Home > 2013年10月

2013年10月

第164回-CQ WW DX Phone参戦。色々感じました…。

世界最大のDXコンテストと言われるCQ WW DX Phone、今年も参戦致しました。システムはいつもと同じ。FT-897DMで50W、ベランダのモビホ3本、HFB40、HF15CLとHR28です。
モビホの角度、太さ、突出し具合等々が良かったのか、運用中ずーーーーっとトンボさんが留まっていました。秋ですねぇ。

tombo.jpg

さてさて、結果は以下の通りでした。今回は数多く繋がったEntity&Zone順で表にしました。斜体は1エンティティ複数ゾーン。米国のZone-5がありません...orz。

wwdx-2013-Ph-01-list.gif

昨年との比較はこんな↓感じです。マルチバンドの合算(のべ、グロス)ではなく、上記の表で集計した「ネット」です。

wwdx-2013-Ph-03-hikaku-2.gif

こちら↓はマルチバンドで合算したグロスです。わずかながら7MHzも寄与。

CQ-WW-DX-2013-Ph-zLog.gif

WW DXのルールで計算したスコア比較はこちら。比較は「自己申告」同士で行っています(デュープがあったか115-QSOで提出)。今年はASが少なかった(中国とあまり交信しなかった)のでポイントが高く、思いのほか高スコアに見えますが…これからチェックでガンガン引かれるのでしょう。最後は何点になるのやら。

wwdx-2013-Ph-03-score.gif

1.コンディション関係

・初日の午後~夕方に謎の「呼び負けタイム」があり、かなりストレスフルだったが2日目でリカバー。結果としてはほぼ昨年並み。

・27日朝、28日朝とも05:30起きでシャックへ行き10mをワッチ。日の出前はほとんど入感しないが、日の出の6時と同時に一斉に聴こえだす。早朝の北米、南米ヨシ! こんな↓運用パターンでした(睡眠不足)。

wwdx-2013-Ph-02-graph.gif

・初日はほとんど10m。15mはダメかと思ったが2日目に役立った。

・10mの盛り上がり強烈。28.300から28.700くらいまで広がっていた。28.600台でWと一杯QSOしました。先週エレメントを切断しておいて良かった(笑)。

・じっとしていられず、26日夜に7MHzをワッチ。モビホでZLまで飛んだ! Wも強力に入感するがさすがに届かず。

2.NewエンティティとDX関係

・コンテスト開始時点でwkd 70-Ent。ここまで来るとさすがにNewは少ないが、長年の懸案だったチリと英国(スコットランド)とQSO出来た! とくにスコットランドは嬉しかった! フレンチ・ポリネシアは儲けモノ! WW DX終了時点でwkd 73-Entになりました。

・エンティティの減少はZone-16の旧ソ連各国が抜けたためと思われる。「なんとかスタン」とまったくQSO出来ず。欧州圏ロシアも繋がらず。

・幻のNewエンティティは10前後。特に27日16時台の15mロングパス大オープン(スゴかったですね!!)がモノに出来ず。二重、三重のディレイがかかり、イタリア、デンマークなど入るも、モビホに50Wはあまり(?)ロングパス向きとは言えず…(苦笑)。

・今回はアフリカ、カリブは聴こえず。XEメキシコはパイル凄すぎでギブアップ(XEはcfm済みですし)。

3.その他モロモロ

「モビホ、50W、SSB」はこれくらいが限界でしょうか。コンテスト中にツイッターで愚痴りまくっていましたが、10回も20回も呼んでいる当局を尻目に、一発でQSOして去って行くローカルの方が数々いらっしゃいまして…。

呼び続ける私もツライけど、その大声を聞かされる家族はもっとツライ(苦笑)。ボイスメモリーを使う手もありますが、ここ何回かCWのDXコンテストに参加していた感触でいうと、「いよいよウチもCWに移行か?」という気が。

実際、今回苦労したEU各国なんて、CWならばガンガン繋がっていますからね。OM諸氏から言われていた、「そのうちCWばっかりになりますヨ」の意味が、じわじわとわかりはじめている今日このごろであります。
開局以来35年、「Phone派」を自称して来ましたが、確かに地味なワッチの感じも、スパっと叩いて呼ぶ感じも、CWの方が良いような気が。年齢のせいもあるかもしれませんが…。

初日午後~夕方の呼び負けタイムや2日目夕方のロングパス惨敗で、今回は非常に感じるところがありました。うーむ…。

4.炊事当番関係

コンテスト名物の家族サービス。今回のメニューは-

chicken.jpg

ジャマイカ料理の「ジャークチキン」を作りました。たまたま海外製のソースがありまして。盛りつけもちょっとラフにして本場風です。我ながらめちゃくちゃウマかったー! (でもジャマイカとは繋がっていません…)

