Home > 2015年07月

2015年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

第205回-蓼科高原-新宿駅のパスを調べてみた

◆その経緯

この三連休の土曜、日曜に、現在の実家である蓼科高原の山荘に行きました。標高1430m。但し目的は無線ではなく家族関係。猫嫁と一歳児同伴。猫嫁から「まさかムセンキ持って行かないでしょうネ!!」と言われるツライ旅ですが…430MHzのFMポケトラC-460と5/8λ2段のモピホをこっそりと「密輸」。

山荘のベランダに付けて日曜の0800台にCQ。すぐに伊那市、辰野町、原村などからお呼び頂きましたが、ツイッター経由で都内・杉並区のJP1LRT局から「聞こえないーー!」とのご連絡。

杉並区ならば中央線沿線で経路的には蓼科方面には近いハズ。しかもLRT局はかなりのFBな設備でワッチされているハズで…。確かに過去数回の運用でも東京方面はサッパリだったな。さらには某局から「アナタのご実家の方で移動運用したけど関東地方が全く開けなかった」と言われたこともあり…。

というわけで、帰京後に一念発起。蓼科高原と都内のパスを調べました。

◆蓼科-新宿こんな感じ

「こういう時は”カシミール”を使うんだよな」とインストールするも、標高データの設定が面倒で面倒で面倒で(苦笑)。精度は落ちるがなんとGoogle Earthに最初からその機能が付いていると知り、そちらで見ました。ちなみに距離は138kmだそうです。実はそれほど離れていません。

tateshina-shinjuku_mini_02.jpg

結論として「こりゃV/UHFはダメだ」ですね。
ブログの都合で小さくて見にくいですね。フルサイズの画像はこちらをクリックしてご覧ください。

・まず断面図の左端、蓼科側起点は「蓼科湖駐車場」にしました。ビーナスラインの途中。昔のマリー・ローランサン美術館(2011年閉館)のところです。ここは標高約1250m。実家はここより200mほど高地です。

・ご覧の通り4つの壁があります。まず①がご存知八ヶ岳。天狗岳2646mと根石岳2603mの中間部2400m付近を抜けることになり、起点からの高低差は1000m以上。まぁ、ここでほとんどブロックされるかと。

・八ヶ岳の山頂を狙って、山岳回折で飛んだとしましょう。ところが②に二つ目のピークが。ここは長野と埼玉の県境付近、大山から十文字小屋2035mに抜けるあたりです。ここも2000mクラス。

・もう一回2000m級に当たります。③は白石山(和名倉山)2036m。「安易に入ると遭難の危険がある」そうで…。

・なんともう一発ある。④は関東地方のハムの皆さんにもおなじみの雲取山2017mです(正確には長沢背稜付近)。雲取山は品川区の当局にもガンガン入って来ます。ううむ、ここまで来ないとV/UHFはキビシイということか?!


◆V/UHFの過去ログを見てみた

まずは2012年5月のALL JAコンテスト。FT-817ND 5Wにポケットダイポールで6mSで25局くらいQSOした結果は…

nurinuri_01.gif

うううううむ。膨大な参加局がいるハズの東京、埼玉、神奈川がゼロ! ちなみに蓼科(茅野市)は「野」の字の下あたりです。この時は名古屋市内と京都市内がガンガン呼んできたんだよなぁ。

逆に自宅品川からのQSOでは…八ヶ岳そのものに移動してしまえばQSOは可能ですね。原村と2mSでQSOしています。His51/My53。あとは八ヶ岳の南で伊那市と2mS、東に降りて南佐久郡川上村6mSでHis58/My59、おお強いな。佐久市や小諸市は八ヶ岳に絡まないので2mや6m、時には430でも繋がります。ちなみに私自身、実家のある茅野市とのQSOはゼロです。

◆考察

茅野駅~蓼科湖~ビーナスラインが微妙なんだナァ。茅野駅の標高はこの界隈では「低め」の790m。駅前の茅野市役所は「日本一高い所にある市役所」ですが801m。東側にそびえる八ヶ岳は2500m以上なので市街地からのV/UHFは極めてキビシイでしょう。

それでも蓼科高原の1500mレベルまで来ればどうにか山頂をかすって行くかと思いましたが…断面図を見る限りはナカナカ難しい模様。すごいなぁ八ヶ岳。

しかし「難しい」と言われれば挑戦したくなるのがハム精神(?)。6mSあたりでどうにかならないものか? いや実は2mSか?

