Home > スポンサー広告 > 第9回-電子申請をやってみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://jl1klk.blog51.fc2.com/tb.php/12-9f393d09
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from HAM & BCL 同時復活 | あの頃のラジオ少年が30数年ぶりに…

Home > スポンサー広告 > 第9回-電子申請をやってみた

Home > HAM再開への道のり > 第9回-電子申請をやってみた

第9回-電子申請をやってみた

20081114074306-3.jpg


FT-817NDとATAS-25をネットで購入。やっと再開局申請に辿り着きました。実は今から数年前にも再開局を考えた時期があり、開局申請用紙だけは買ってありました。「まだ使えるのかな?」とネットで検索してみると…。

「平成17年5月9日よりアマチュア局の免許申請書の様式が変わりました。このため旧様式の申請書は平成17年5月9日以降は使用できなくなりました」、「総務省が電波利用電子申請・届出システム Lite Webサイトオープン」、「住基カードやカードリーダを使わずにアマチュア無線の開局や再免許申請などができる」、「平成20年4月1日から電子申請の手数料を引き下げ」-こりゃ電子申請でしょう。
さらに検索すると、「お役所仕事なのに、すぐに免許が下りた」、「手数料引き下げで安くなって良かった」とも書いてあります。

もともと手書きで申請書を作成するつもりはなく、パソコンで打とうかと思っていたので、「どうせ画面から入力するならば」と電子申請に決定。さてさて、以下、ポイントのみを書いて行きます。

1.ブラウザでちょっと苦労

私はWindows XP(SP2)上で、サードパーティーがリリースした「Sleipnir」というブラウザをメインとして使っていますが、これが全くダメ。電子申請画面が、あるところから全く進まなくなってしまいました。
王道はどうだとIE7で試しますが、これも現象は同じ。セキュリティの設定や、セキュリティソフトをいじってみましたが状況は変わりません。
「こりゃ電子申請は諦めか…」と思ったところで、最後のトライ。Windowsではほとんど使っている人のいないMozilla Firefoxをインストールして、再挑戦すると…全く問題なく動きます。
結局、それからしばらく、電子申請専用としてMozilla Firefoxを使っていました。ちなみに同様の現象が、海外SNSのFACEBOOKでも発生。現在Mozilla Firefoxは、電子申請とFACEBOOK用になっています。

2.気になる申請期間は

これはよく話題になりますね。以下、日にちを書いておきます。2009年秋時点の関東総合通信局での実績です。

1) ユーザーID登録依頼:11月4日(水)
2) ユーザーID郵送:11月6日(金)
3) 開局申請入力:11月7日(土)
4) 審査終了:11月27日(金)

ネット上では「1週間で開局した」なんて話も見かけますが、私の場合は暦日で20日間でした。この期間は地域(総合通信局)によって異なる模様。初回開局の1978年頃には「局免交付は約2カ月」と言われていたので、これでも早い気がしますが。ちなみに局免を完全に失効してしまった場合(失効から6カ月以降)は再免許申請ではなく、新規免許申請(新規開局)になります。
実は「ウワサよりも遅いなぁ」と思い、11月26日に電話で問い合わせているんですよ。「いまちょっと混んでて。すぐに処理します」という対応でしたが、それが効いて、翌日交付…とは思えませんが(笑)。

3.ネット経由で「旧コールサイン復活」は?

可能です。申請画面の2画面目に「呼出符号」欄があって、ここで「旧呼出符号希望」にチェックをして旧コールを入力。これだけでは本人確認が出来ないので、私は大事に持っていた局免をスキャンしてPDF化。画面からアップロードしました。局免を紛失した場合は、JARLで証明書の発行サービスを行っています。

4.費用支払は?

これは指定口座にネットバンキングで支払いました。ネットバンキングを開設していない場合は、銀行に行って納付することになります。お役所相手なので、クレジットカードは使えません。残念。

5.免許状はどう来る?

さすがに免許状はネット経由ではなく、昔の通り郵送されて来ます。ちなみに返信用封筒を申請と同時に該当の総合通信局に送っておかなければならず、しかもこの「返信用封筒の到着/未着が審査期間に影響する」というウワサもあり、私は申請入力と同時に速達で送りましたが、まぁ、これはあまり関係がなかったみたいですね。でも、空いている総合通信局では影響するのかな?

この種のネット申請入力を「面倒くさいなぁ」と思う私でも、どうにか最後まで辿り着けたので、面倒くささでいうと「実用の限界ギリギリ」というレベルでしょうか(笑)。事前のユーザー登録も必要ですし、開局時に書いたあの免許申請の全項目を画面から入力するわけですから、一応それなりに手間はかかります。
ちなみに局免到着後、JARLの入会申込みもネットから行いました。こちらは特に特筆すべきところはないでしょう。

2009年11月27日、初回開局から31年11カ月ぶりに、JL1KLK再開です。
なお、申請時はこちらのサイトが一番役に立ちました。あわせてご覧ください。

◇博多んもんの徒然草・よもやま話「アマチュア無線の電子申請とコールサイン復活」
http://rainbow.kicks-ass.net/dcame/today/to20080617.htm
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://jl1klk.blog51.fc2.com/tb.php/12-9f393d09
Listed below are links to weblogs that reference
第9回-電子申請をやってみた from HAM & BCL 同時復活 | あの頃のラジオ少年が30数年ぶりに…

Home > HAM再開への道のり > 第9回-電子申請をやってみた

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。