第163回-「ステンレス・エレメントを切ってみた」の巻

HR28-400x300.jpg

かつてはこんな↓マッチングだったベランダのコメットHR28が-

HR-28-00.gif

どうも最近、10mSでコールするときにリグのSWRインジケータが元気だと思ったら、こんな↓マッチングになっておりまして-

HR28-01.gif

いや、これでは10mSのDXメインバンド、28.400~28.600MHzあたりがキビシイ。CWは好調で、SSBがイマイチなのはこれが理由であったか。

どう見ても「もう少しエレメントを縮めれば?」という状況ですが、問題が2点。まずその1がこれで最も短くした状態であること。そして問題その2が、ステンレスのエレメントって普通の金ノコでは全く切れないんんですよ! なんと跡も付かない。ダイヤモンドの取説に、こんな紙が付いていまして-

yasuri-01.jpg

「そこらへんのモノで切っても全然ダメよ」という忠告ですな。そこで最もお安く、最も効果のありそうな、ツボサンの「チタンダイヤモンドヤスリ」を購入。アマゾンで750円でした。

yasuri-02.jpg

当日中に到着。とりあえず15mmほど切ってみようとヤスリの角でゴリゴリ削ると-

yasuri-03.jpg

yasuri-04.jpg

-おー、見事!どんどん切れて行きます。ものの2、3分で8割くらい切れて、あとはラジオペンチで切断。先端を平らに馴らします。「チタンダイヤモンドヤスリ」一石二鳥!

そして再度SWRを測定↓-

HR28-02.gif

-うわー、これは下がりましたな。FM帯がちょっと淋しい気もしますが、CWとSSBはバッチリです。もう少し切っても良いように思いますが、とりあえずここまでにしておきましょう。

「ステンレスエレメントが硬すぎて切れない!」という方のご参考になれば幸いです。

第162回-全市全郡お気楽参加。でもオールバンド。

ちょっと古い話題になりますが、全市全郡コンテストに参加しました。結果集計の時間がなくて、ブログアップが遅れてしまった(汗)。

全市全郡はちょいレアな渋谷区に移動したりして、過去にはかなりホンキで参加していましたが、今年は家庭の事情、仕事の事情、疲労困憊していたという事情等々から、自宅品川区からのアパマンお気楽参加となりました。結果は-

acag-2013.gif

ちょっと横軸が見にくいですが、深夜1時ごろのスタートでまずは3時まで。翌日は8~10時台と17、18時台に出ました。

「お気楽」とは言いながら、せっかく自宅から出るのならばと3.5-7-21-28-50-144-430MHzの順で、QRV出来る全バンドに挑戦。品川区のJCC100109を打つのが面倒なのでCWは出ずにSSB/FMのPhoneのみで参加しました。

いや、さすがに、この短時間に3.5から430まで出ると色々と感じるところがありますね。

モビホ+50Wでも深夜ならば3.5MHzも結構楽しめました。午前中の7MHzもまぁまぁ。但しいずれもSWRが十分下がっているところのみ。ちょっとズレてVSWR=2.0に近づくと急に拾って貰えなくなります。

そしてどちらも1エリア関東地方よりも、3エリア、7エリアあたりの方がQSOはスムーズでした。7MHzで2エリア岐阜から「モビホですか?59+10dBくらいで来てますよ」とのお言葉もいただき、悪くない飛び。むしろスキップする神奈川や埼玉が微妙でした。それにしても自宅モビホからこんなに真剣に3.5MHzをやったのは初めてだ。

21、28MHzは静かでしたね。4月のALL JAは結構28MHzで盛り上がったのだけれど…。50MHzもちょっと静かな印象。144MHzはほぼ唯一、短時間ながらまともにランニングしたバンドです。2mのSSBは相性がいいのか、いつも気持ちよくランニングさせてもらっています。

実は3.5と7MHzで「都内品川区!」を強調しながらCQコンテストを出していたのですが、どちらも呼ばれたのは1局ずつ?! 特に3.5MHzはそれほど多くの局が出ていたわけではないので、全ての市郡が「レア」という感じで品川区もさほど目立たず(苦笑)。
144MHzでは「あれ?今回は渋谷区でも港区でもないんですか?」と言われ…来年は例年通りどちらかに移動しますよ!

ズッコケたのが7MHzで3エリア局を呼ぶ時に「品川区って言ったらありがたがられるカナー!」と思っていたら…私の直前の局が品川区だった!! ギャフン! コントか?!

Home > 2013年10月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top