「いや、都内近郊から蓼科QSOしたよ」という方がいらっしゃればぜひご一報を。ちなみに茨城まで行くとなぜか繋がる模様です。実家から6mSで筑波大学とQSOしています。フシギ。

第204回-6m AND DOWNに1200MHzシングルバンドで!

前回のブログで告知した通り、今年の3月からQRVしている1200MHzの実力を試すべく、4日、5日の6m AND DOWNに1200MHzシングルバンドで、ずーっとQRVしてみました。しかもせっかくの「シングルバンド・オールモード機」(下記写真。ヤフオクでポチったIC-1271)なので、CW、FM、SSBの電信電話(X1200)で参加しました。さて結果は?…

◆まずは秘密兵器?!

ベランダ4階に立てた10エレループ八木、小さなアンテナですがさすがに1200MHzとなるとビームが切れる。しかしローテーターを買うお金もなし…というわけで、土曜日の昼にアキバに行き、アンテナを取り付けている小型のクロスマウントを追加購入。ベランダに落ちていた(?!)物干しの破片と組み合わせて、「手動回転用レバー」(テモテーターレバー?)を付けてみました。

2015_6D_pic01.jpg

最初は好調。途中からストレートジョイントがひっかかり肩や腕が痛くなりましたが(苦笑)。1200ならば、「ちょっと待ってクダサ~イ。アンテナ回してみまーす。が通じるので、これくらいで十分です。手動ながら効果も絶大でした。

◆シャックと結果は

CWにも出るので、ベッドとベランダのわずかなスキマにログからメモからバカデカいハイモンドの縦振れ電鍵やら(苦笑)。こんな感じのセッティングで-

2015_6D_pic02.jpg

・得点:71QSO (=FM53+CW15+SSB3) × 8マルチ = 568点
・マルチ:東京10、神奈川11、千葉12、埼玉13、茨城14、栃木15、群馬16、静岡18


タイムレートはこんな感じでした-

2015_6D_graph.gif

◆感想

・今年で開局38年目ですが、1200MHzは今年の3月から。FMではちょこちょことQSOしていたものの、CWとSSBは初めての経験でした。CWは430がちょっと静かになった感じ、SSBは同じく430がものすごーく静かになった感じ…というか、SSBでCQ出してたの、私だけでしょうか?! CWはそこそこ盛り上がっていましたね。

・上記の通り、関東一円、栃木15、群馬16含め問題なく飛んでいます。当局の場合、144MHzが3エレにしては飛びすぎの観アリ。それと比較するとイマイチではありますが、1200MHzもこんなシンプルなアンテナでもそれなりに飛ぶモンですね。
18県は移動先が良いのか59+20dBで入る局もいました。ちょっとびっくり。山梨17と7エリア、0エリアが出来なかった。福島、長野あたりは密かに期待していましたが…。

・繋がるかどうか微妙なところだった当局からすると池袋サンシャイン60裏側(になるのかな?)のJM1EKM局とはCWでQSO。ううむ、やはりCWはチカラヅヨイ。他にもお馴染みさん数局。1200で繋がるとちょっと新鮮な感じ(?)ですネ。

ご覧の通りホンキで上位を狙っている局、山岳移動で出続けていた局からすると、ショボショボの結果ですが、QSOが多からず、少なからず、育児の合間に自宅からコンテスト気分を味わうには1200MHzって丁度いいな、というのが感想でした。

そしてコンテスト名物、夕食当番。今夜は中華丼を作りました。これが我ながら意外なウマサ! 家族にも好評でめでたしめでたしの週末でした。

2015_6D_pic03.jpg

Home > 2015年07月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。