Home > 2017年09月

2017年09月

第232回-ハムフェア2017-話題の"GAWANT"でちHF手持ち運用!

今年も行きました。ハムフェア2017。土曜日の午後からです。
かねてからお伝えしている通り、週末は育児も忙しく、三歳娘の英会話学校で娘と一緒に飛んだり跳ねたり踊ったりしてから参戦。会場到着の13:00時点で既にかなり疲れていました(苦笑)。

20170902_131334_550.jpg

◆ 買ったぞ"GAWANT"、出たぞHF!

今回のハムフェア参加はほとんどこれが目的でした。いまネットをザワつかせている「手持ちのFT-817でHFに出られる!」というGAWANTアンテナの購入です。

20170904_074503_550.jpg

製作者のJF1QHZ有賀さんは実はご近所さんでありまして、かなり前からのお知り合い。その名も「しながわハンコ倶楽部」というブースでご本業のハンコの受注とGAWANTほか無線グッズの販売をされていました。

ネットでの評判を見て「こりゃちょっと大変なことになるのでは?」と予想。GAWANTは事前に取り置きをお願いし、初日の午後に受取りに。予想通りに初日分は開始1時間強で完売。2日目分も見事完売だったそうです。

さて、GAWANTを購入したその場で、フル充電したFT-817NDに接続して「HF手持ち運用」。ロッドアンテナが1.5mありブース前や通路では危険なので「実演販売」ということで、ブースの中側に入れて頂きました。
ロッドを延ばしてポリバリコンでチューニング。ノイズの最大点を探し内蔵SWRインジケータで微調整します。凄いな。本当に1.0近くまで落ちる! 私が購入したタイプは14~29MHzでマッチングが取れるそうです。

そして8J1HAMと21MHz、18MHzの順でQSO。「JL1KLK/1、会場内からのハンディ運用です」。V/Uならともかく18MHzで「会場内からのハンディ」?! これをヤッテみたかった!

20170903_120737_550.jpg

QSO直後にブース前のお客さんからなぜか拍手まで頂戴し(笑)、少しはハンコ倶楽部さんのお役にも立てたでしょうか? (思いのほかロッドが長くQSO後にすぐ仕舞ってしまいましたが。歩きながらはちょっとムリ…)。

ちなみにこの魔法のようなアンテナ、上の回路図にある通りEnd Fed Half Wave Antenna Coupler、いわゆるEFHW、ツエップ(は厳密に言うと微妙に違う定義らしいですが)ですね。
しかしGAWANTの人気の秘密は、このデザインではないかと。タカチ製の無地のケースに黒いダイヤルが1個。ポリバリコン調整用で付いているのがあの懐かしいAMダイヤルという!!
この美しさ、見事さが人を惹きつけるのでしょう。欲しくなりますよ! これは!


我が地元、品川が生んだ平成の名品"GAWANT"については、これからも実践編をこのブログでお伝えして行こうと思います。

◆ 夜の部-飲み会とAA TESTの両立を試みるも…

夜の部は新橋に場所を移し総勢30名で19:00からスタート。二次会は10名程度で23:30頃まで。丁度AAコンテストをやっていたので途中新橋駅前の裏路地や、地上4階の居酒屋の窓際から"CQ AA contest, This is..."と21MHzのSSBで参戦するも応答はナシ。

おかしいな。電波はしっかり飛んでいるハズなのに。ちょっと時間が遅かったから、海外局もう寝てたのカナ?!

◆ おまけ-「辰巳会」?!

さてその新橋での夜の部で、やはり集まるのは同世代のオジサンたち。「昭和40年生まれ、多いですよね」、「コールも近いですね!」と盛り上がりましたが、よく聴いてみると昭和40年早生まれと40年4~12月、さらに昭和39年の4~12月がいたり、昭和41年の早生まれがいたり。

学年的には私(昭和40年11月生まれ)の同級生と1年先輩が混ざっており、そしてこの2学年にいまだにヤマのようにハムがいる。「スカイセンサーとかクーガーの発売時期と関係しているのでは?」という説も出ました。ナルホド。

こうなるとプロ野球のように「昭和40年会」と名付けるのもナンですね…となって出てきた名前が「辰巳会」。確かにその通りですが、これでどこか予約すると「歓迎・辰巳会御一行様」と書かれて、なんだか「龍が如く」みたいな?!(何の団体だ?御神輿か?…)

Home > 2017年09月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top