Home > 2011年10月

2011年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

第64回-自局QSLご紹介・その1移動編

30年ぶりに復活して「昔と違うなぁ」と思ったのは、QSLカードを何種類も用意する習慣。運用場所が異なれば、そりゃ取り替えるべきですが、1970~80年代のパソコン(NECのPC-8001とか!!)はカラー写真印刷なんて夢のまた夢だったし、せいぜいプリントゴッコで刷るくらい。そのプリントゴッコもつい先日、「数十年の歴史に幕」となったわけですが…。

今はパソコンにプリンターで、簡単に作れますからね。昔は備考欄やコールの後ろに移動地を手書きしていたかなぁ…。
メインカードは固定用のコレと、品川区内移動(主に天王洲)のコレですが、私も移動用のフォーマットを作り、中身を変えて発行しています。あとは電子QSL用デザインというのもありますね。これも昔はなかったものです。

というわけで、これからちょっと当局のQSLをご紹介。まずは移動編です。

◆1:長野県茅野市移動

JL1KLK_QSL_nagano.jpg

7月に行った実家移動時に発行。実家、というか山荘の全景+よーく見ると3.5MHz用のフルサイズDPも写っているハズなのですが、細くて見えない(苦笑)。

写真が小さいのは…ウチのプリンターが古くて、「フチなし印刷」が出来ないため?! 苦肉のデザインではありますが、移動用のカードは、移動地を大々的に表示したほうが良いであろうという考えもあります(←言い訳…)。写真は自分で撮りました。

非常に有意義な移動だったので、これからも茅野(蓼科高原)に行って、このカードはどんどん発行したいですね。

◆2:東京都品川区・さよなら船の科学館記念QSLカード

JL1KLK_QSL_fune.jpg

これはですねー…9月のはじめに9月末で閉館してしまう地元品川区の「船の科学館」に夫婦で行きまして、その時にカミさんに「ムセンキ持って行ってもイイか?」と。飛ぶんですよ、あそこ(苦笑)。
一応OKは出ましたが、まぁ、あまり良い顔はされず、QSOは1局のみで結果的に「限定1枚」。しかももう閉館してしまったという幻のカードです!! と勝手に盛り上がっています。

私が喋っているところをカミさんが撮ってくれたので、それを大きく…という案もありましたが、小太りのオッサンがメインのQSLというのもワケがワカラないので、右上に豆粒のように縮小され貼り付けられています。

◆3:東京都渋谷区・全市全郡2011カード

JL1KLK_QSL_ebisu.jpg

最も昔にデザインしたが、発行は一番後になったカード。昨年から、会社のある渋谷区恵比寿付近での移動運用を画策していましたが、なんだかんだで先週の全市全郡でやっと実現。晴れて発行となりました、が、コンテストなもので、130枚ほど出さなければならず、キャノンのインクジェットプリンターの印刷速度が速くてヨカッタ(笑)。

写真はまたしても「フォト蔵」で見付け、撮影者に許可を頂きました。クリスマス頃の夕方の恵比寿ガーデンプレイス。「ハムの"QSL"と呼ばれる交信証用です」とメールしたところ、「なつかしいですね。私も大昔にやっていました」とのご返事。いやいや、不思議なことはあるものです。

こうやって基本デザインを決めておくと、デジカメで1枚撮っておけば、どんな移動地のカードもデザインに迷わずすぐに発行出来て便利です。
ちなみにカードはフジフイルムの「画彩・光沢仕上げ」を使っています。他のメーカーも試しましたが、黒文字の発色や写真の綺麗さが全く違う! フジの「画彩」オススメです!

以上、茅野市移動、船の科学館、全市全郡でQSOして頂いた各局さん、以上のカードをお届け致します。船の科学館は、そう、あなたです!! (笑)。

第63回-全市全郡・東京都渋谷区移動で参加

20111009_ant-1_20525.jpg


全市全郡コンテスト2011に、東京都渋谷区移動で参加しました。9日(日)の11:00から19:00まで。移動地は渋谷区恵比寿の某ビル8階。えーと、そのー、実は自分のオフィスです。
地上高21mのベランダを活用して、アンテナをニョキニョキと仮設。いつもの通りのFT-817ND、5WのQPRながら、「渋谷でHFに出たら、きっと稀少だぞ」と意気込みましたが、さて…。

◆HF帯いきなり撃沈!(涙)

7、21、28、50、144、430MHzの6バンド運用、モードはSSB、FMを予定していました。21MHzはこの日のためにDPを自作しましたが、建物との関係でSWRが下がらず。過去の反省からモタモタせず、即座に予備のATAS-25に切り替えて調整するとSWR<2.0。「こりゃイケる!」とワッチしたところ…。

コリャダメだー!都市雑音でSメーターが9まで振れています。実は恵比寿駅からわずか80m、アンテナはおろか、運用場所からも恵比寿駅のホームが見えるような場所だったので…。
「都心でHFの運用者が少ないのは、単純にアンテナを張る場所がナイだけじゃないんだなぁ」と、いまさらのような発見があり。しかし口惜しいので、おとなり目黒区の大学クラブ局と1局QSO!以上。おしまい。

7MHzはマッチングが取れず、28MHzはSWR<2.0になり、雑音もSメーターで5程度でしたが、誰も聴こえず。「渋谷区HF作戦」は開始早々に軌道修正を余儀なくされました。

◆V/UHF帯は地上高が効いた!

