Home > 2011年09月

2011年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

第61回-「祝・ハム本格復活1周年」運用編・その1

veranda_300.jpg


「祝・ハム本格復活1周年」第二回は運用の中身を考える運用編です。「これは言いたい!」ということをベスト型式でお伝えしますます!

◆1:アパマンQRPこそHF&マルチバンド!

もう、これに尽きますよ。「アパマンは大きなアンテナが設置出来ず、QRPは遠くまで飛ばないので、V/UHFの多段のホイップなどを立てて、近距離との交信を楽しむのがいいでしょう」などという文章が雑誌等に散見されますが…そんなことしてたら半年で飽きちゃうって!なんでわざわざ消極的な作戦に出るかなー。遠慮せずにやりたいことやって、徹底的に遊んだ方がイイです!

まずアンテナ。今や良く出来たHFモビホがあります。何万円もするマルチバンドよりも、数千円のシングルバンドを差し替えた方が良く飛ぶと思います。ポイントはマッチングをキッチリ取ること。前回書いた通り、体感的には「マッチングの取れたモビホ+QRP5WSSB@マンション4階」で、バーチカル、GPくらいの飛びにはなります(DP、八木には負けるが…)。

そしてリグ。いまや実買10万円以下で1.9~430MHzのオールモード機が買える時代。それを活かさない手はありませんよ!アンテナはモビホ2、3本でOKです。

マルチバンドも重要で、バンドっていいとき、わるいとき激しいですから。季節や時間で7MHzがダウンして全く使い物にならないときもあれば、朝から夕方まで、日本中と延々交信出来る時もある。21MHzで1局も入感しなくて、「アンテナ壊れちゃったのかな?」と思うこともあれば、日本中~海外DXが59+でバンバン入って来る日もある。そして週末はV/UHFが賑やか。
そこでひとつのバンドに「賭けて」しまうと、不振の時にガラっと世界を切り変えることが出来ずに、「ツマンないな…」となってしまう可能性高し。

ビッグアンテナで特定バンドの世界を極めるのも素晴らしいですが、それが出来ないアパマンこそ、徹底的なマルチバンドQRVで、あっちこっちツマミ喰いして楽しむのが良く、ひいては長続きの秘訣となるのではないかなぁ。

◆2:海外DXを「諦めない」

これもアパマンQRPオンHFを薦める理由です。正直なところ「悪くないな」と思っていたV/UHFも1000QSOを超えると、少々限界を感じています。2nd、3rdQSOが増えて来て、東京、神奈川のビッグアンテナ組が2mSSBで「大阪さん59です」とか、「岡山さん58です」と言っているが、当局にはまっっったく入感しない。アンテナの差、出まくりですよ。

ところが!21MHzあたりだと、ショボショボなモビホに5Wでもミラクルが起こります、たまに。

先日、U/VHFの八木設置に際して「マンションが南東にしか開けていない」と書きました。品川駅付近から南東ですから、交信出来るのは内房、三浦半島だけ…と考えない!その先にサイパンやグアム、オセアニア諸国があるではないか!

強引かつ超ポジティブ過ぎますが(苦笑)、実際に10日(土)の朝にサイパン島の日本人局と、3回目のコールでQSO。「QRP5Wでした。ありがとうございました」と言うと、「アンテナ教えて下さい」のショートブレイク。「マンション4階のモービルホイップです」と答えると、「アンビリーバブルなくらい強力に届いています」。嬉しいですねぇ、電離層サマサマだ(笑)。

そりゃDXは月に1、2回かもしれない。でも1年やれば10~20局、5年、10年やれば結構な数になるのではないかと、地味~なDXライフを考えています。
ちなみに現在は中国(北京)BY1、台湾BV1、フィリピンDU9、韓国HL0、北米カリフォルニアK6、グアムKH2、ブルネイV85、インドネシアYB2、そしてサイパン(北マリアナ諸島)AH0とQSO済。ホラ、やっぱりウチは南東に開けている(笑)。HLくらいなら夕方の7MHzSSBでも繋がります。
そんな近場なんて、八木に100W、200Wなんて方なら、半日で出来てしまうかもしれませんが、5Wにホイップゆえの嬉しさがあります。

この第2項と第1項は分かちがたいモノがありまして、電離層反射のHFならば、アンテナの大きさも、高さも、ロケーションも、そしてパワーも、"とりあえず空が見えていれば"あまり関係ない、ということなんですよ。開局33年目で、ソレナリの経験を積んで来たつもりでしたが、これは目からウロコだったですねぇ…。いわば逆転の発想。「アマパンQRPこそHFでDX狙い」とまで書きたくなって来ます。
V/UHFでのラグチュー(「いつも移動お疲れさまです!」「コンテスト入賞おめでとうございます」から、ご近所の歴史物語まで?!)も楽しいですが、HFでドーンと日本中、世界中を相手にするのもまた楽し。両方やった方がいいと思いますがねぇ…。

文章が長いなぁ~~(苦笑)。最もお伝えしたかったふたつだけで、こんな量になってしまった。今日はとりあえずここまで。運用編その2に続く!

