしただけなので、実力はわかりません。ちなみに葉山からのレポートは、距離約50kmでRS53でした。確かに電波は飛んでいるようだな。
SWRはバンド内を通じて1.6~1.8というフシギな特性(ディップがない)。これも今年の目標は海外DXだなー。早くあったかくならないかなー。

左下は何回もご紹介しているメインアンテナのコメットSB1450/144/430MHzのトライバンダーです。長さはわずか1.08m。こんなホイップでねぇ、400局以上、グランドウェーヴで200km近く飛んでくれているのだから、まぁ、頼もしいやら、かわいいやら。今年は購入後はじめてのEスポシーズンに期待!

そして右下が我が家の問題児(?)、ネットでも話題となっているコメットのブロードバンドアンテナ、HA750Bです。長さ1.22mで受信は3~70MHz、送信は7&18~54MHzですが…別名「アンテナの付いたダミーロード」。「受信感度は妙に良いが、ともかく飛ばない」が定説になっていますね。

実態はどうか? その通りです(笑)。受信感度はスバラシイですよ。HA750B+FT-817NDで、去年の9月に7MHzでPY2(ブラジル中部)のCQを聴いたことがあります。BCLでも大活躍。受信については120点をあげたい!
しかし、飛ばない。ベース部のごっついコイルから想像は付くと思いますが(苦笑)。これでQSOしたのは…あ、そうだ、去年8月のハムフェア記念局8J1A。21MHzのSSBで、品川-お台場間わずか2、3kmしか離れていないのに、RS51を頂戴しました。ハンディよりスゲェ~。

しかし好きなんですよ、このHA750B。私はFT-817を短波ラジオとして使い、BCLもやっているので、その時は最高のパートナーとなります。今年の夏も楽しみダナー。

以上、我が家の固定用アンテナをすべて紹介しました。ちなみに基台はコメットのRS-215。「HFは釣り竿アンテナの方が良いのでは?」とのご意見も頂きますが、このベランダからシャックまでが2部屋、15m以上あり、アンテナチューナーのコントロールケーブルが引けないのです。
HF帯はアイソトロン、V/UHFは小型八木への移行を"一応"検討していますが、まぁ、上のアンテナでもかなり飛んでますからね、当面はこれでヨイかと。

さてさて、今年もこのホイップ軍団を差し替えてがんばるぞ!

第29回-新春企画その1・シャック紹介

rig-1.jpg

さて、2011年の第二弾は、載せたことのなかったシャックの写真であります! 世界で1、2を争うコンパクトさの(?)オールバンダーシャックをご紹介。

まず上の写真はその全景。このテーブルひとつが我が全設備です。画面左上から、このブログの最初の方で書いた、ヤフオクでわざわざ買い直したSONYのスカイセンサー5950修理の甲斐あってきわめて好調です。

その右が1979年、中学2年生の時にお年玉で買ったナショナルのRJX-601。購入から32年が経過していますが絶好調。昨年12月の6mAMコンテストでは大活躍してくれました。その下のメインリグ、FT-817NDでも6mのAMらしき波は出せますが、旧A3H波のため、了解度が低い! というわけでパワフルな旧A3を出してくれるRJX-601に(いまだに)頼っています。

そしてその下が2009年の局免復活時に購入した、おなじみ八重洲のFT-817ND。6mAM以外の7、21、50、144、430MHzのSSBとFMはすべてこれから。「JL1KLK=ほぼFT-817ND」という状況です。21年前に買った、ケンウッドのサラウンドスピーカーCM-5ESの上に乗っております。この組み合わせ、高さも音質も、非常にヨロシイ!(横幅と奥行きも偶然ピッタリ。FT-817ユーザーにオススメです)

下段中央はアルインコの安定化電源DM-305MV。その上にJARLの門標と犬のカレンダー(笑)。

左下は重すぎ&キー等あっちこっち接触不良のため使っていなかった、2003年購入のソニーのVAIO(PCG-V505R/PB)ですが、この度、リカバリを掛けて「HAM&BCL専用パソコン」として第二のジンセイを歩むことになりました。
キーボードは大好きな富士通キーボードFKB8724を外付け、マウスも無線式のレーザマウスを使っています(このホイール信号が50MHzに僅かに干渉するのだが…)。

ハムログのほか、RTTY解読用にMMTTY、エアバンドを楽しむためのkgacars等々をインストール。『周波数帳2011-2012』もハードディスクに移してしまったし、ブックマークもハムやBCL、エアバンド関連のリンクで一杯…という夢の(?)パソコンです(笑)。