ベランダの地上高21mにマスト4mを足して、50MHzはおなじみポケットダイポール。144/430MHzはこれまたおなじみのモビホ、コメットのSB14でしたが、約25mの高さが効いたか、50、144MHzはなかなかの好成績。

運用中の様子は以下の通りです。職場のデスクを臨時シャックにしてしまう、不届き者。いや、まぁ、「福利厚生」というか、「クラブ活動」の範囲ですよー。
馴れないJCCナンバーを間違えないように、大きな文字で貼り付けて、さらに数字が読めない事態に備えて「ヒトマルマル…」とフリガナまで振る「大丈夫かよ?おい?!」っぷりです(苦笑)。

20111009_rig-1_20519.jpg

144MHzは12時台に連続20局、16、17時台にも25局からお呼び頂き、中には長野、福島も。いや、モビホに5Wでこれは、ちょっとした「都会の山頂移動」。50MHzも呼び回りとCQが半々という感じで、心地よい運用でありました。
しかし50も144も盛り上がってましたね。中々空き周波数がなく、50.400MHz台、144.300MHz付近でもQSOをしました。あんな上の方に出たのは初めてだ。

2011_zenshi.jpg

結果は以上の通りです。11:00-19:00から昼食と休憩を引くと7時間くらいなので、420分で130局。3.2分に1局ペース。途中「20分で20局以上」というラッシュアワーもあったので、程よい緩急の7時間でした。
430MHzのFMで数回CQを出すも、だ~れからも呼ばれない、という摩訶不思議な現象がありましたが、V/UHF帯はまずまずの成功です。

◆その他雑感

沢山の方がブログに書かれていますが、50MHzにQRVしていた超ハイパワー大学クラブ局の波、広がりすぎでしょう!特に私は直線距離で3kmしか離れていなかったので、カブリが酷くて…。±15kHz、30kHzは使い物になりませんでした。50.250~50.350MHz付近の30kHzはデカイよ!

そして、「渋谷区恵比寿移動」が成功だったかというと…バンド的には「3勝3敗」ですね。HFで負けて、V/UHFで勝った(笑)。稀少マルチのご提供は良かったけれど、電車でわずか15分ほどしか離れていない、我がホームQTH品川区北品川、移動の定位置、港区港南(天王洲アイル)が、7MHzでもノイズがなく、21MHzはDXまで可能なことを考えると、「品川のありがたさを知った」というか、もっと”地元を愛した”方が良いのかも?!

たまーには渋谷区にも来るかもしれませんが、やっぱり私は北品川&天王洲で運用しよう!なお、今回QSO頂いた全局さんには、「渋谷区恵比寿移動」の特製QSLをお送り致します。しばらくお待ち下さい。

わずかではありますが、品川-渋谷でロケーションが違うため、今回は1stQSO局多数。そして、いつもお相手頂いている各局さん、51MHzFM、50MHzSSBでしばしラグチュー(?)して頂いたおなじみの局長さま(コンテスト中の息抜きQSOが実に楽しい!!)、そして渋谷区内の超ローカル局さま、まことにありがとうございました!

◆オマケ:家庭内SWR関係

前日8日(木)はブランチ(ロコモコ)、夕食(タラコスパゲッティ)を自作。ロコモコを持って運河に散歩したほか、皿洗いも献身的に行いました。翌日10日(祝)は丸一日、「横浜トリエンナーレ」にお出かけ。家庭内SWRはどうにか1.5以下?

第62回-オセアニアDXコンテスト5Wでちょっと参戦

21MHz-ANT.jpg


「祝・ハム本格復活1周年」シリーズを続けていましたが、ここでちょっと休憩。コンテスト情報です。

10/1-2のOceania DX Contest、みなさんはいかがだったでしょうか? 写真のモビホ、ダイヤモンドのHF-15FXががんばってくれまして、2日の日中に短時間、わずかな局数ながら、21MHzのSSBでDXコンテストの雰囲気を味わうことが出来ました。

-10:11 WH2X (Guam) His59/My59
-10:16 VK4KW (Australia) His59/My59
-10:26 W3JH/KH2 (Guam) His59/My59
-10:45 VK4NM (Australia) His59/My59
-15:35 ZM4T (New Zealand) His59/My59
-15:39 VK4BUI (Australia) His59/My59
-15:50 YC8AHH (Indonesia) His59/My59
-15:59 ZL5SGH (Antarctica) His59/My59

超短時間集中です(笑)。コンテストの日時に対象地域が程良くオープンしていて、良いコンテストだったのではないでしょうか。毎度毎度のおハナシですが、アンテナは写真の通りで、リグはFT-817ND、5WQRPで上の戦果だったので、他の方は数十~三ケタでQSOされたのではないかと。

第54回の「ベランダのロケーションを調べてみた」で書いた通り、西東京、神奈川県北部がクローズしている我が家ですが、オセアニアは開けている(笑)。1日は土曜日ながら休日出勤&かなりの残業でQRV出来ませんでしたが、ううむ、こりゃ本腰入れてたら結構イイ線行ったか…。

ちなみに16:00頃に、我が家セットには珍しくOM2局(スロバキア)が強く入感していましたが、呼べど取られず、初ヨーロッパならず。残念だったなぁ~。
それから15:59のZL5SGH、Antarcticaと言ってもSub Antarctic、 亜南極というか、南極に近いどこからしいですね。この局、情報がなくて…。

8月の28日にはブルネイの有名局V85TLともQSO出来たし、オセアニア地域、非常に好調です!

Home > 2011年10月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。