Home > 2014年12月

2014年12月

第186回-お待たせしました!モビホ50W Wkd 100-Entへの歩み

全国1000万のベランダモビホDXerのみなさま、大変お待たせ致しました。再開局から丁度5年間、先月11月初旬に達成したWkd 100エンティティのご報告&分析です。
さすがに年末は仕事が忙しく、なかなか集計が出来ませんでした。今回のブログが、アパマン・モビホ派、3級Dxerのお役に立てれば幸いです!

◆1.まず設備のおさらい

shack-2.jpg

<RIG>
1) FT-817ND:2009年11月の再開局時に購入。2012年8月のQROまで実は延々5W QRP(これしか持っていなかったから)
2) FT-897DM:2012年8月末から50W局にQRO。3級取得に伴い購入。以降今日まで使い倒し!

ナショナルの名機RJX-601もありますが、さすがに3Wの6mAM/FMではDXは未経験。FT-897の6mAM(12.5W)ではHL数局とQSOしています。

HF15CL_550-2.jpg

<ANT>
1) 3.5MHz : Mobile Whip (Comet HFB-80)
2) 7MHz : Mobile Whip (Comet HFB-40)
3) 18MHz : Mobile Whip (Diamond HF16CL)
4) 21MHz : Mobile Whip (センターローディングDiamond HF15CL, ベースローディングHF15FX)
5) 24MHz : Mobile Whip (Comet HR28+Extension element)
6) 28MHz : Mobile Whip (Comet HR28)
7) 50MHz : Mobile Whip (Comet SB14) or Mizuho Pocket Dipole

但しDX QSOをしたのは7~50MHzまで。3.5MHzのDXは未挑戦。このほか144、430MHzの小型八木もあるがこちらもDXは未挑戦。
バンドでは15mが圧倒的で82-Ent、10mが63-Entになっています。しかしWARCバンドも珍局ゲットに役立っており、17mが21-Ent、12mが17-Entです。でも12mのアンテナ、コレなんですけどねぇ(これでAFとQSO!)。モードで見るとCWが78-Ent、SSBが83-Ent(すべてのべ数です)。1年半しかやっていないCWがかなりのピッチで追い上げていますなぁ。
モビホはすべてベランダの手摺りに付けたコメットの同じ基台に付け替えて使っています。9階建てマンションの4階で地上高10m。ATUは持っておらず、7MHzのHFB-40はCW/SSBに合わせて六角レンチを持って家の中を疾走しています(笑)。

◆2.どことつながって100-Ent?

ent_list.gif

wac_graph.gif

以上の通りです。ともかくOCが多い! 東京23区内、山手線の駅から至近とはいえ、大井埠頭まで歩いて十数分というほとんど「海っぱた」のような特殊環境ゆえ、JD1小笠原、KH9 Wake Is.から遠くはHC8ガラパゴスまで実に4割をOCで稼いでいます。ほんと、私にとってはOCがエンティティの源ですよ。
次がASかと思いきや、QSO数は少ないもののEUの27が二番手。あまりに海側に位置しすぎてなんと自宅が関東平野に乗っておらず、「関東平野という巨大な崖の麓」に住んでいる状態。AS、EUとも崖の向こう側なので、いや、弱い弱い(苦笑)。しかしここ1、2年の好CondxのおかげでメジャーなAS、EU諸国ともそこそこに繋がっています。
なぜかご縁がないのがEAスペインとHBスイス。地中海と東欧、中東、カリブにも取り逃しがありますが、まぁ、それは今後のお楽しみということで。

なおwkd 100までの総QSO数は国内含めると4082、DXのみでは1303。雑な計算で「DX13局に1局がエンティティに寄与」というか、「DXと13-QSOするとNewにアタル」ということになります。

とまぁ、ご覧の通りAFと1局しかQSOしていなくても、100-Entは可能なのです! アムステルダム島FT5ZMを外して、AFなしでDXCC申請してやろうかとも思いましたが、せっかくなので1-Entだけ入れておきます。それにしてもFT5ZMはリアル59! ホントに強かった!!

◆3.≪特別企画≫タイムラインで見る100-Entへの歩み

今年の4月、Wkd-90の時に「第172回-1000-QSO、90-Wkd、75-Cfm記念、大陸別に集計してみた」として実際のQSO数とエンティティの関係、つまり交信頻度、繋がりやすさとエンティティについてまとめました。
同じことをやっても面白くないし、実はあの集計、全QSOをエンティティ&大陸別に仕分けなければならずものすごくタイヘンなのです(苦笑)。

さて今回は…と、先日登録したCLUBLOGを眺めていると"Timelines"メニューの中に"First Worked Dates"なる一覧が。むむむ、これをExcelに取り込めば、エンティティの増加を時間軸のグラフに出来るのでは?…やってみました。じゃ~ん!!