第60回-「祝・ハム本格復活1周年」記録編

ant-1-2.jpg


ちょっと遅れてしまいましたが、8月の最終日曜日で「ハム本格復活1周年」になりました。
再免許自体は2009年11月に取得していましたが、アンテナ工事~QRVが昨年8月、2010年のハムフェアの時だったので、先週のハムフェアで丁度1周年。

従免取得&最初の開局は1978年! ほぼ30年近いブランクを経ての、しかもアパマンQRPという全く異なるスタイルでの再開局で、色々と思うところもありました。まず今回は、「ハム本格復活1周年」記録編です。対象期間は2010年8月21日から2011年9月4日の380日です。

≪自宅及び品川区・港区内徒歩移動≫

◇ QSO数:1013
◇ 周波数別:7MHz×124、21MHz×30、28MHz×8、50MHz×273、144MHz×398、430MHz×180
◇ QRVモード:3.5~28MHz=SSB、50MHz=SSB、AM、FM、144MHz=SSB、430MHz=SSB、FM
◇ 送信出力:<5W(までしか出ない)
◇ Rig:YAESU FT-817ND、National RJX-601(50MHzAM,<3W)、STANDARD C-460(430MHzFM,<5W。未使用)
◇ Ant:ベランダ設置モービルホイップ4種、2m3エレ+70cm5エレデュアルバンド八木、6mポケットダイポール
◇ JCC Wkdカウント:229
◇ JCG Wkdカウント:54
◇ 取得アワード:AJD(7MHz、SSB、QRP)、144MHz-100(SSB、QRP、東京都)
◇ HF国内最長交信距離:7MHz=長崎県南島原市(約930km)、21MHz=鹿児島県南さつま市(約989km)
◇ VHF国内最長交信距離:50MHzSSB=稚内市(約1100km)、144MHzSSB=南魚沼郡(約168km)
◇ UHF国内最長交信距離:430MHzFM=長野県下高井郡(約173km)
◇ DXCCエンティティWkd(!):8(BY1,BV1,DU9,HL0,K6,KH2,V85,YB2)
◇ WAC:3(Asia, North America, Oceania)
◇ DX最長交信距離:8820km(Tokyo-LA)
◇ ご近所移動運用:14回/3箇所(天王洲×10回、権現山公園×3回、船の科学館×1回)
◇ コンテスト参戦:9回(泉州サバイバル、50MHzAMコンテスト、東京UHF、QSOパーティ、関東UHF、ARRL International DX Contest Phone、東京コンテスト、6m & Down、フィールドデー)

≪長野県茅野市(蓼科高原)移動≫

◇ QSO数:32(3.5MHzSSB×28+50MHzSSB×4)
◇ 送信出力:5W
◇ Rig:YAESU FT-817ND
◇ Ant:3.5MHz=自作フルサイズダイポール、50MHz=ポケットダイポール
◇ 交信先:3.5MHz=1、2、3、4、5、7、8、9、0エリア、50MHz=2、3、0エリア+江蘇省BA4

なんでこんなにイロイロ書いているかというと…Rig、Ant、送信出力あたりをご覧ください。
「よし、復活するぞ!」とココロに決めて、FT-817を1台だけ買って、マンションベランダにモービルホイップを(斜めに)付けて、最大5WでのQRVでも、1年間コツコツやればこんなに楽しめるんだよー、と言いたい!

何回も書いていますが、中高生の頃、逗子の実家時代は7MHzはダイポール、21MHzは3エレ八木、144MHzも9エレスタックで、往年の名機トリオのTS-520Vなどを使っていたので、ストレスの少ないハムライフを満喫しておりました。
その頃からすると、再開時には我ながら「5Wにモビホでマトモにハム出来るのかなー…」と疑心暗鬼になっていましたが、まぁ、1年の成果をまとめてみるとこんな感じで。なんだか、楽しそうじゃないですか!

運用の詳細は次回に譲りますが、この時点で言えることは、よく雑誌やブログに書いてある「QRPにホイップでも、近距離ならば交信デキマス」なんてのがウソッパチだということですね。成果はご覧の通り、マッチングさえキチンと取れば(さすがに八木には負けますが)小型のDPやGPと同じぐらい飛びますよ。特に7、21MHzが絶好調ですね。DX QSOは12回。いや、本当に良く飛ぶ!

7月に行った蓼科高原標高1430mからの「3.5MHzフルサイズダイポールで5W」も楽しかったなぁ…。天王洲の遊歩道から21MHz5Wで西海岸も良かったなぁ…。というわけで、次回は「祝・ハム本格復活1周年」その2・運用内容編をお送りします(予告)。

Home > 2011年09月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。