Home > 無線機 > 第240回-次々いろいろ1200MHz

第240回-次々いろいろ1200MHz

3年がかりのつもり貯金でDJ-G7を買ったのが前々回のブログ。出力不足気味なので購入2日後に修理のため返送したのが前回のブログ。さて、その後どうなったかというと…。

20180127_SWR_01.jpg

やはり初期不良品だったそうです。ヒートシンク周辺の接触が怪しく熱の影響で出力低下が起こっていたのではないかと。低下状況の詳細は書いていないですが、電話では「かなり低かった」と言っていました。そしてFET交換、再調整。イイ感じの出力になりました。

20180127_SWR_02.jpg

ヨシヨシ。上限20%ギリギリのキワドイところで調整してくれた(笑)。ありがたやー。アルインコのサービスと電話で数回やりとりしましたが、対応は良かったです。わずか数日で返送してくれたし。
自宅でも確認しようと「DJ-G7→SWR計(SX-1100)→ダミーロード(DL-50N)」で送信してみると…。

20180127_SWR_03.jpg

あれ? 0.4W? 直っていない?!

20180127_SWR_04.jpg

いやいや、2、3日前にアンリツのごっついパワーメーターで調整したばかり。試しにIC-1271で送信してみると…。

20180127_SWR_05.jpg

写真のピントがズレているが10.5~11.0W。極めて正常…もしかして、SWR計(SX-1100)も壊れているのか?
早速、ダイヤモンドに電話。「10W機では正常なんですが、1W機だけが低めで…」。

「実装しているダイオードの関係から、一部の製造ロットで2、3W以下の測定時に"低め"に表示されることがある。1200MHzで顕著。5W、10Wレベルならば問題なし。まさにそちらの現象通り」

なんと! DJ-G7の初期不良もありましたが、SWR計もチョット微妙な「癖」があった。
まさにその「癖」の出るパターンにジャストミートで比較測定してしまったようです。
「モウ一体ナニヲ信ジレバヨイノ??」という状況ですが(苦笑)、今度はSX-1100がダイヤモンド送りになりました。校正は可能だそうです。

どうやら1200MHzで1Wクラスの測定をやる機会が少ないため、気付かずに使っている人も多い模様。確かに私ももう数年間、IC-1271のFM、CW、SSBで使ってましたが、な~んとも思わなかったし。

次々といろいろなことが起こりますネ。ツイッターの方に書いた通り「トラブル対応の打ち合わせをメーカーと行うごとに、回路に対する知識が増えて行く」というメリットも…勉強になります(とポジティブに解釈)。めちゃくちゃ面倒だけど。

DJ-G7はベストの状態になりましたが、変更申請がナカナカ終了せず。まだ取説を読みつつメモリーを登録したり、結構感度の良い海外短波を聴いてみたりしています。次回はマイク、ヘットフォン回りについて(予定)。
スポンサーサイト

Comments:6

JN1VXT URL 2018-01-27 (土) 20:34

有効期限を気にしながら校正証明書だトレーサビリティだと業務でしている身からすると
SWR計はアマレベルの目安計だということなのでしょうね。

>モウ一体ナニヲ信ジレバヨイノ?
信じるべきは高い測定器より、校正してある測定器なのですね。

サダナリヒロシ URL 2018-01-27 (土) 23:24

JN1VXT様>
SX-110はハム用品の中では高額な方ですが、それでも2万円台。私は電線と光ファイバの製造が仕事ですが、まぁ、「測定器」としては1ケタ安いというか、なんと言うか…。
どうやらショットキーバリアダイオードの立ち上がりのカーブに個体差があるようです。使用デバイスのディスコンと代替品の特性なども問題な模様。高精度なものは熱電対式とかになるのでしょうか。
それでも校正すればそれなりの誤差範囲には収まるということなので試してみます。このあたり、昔は自作だったりしてノウハウを駆使してそれなりのリファレンスを得ていたのかも。ちょっとターンキー製品に馴れすぎたかな?

JM1EKM URL 2018-01-28 (日) 21:59

ほうほう、SX-1100にそんな癖があるんですか。
我が家のはホコリを被っています。
出力を下げて確認してみた方が良さそうですね。
面倒でやる気がしませんが・・・。(^^;

サダナリヒロシ URL 2018-01-29 (月) 00:03

JM1EKMさま>
だそうです。ところがEKMさんとか私みたいに10W固定機で長く使っていると全く気付かない。そのレンジでは不具合はないので。「2、3Wまでのカーブが鈍い」って言えばなんとなく特性の想像が付きますよね。
しかも「ホコリを被って」いるならば問題のなかった旧バージョンの可能性もあり、多分大丈夫ではないでしょうか?ちなみにSX-1100をお持ちのある方に伺ったところ問題なさそうでした。いやはや難しいところで…。

JK1HAF URL 2018-01-30 (火) 23:33

KLKさん、こんばんは。

今日、会社から帰ってきて、SX-1100を取り出して出力測定をしてみました。URLにリンクを貼っておきますので、ご参照ください。

結果として、5Wレンジですと、KLKさんと同様の結果になりました。20Wレンジで、0.95Wですのでそちらを信じるとすると、DJ-G7は定格出力1Wで電波が出ているようです。ということは、当局のSX-1100もメーカー承認の低出力低測定値のメータである可能性があるようです。

今回、いろいろとメールや、コメントをいただき、また、各種実験をしていただきまして大変感謝しております。ありがとうございました。

一応、DJ-G7のクセや、SX-1100の不具合も含めて付き合いながらやって行くしかないのかな?と思っております。DJ-G7は今年の夏で丸3年を迎えます。そろそろ一度オーバーホールしなくてはと思っております。アルインコさんのページによると、マルチバンドのハンディ機のオーバーホールは4500円とのこと。調整や修理を含むとありました。ご参照まで。

また、1200MHzで、他のバンドでもお会いしましょう。(関東UHFは参加しますか?)

ありがとうございました。

サダナリヒロシ URL 2018-02-01 (木) 22:37

JK1HAFさま>
リンク先拝見しました。「立ち上がりが鈍い=下の方の目盛と合っていない」なのでレンジを変えるとあったりズレたりするようですね。
ともかくお互いパワーはどうにか出ているようですね。問題は受信感度の方ではないかと(苦笑)。なんでも接近時の過大入力を避けるために感度は低めという噂です。
これから色々比較してこのブログに書こうと思っていますが、ポケトラに受信アンプ入れるわけにも行かないですしね?!

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://jl1klk.blog51.fc2.com/tb.php/247-1c0b02e5
Listed below are links to weblogs that reference
第240回-次々いろいろ1200MHz from HAM & BCL 同時復活 | あの頃のラジオ少年が30数年ぶりに…

Home > 無線機 > 第240回-次々いろいろ1200MHz

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top