Home > HAMあれこれ > 第14回-50MHzAMの黄金時代?

第14回-50MHzAMの黄金時代?

10月初旬の三連休に久々に実家に帰り、古い無線機や機材、そしてQSLカードを引っ張りだしました。QSLは約700枚もあり、バンド順、エリア順に仕分けるのに3日もかかりました。すべて1978年から1981年頃にかけてのものです。そしてまとめてみたのが下記のグラフ。1979年から1980年の、50MHzの交信状況です。

6mQSL-4.jpg

横軸がエリア、縦軸がQSL枚数で電波形式で分割されています。7MHzの約400局に対して、50MHzも最愛のNational RJX-601で123局!注目すべきはAMの隆盛と国内DXでしょう。

1980年前後は6mAMでCQを出したり、週末にワッチしていれば1、2年で100局以上繋がったのですねぇ。いまのSSBの感じかなぁ。
当時の自宅は神奈川県の逗子市だったので、3エリア以降は全てEスポによる異常伝搬です。これがまた素晴らしい。ビミョーな距離の5エリアや4エリアとも、AM3Wで59+で繋がっています。トータル123局中、Eスポが33局(AM29+FM4)。サイクル21のマジックですね。

しかも当時のアンテナは前代未聞の、「同軸ケーブルの先のM型コネクタのオスに、犬小屋の修理で余ったハリガネを括り付けたダイポール」で、21MHzの3エレを載せていた屋根馬のステー(デベロープ)に逆V型で結びつけていたもの。平屋だったので、地上高はせいぜい5mくらいじゃなかったかなぁ。それであわや50MHzAM特記AJDという勢いですからね。もう、アンテナもパワーも、どうでも良かった時代?かもしれません(笑)。
そういえば、夕方から数時間めちゃくちゃにオープンして、1~9エリアまで順番に繋がったこともあったなぁ(9のカード未着ですが)。あわや「50MHzAM特記1day AJD」ですよ。あの日の興奮は30年経った今でも良く思えています。

面白いのは相手局も90%以上がRJX-601だったこと。このリグがいかに「国民的名機」だったかがわかります。ちなみにその他では井上(現ICOM)が多く、AM-3D(1972年発売)、IC-71(同'69年)、そしてFDAM-3(同'68年)が現役の時代でした。懐かしいですね(笑)。

しかし、あれほどに賑わっていた6mのAMが、なんでこんなに静かになってしまったんだろう?上のグラフを見る限りは、伝搬に関しては全く不自由はないのに。SSBに比べて弱い?そりゃ多少は弱いかもしれませんが…。

「出られる良いリグがないから」という声もあれば、「ユーザーがいないから良いリグが発売されない」という声もある。これはニワトリタマゴの議論でしょう。しかし元RJX-601ユーザーとしては確かに「良いリグがないから…」と感じます。RJX-601があったから、当時の6mAMの隆盛があったのかもしれません。例えて言えば稲尾時代の西鉄?古すぎて申し訳ない!!

ここで「21世紀のRJX-601」ともいうべき6mAMの名機が発売されたら、一気に火がついて…となりますかどうか。21世紀の名機FT-817は私も使っていますが、6mAMモードはイマイチ。昔の形式でいうとA3Hという少々やっかいな変調だという話もありますね。

skp.jpg

そして上記が北海道最東北端、羅臼町からのQSL。JA8SKP局、1979年5月9日にAMで交信。Myシグナルは57、距離は1081kmです。またこんなDX QSOがしたい!あの暖かい音で交信したい!サイクル24に期待しましょう。


スポンサーサイト

Comments:4

海太郎 URL 2010-10-20 (水) 22:51

なつかしいです。6m・AMですね。今も、トリオのリグがあります。Eスポとか、取ってくれないこと分かりつつ、呼んでいましたね。
最近、と言っても、ここ1週間くらいですが、2mSSB出てます。

サダナリヒロシ URL 2010-10-21 (木) 17:46

海太郎さま、メッセージありがとうございます。
トリオで記憶にあるのはTR-1200以降です、1300でSSBになって、TR-9300という名機に繋がったと記憶します。固定ですとTR-5200から大ヒットしたTS-600がありましたね。TR-1200、TS-600との交信は非常に多かったです。懐かしいです。

dd URL 2010-11-23 (火) 14:31

懐かしいねぇ・・。私も50MHzに出てました、神奈川です。KLKさんってCALLも聞き覚えがあるような・・・。
TR1300+自作リニアでSSB、頂き物のスカ6でAMやってました、管球機は深い変調でFBでしたね。

海外DXも出来ましたよね~、プアな私の環境でも26カントリーくらいQSO出来たと記憶しています、
とにかく夢中で声を張り上げていましたっけ・・・hihi.

しばらく前にFT-625Dをオークションで購入、やっと手に入れた・・・と喜びましたが、放ったらかし状態です・・・。

73

サダナリヒロシ URL 2010-11-24 (水) 22:21

ddさま、コメントありがとうございました。そうですか!聞き覚えありますか?! 「子門真人とサフィックスが同じ」と言われたのも今は昔。いまや子門真人自体が知る人ゾ知るですからねぇ(苦笑)。
スカ6はさすがに経験なく、使ったことがあるのはIC-71…あれ?ほとんど同じ時代ですね。
DXと言えば、文化祭の準備で中学校の屋上にあがり、時間が余ったのでIC-502A+内蔵ホイップで冗談のつもりで"CQ DX"とやったら、本当にW局が応答してきて、アセりまくった記憶があります(笑)。中学3年で英語なんて出来ませんでしたし。本当に良く飛ぶ時代でした。
FT-625Dはいいですね!FT-625D、TS-600、IC-551などなど、50MHzのオールモード固定機は、憧れでした。当時は「お金持ちがUV専用で持っている」という印象が(笑)。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://jl1klk.blog51.fc2.com/tb.php/17-fc28c078
Listed below are links to weblogs that reference
第14回-50MHzAMの黄金時代? from HAM & BCL 同時復活 | あの頃のラジオ少年が30数年ぶりに…

Home > HAMあれこれ > 第14回-50MHzAMの黄金時代?

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top