ent_graph_new.gif

それでは時代毎にこの5年間を振り返ってみましょう。

◇2009年再開局から2012年8月まで-QRPでも20-Ent

グラフ左下ののんびり期です。V/UHFと7MHzの国内QSO中心で山梨や長野やAJDで大喜びしていた時代。そもそも5WのSSBオンリーです。なにしろ1978年に取った電話級のままだったので。
'11年1月に自宅からの40mSで韓国HLと繋がりちょっとびっくり。2カ月後の'11年3月、東日本大震災5日前のARRL Interの15mSで天王洲運河からW西海岸、BY北京、KH2グアムと繋がりここでDX開眼! この時は5W+八重洲のATAS-25でした。
「5WにホイップでもDX出来るんだ!」と驚き、コンテストを中心に21MHzのSSBにQRV。1年半でジャスト20-Ent。VK、ZL、UA、YBなどW西海岸以外は全てAS、OCの近場でした。1mしかないHF15FXでよくやったものだ(笑)。

◇2012年9月から-3級取得、まずは50WにQRO&アンテナ長く+10m QRV

2012年の7月に3級合格。8月末に50WにQROし、せっかくなのでアンテナも2m長のセンターローディングに。そしてこれからがスゴカッタ(笑)。'12年秋シーズンの5カ月で一気に35-Ent追加して55-Entになっています。まぁ、それまでが20ですからね。コンテストのたびに10upとか、15upで。QROや15mのアンテナ変更も影響が大きかったですが、10mへのQRVも非常に有意義でした。いや、10mは本当に面白い!
この時からPY、LU、CX、XEなどの中南米のほかCOキューバ、HCエクアドルなどDXらしいところとも繋がり始めました。FやPA、CTなど、西ヨーロッパとの交信もここでスタート。しかしこの頃にCWやってればなぁ…。

◇2013年5月から-CW開始。堅実に稼ぐ。

ご覧の通り、60-Ent付近で微妙な「横這い」状態に。「いよいよかなぁ」と極秘特訓を経て'13年5月のCQ WW WPX CWからCWを開始。ビギナーズラックでガラパゴスHD、バヌアツYJなどいきなり2upし、すっかりCWの虜に。
'13年の秋シーズンはSSB、CWの二刀流でEU、OCで堅実に稼ぐ。EUはイングランドG、スコットランドGMから東側の5Bキプロス、LZブルガリアまで広くカバー出来るようになり、OCは3D2 Rotuma Is.やT33 Banaba Is.などオイシイところも。

◇2014年1月以降-OC+EUで同じ方向性を維持。

'14年2月にFT5Zと15S、12Cで繋がり初AF。3月には南極RI1ANCと15C、10SでQSO。以降、'14年もEU、OCの取りこぼしやIOTAペディでじわじわと稼ぎましたが、まぁ、ここ1年はNewのほとんどがCWになっています。理由は「飛ぶから」。具体的にはA35トンガやT32東キリバツ、VK9シリーズなど、OCのペディが多いですね。そして'14年11月2日のLYリトアニアでwkd 100-Ent完成しました。
トピックスとしては7MHzのSSB、CWで順調にW本土と繋がるのがわかったこと。西海岸だけでなく、OR→CA→ID→AZ→CO→NM→TXまで繋がっています。SSN下降のこれからは、真夜中にコツコツと7MHzのCWでもやるかなぁ。

DXCCの申請はまだまだです。今日時点でWkd 103-Ent、QSLカードcfmが95、LoTWは82と、「cfm 100」は道半ば。春までに申請出来ればいいなぁと。
'13年5月の50W CW開始以降のグラフを見ると、一定の勾配で直線的に増えていることがわかります。このペースで伸び続けて、この先にはオーナーロールが待っている…ワケはないので、デジタルモード進出、2級取得で10、14MHz QRV、100W以上にQRO、移動運用で巨大アンテナ使用等々、次の楽しみ方をどうするか? ううむ…。

さてさて、ご参考になりましたでしょうか? 算数の苦手な文系人間でも3級の資格で、素人臭いCWで100-Entまではイケます、という記事でありました。いや長いな。長文御免。

第185回-過去最速のDX QSL?!

今日帰宅するとイギリスからエアメールが。封筒からするとOQRSの戻りで、「10月に申請したどれかのペディション分かなぁ」と開封すると…

A65BD-QSL-2.jpg

びっくり! UAEドバイのA65BD。これ、先々週の土曜日、29日の午後に交信した分なんですが!
しかもOQRS申請は週明けの2日(火)。交信から9日、OQRS申請から7日、ジャスト1週間しか経っていません。

国内のカードだってこの速さじゃ来ないでしょう。過去にもフランスのF5NBXからSASE発送から8日間で届いたことがありましたが、いや、早い人は早いね!!

対照的にIRC入れてGS入れて返信用封筒(もちろんフタには両面テープ付き)もちゃんと入れて、それでも何年経っても返って来ない焦げ付き局もありますなぁ…(郵便事故で届いていないかも?!)。

ともあれ紙カード1up、cfm94になりました。びっくりした…。

第184回-CQ WW DX CWは一応収穫あり?か?