そもそもこの机はカミさんが持ってきたけれど、使っていなかったもの。右奥にある10年前に買ったエプソンのインクジェットプリンタPM-760Cで、カードやコンテストログ、受信報告書の印刷をやっており、コンセプトは「あまりものを掻き集めて、シャックを創れ!」でしょうか。写真ではソレナリに見えますが、実はここ、納戸の一角で、一畳くらいのスペースなんですよ(それでも必要と思われることは全てできるように超凝縮!)。

しかしこのセット、そして上記のソフト、1980年前後に少年期を送ったラジオ少年ならば「グッと」来る、というか何時間でもいたくなる組み合わせでは?!(笑)
このコンパクトさながら、7MHzも50MHzも出られる。海外の短波放送もスカイセンサーで聴けるし、エアバンドがレーダー画像付きで楽しめる! 極めつけはRJX-601で50MHzのA3に出られる!(嬉しいか?それ?)。足元の棚には、ヤフオクで買った『BCLマニュアル』の'75年初版本もあります。あの頃のラジオ少年の「夢の城」ですよ。
スカイセンサーでFM放送を聴きながら、ボケっと「ミロ」などを飲みながら、CQ誌を読んでいると、まるで中学生時代に帰ってしまったような…いかんいかん! それじゃ「退行」だ!! もう45歳なのだ!

左上に貼ってあるのは出身高校のペナント。実家の物置でRJX-601を探していたときについでに出てきました。貴重品なので&童心に帰るために(?)貼ってみました。野球帽は出身大学のもので、箱根駅伝応援用(笑)。まぁ、大学時代はハムとはまったく無縁でしたが。

そして、実家の物置から出てきたものといえば…。

qslx3.jpg

中央は現在のQSLですが、左は開局当初、1979年に印刷した神奈川県逗子時代のもの。なぜか未使用のカードが、物置から一枚だけ出てきました。サンメガという大阪の会社のデザインで、ずいぶん気に入っていたのですが、もうないみたいですね、サンメガ…。
右は出身高校の無線部のカードですが、部室から持ってきたもの、ではなくて中学時代にQSOして貰ったもの。この無線部もすでに廃部になっているとか。

ううむ、同時にアンテナも紹介しようと思いましたが、文章が長くなってしまった。アンテナは次回に!

第28回-QSOパーティーの難しさ

fujisan.jpg


今年初めてのブログになります。少々遅くなりましたが、おめでとうございます。

さて、今年のハム始め、1/2~3のQSOパーティーですが、あちこちのブログで書かれている通り、「20局と交信すること」という条件が、簡単なようで難しい!

いつもの交信ペースからすると、20局とのQSOなんて2、3時間なので、「2日の午後にチャッチャとやってしまうべぇ」と思ったのですが…。

「年の始めなので、キレイにまとめたいな」などと思ったのが失敗だったか(苦笑)、12:03の50MHzでのSSBにはじまり、50MHzで5局、144、430、7MHzでもキッチリ5局ずつやって、縁起よく(?)20局にしようなどと考えましたが…順調に行ったのは50MHzだけ。

1時間ほどで5局やって、食事を挟んで15:00ごろから144MHzにQSYし、各局さんをコールするも取って貰えない! 3局やったところで430MHzのFMに移行しましたが、ここもパイルで負け続け!

結局、延々18:30まで3時間半かかって、144と430を行ったり来たりしながらどうにか15局とQSO。夕食を挟んで3日の01:00から1時間QRVするも、あまりに夜遅すぎて2局追加の17局(実はここでもパイルに負けまくっている)。

翌日は昼から自宅付近を走る箱根駅伝の母校応援と、家庭サービスの美術館行きが入っていたため、朝10時から猛コール。ここでXYLに「俺はハムやってるから、ひとりで美術館行ってきなよ」と言えたら、さぞかし楽だったでしょうけれど、それは言えませんよ! 正月早々そんなこと行ったら、家庭がヤバイ!

「HFを諦めて50×5、144×5と430×10にしよう」と狙うも、430MHzのラスト1局が30分以上かけても繋がらない! というわけで急遽、比較的成績の良い50MHzにQSYして20局完成、というドタバタ運用でありました。3日の11:07に20局終了、超特急で支度をして、駅伝応援~美術館へ!

結果は50×6、144×5、430×9。不思議なバランスですが、背に腹は換えられないですよ(笑)。QSOパーティーはねぇ…1)いつにも増して家族の目が光っている、2)普段は出てこないが設備の良い局が数多くいるのでパイルでの連敗が激しい、3)日程が箱根駅伝に重なっており、しかも自宅が名所・八ツ山橋に至近、さらには母校が優勝争いに参加する強豪、というフクザツな要因が重なっていて、いや、難しいですわ。ブログを拝見すると、みなさんも似たような状況のようで。いやご同輩!

ずいぶんヘンテコな「ハム始め」になりましたが、今年もよろしくお願いいたします!!

Home > 2011年01月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。