Mauritius_550.jpg

みなさんおつかれさまでした! 年内ほぼ最後のメジャーDXコンテスト、かもしれない、CQ WW DX CWが終了…まだしていませんが、当局は30日18:00で一足先に終了。今年はコンディションがかなり良かったので各局ともかなリの盛り上がりだったのでは? それでは今回もトピックス別に書いて行きます。

◆今回の目的は「厳選!WAS追加とDXCC補強」

BA、VK、UAなどエンティティupに関係のないところは一切呼ばず、Wの州狙い=WAS追加と、DXCCの補強=102、103エンティティ以降+重ねて押さえておきたいところのみを狙い続けました。参戦は7、21、28MHzの3バンド。従ってWを呼ぶとき以外はほとんどがワッチで、丸2日間の参加で72Q、198point、のべ21Zoneで9900点だそうですが、この得点は全く関係ナイ! 気になるエンティティはというと…

2014_CQ_WW_CW_Ent.gif

…全く個人的な諸般の事情から、やたらと地味なところが並んでいますが(苦笑)、一応2up。長らく逃していたA65 UAEと、3B8モーリシャスで103エンティティになった”ハズ”ですが…。
あれ? ナニゲにWAC完成してるっぽいな。

◆3B8モーリシャスはまたしても「モヤモヤQSO」?!

UAEはフルコールのコールバックがキレイに聴こえたので100%大丈夫でしょう。問題は3B8モーリシャスで…

-3B8「ガガガビビビL1Kガガガ5NN3N」
-KLK「(タイミング的にも俺だよなぁ。エイッ!)de JL1KLK 5NN25」
-3B8「(絶妙のサイミングで)TU」

…これ、多分QSO成立していると思いますが(苦笑・成立の願いを込めて美しいことで有名なモーリシャスの海の写真を載せております)。なにしろ「繋がりやすいところ100カ所やって”その次”」ですからね(しかもモビホ)。これからはこういうモヤモヤQSOが増えて来るんだろうなぁ…。

【12月1日お昼休み追記】通勤途中にスマホを見たらUAEのA65BD、夜中のうちにLoTW QSL来てました。速い!凄い!ウレシイ!

【12月4日夜に追記】今朝通勤途中にスマホを見たら上記モーリシャス3B8MU、LoTW QSL来てました。やっぱり成立していた!貴重なAF2局目、しかも今度はFT5ZMのインド洋に比べほぼアフリカ!(←当社比)


◆その他DXCC補強カンケイは?

先日モヤモヤっと繋がったLYリトアニア(別の局)が今度はクリアに繋がりました。SSBがNILでモメているVU4KVも15mCでwkd。あとG5イングランドとQSOしましたが、3局目にしてミタビ"No Card, LoTW Only"。イングランド方面ではもうQSLカードなるものは絶滅しているのでしょうか?
その他、米領サモア、カンボジアなどもソコソコのパイルに勝ってQSOしましたが、実はどっちもCfm済なんだよなぁ…。
歯が立たなかったのはA45オマーン、CNモロッコ、SUエジプトなどなど。カリブもご縁がありませんでした。

◆「Wの州狙い=WAS追加」は?

29日日中の10、15mはホドホドのオープンで西からCA、OR、ID、AZ、CO、NM、TXなど、TXが最遠なのでタイシタことない。ところが30日朝の10mが東海岸までガンガンオープン! 0630から一気に30-QSOしてOH、WV、NJが初交信。中部はWI、IL、南はGA、FLまで飛び、いやいや楽しかった&忙しかった! 特にNJは嬉しいなぁ!
ちなみに29日の就寝前に7MHzでちょっとだけ遊びまして、22:00から23:30までW、VE限定で12-Q。毎度お馴染み1m長のベースローディング、コメットHFB-40でどこまで飛ぶか? ハイこれ↓です。

CQ-WW-Ph-2014-05.jpg

結果は北西から南東に順番にOR→CA→ID→AZ→CO→NM→TXまででした。1m長ベースローディング、50W 7MHzの限界は現時点ではテキサス州でしたー! なおWASの状況は只今集計中です。先日はSSBでWと出来たし、ベランダモビホでも7MHzのDX楽しめるじゃん!

◆その他モロモロ

なにしろ縦振れオンリーで70Q超、初日の夜頃から見事に手崩れしまして、皆様にみっともない符号を…。あわやNo QSOみたいな局面もあったので、二日目の朝に色々反省しまして。
まず縦触れは教科書通りに反動を使わないとダメですね。手首を支点にスナップで打つ。特に私のようなLやKが交互に出てくるサンドイッチコールの場合は、スナップを忠実に利かせないと最悪ミスコールします。いわゆる「手打ち」は良くないということを痛感しました。あと姿勢も良くないとダメ。初志貫徹。昔はちゃんとやっていたのだ! 実はこれこそが今回の最大の収穫かも?

12月にはARRL 10mがありますが、さすがに12月中旬はどうかなぁ? 去年はソコソコ飛びましたが、今年はSSNも落ちているし、去年はなかった子供の世話もあるし、さてさて…。

Home > 2014年12月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top