Home > HAMあれこれ > 第248回-ハムショップ1978

第248回-ハムショップ1978

hands_fujisawa_550.jpg


先日、ツイッターで「東急ハンズ藤沢店」の話で盛り上がりました。

今はネット通販がほとんどですが、かつては北海道から九州、沖縄まで、その土地ならではのハムショップがあり、「めちゃくちゃ懐かしい」、「入り浸っていた」という人も少なくないでしょう。かくいう私の思い出のハムショップは秋葉原の九十九無線5号店と東急ハンズ藤沢店のふたつです。

前者は私が開局する時に、HF+2mの無線機、アンテナ、周辺機器を一気に買い揃えた店なので。父親と二人で購入品のリストを事前に作成し、父親はレンタカーでライトバンまで借りて(車種は覚えていないが灰色だった)、逗子-秋葉原-逗子の往復のために日曜朝に6時起きして…。

TS-520VやTR-7500GR、3エレのHB9CV(タニグチ)やオスカーブロックのSWR計、エモテーター、ルーフタワー等々、今になって考えてみれば中学1年生の趣味に父親の月給数カ月分、ボーナス1回分くらい投資していて…感謝以外の何者でもないですが、父親は父親なりに一人息子の将来に対して何か思うところがあったのでしょう。まだ存命で先月も会いましたが、ちょっと恥ずかしくて聴けないなぁ…。

秋葉原の九十九無線5号店は平成の「ツクモ5号店」とは別の場所にありました。中央通りを末広町の方に行って、今の住友不動産秋葉原ビル、当時の日本通運本社ビルの裏。ストリートビューで見ましたが、たぶんカルチャーズZONEの向いのファミマがそうじゃないかなぁ?となりの潰れたアウトレットかなぁ。

この店には顔なじみの店員さんが居たので(名前さすがに失念)、その後もパーツを買いに行ったり、RJX-601をお年玉で買ったり。入って左側の奥に中古リグのコーナーがあって、そこを見るのが楽しみでした。

「それも大昔の話…」と思っていましたが、ツクモは意外にも2007年までアマチュア無線機器を取り扱っていたんですね。民事再生が2008年なので直前まで創業の起源だったハムは捨てなかったということか。ううむ…。

そしてもうひとつが東急ハンズ藤沢店。「ハンズがハム」というと今の人はびっくりするかもしれませんが、昭和50年代の東急ハンズは立派なハムショップでもあり、藤沢店には逗子から中学生数名(=数局)で自転車を連ねて行っていました。風の強い湘南道路を、40分くらいかかったかなぁ。

ネットを探っていたところ「開店当時の東急ハンズ藤沢店」という写真を発見(上に掲載)。よーーーーく見ると、裏口の左、緑色の屋根の横に立派なタワーが立っています。アンテナが切れているのが実に残念。

ICOMのIC-710と221があって、なんと従免・局免を持って行くとタダで貸してくれたんですね。710は100W機だったので電話級の中坊には触れず、221+タワー+スタックで「JL1KLK/1」をやっていました。今(1997年以降)はゲストオペで先方のコールになりますが、当時(40年前)はそのあたりは大らかで…。

あと「コールブック見放題」という特典(?)もあり。QSLをダイレクトで郵送するときに、リグの横にあるものをコッソリと拝読させて頂いたり…40年経っています、「時効」ということにさせてください!! (寄ってたかってみんなが見るのでボロボロになっていた)

そもそもこの東急ハンズ藤沢店、なんとハンズの1号店だったんですね。大好きだったなぁ。1976年11月開店で2006年の12月31日に閉店。ハムコーナーはそれに先立って撤収されてしまったようです。

当時は渋谷店の屋上にも信じられないほど立派なアンテナが立っていて、そこからもQRVしようと思って従免・局免を持って行きましたが、なにやらガラス貼りの別室になっていて、ビビッて帰って来たこともありました。

東京駅の大丸東京店も立派なBCLコーナーがあったし…いや、今回は完全なジジイの思い出話になってしまった。昭和50年代、そんな時代でした。

.
スポンサーサイト



Comments:6

JM1EKM URL 2018-06-12 (火) 21:30

秋葉原の九十九って言うと万世橋の北西にあった店舗へよく行っていました。
巣鴨にも小さい店舗があってJARLの帰りに何か買ったことがあるような・・・。(^^;
BCL時代は角田X1へよく行ったかな。
ハム月販とか秋葉原では山ほどアマチュア無線機を売っている店があったんですがね。
さらに池袋のデパートでも無線機を売っていたと思います。
ハンズで扱っていたのはさすがに知りません。
次に会ったときはまたそんな話で盛り上がりますか。(笑)

サダナリヒロシ URL 2018-06-13 (水) 13:19

JM1EKMさま>
長くなるので本文には入れませんでしたが、実はこんなものをネットで見つけて-
https://bit.ly/2JzRMOQ
40年前のタウンガイドの復刻版が今年発刊されていました。 一番大事なエリアが金出して買わなきゃ見れないですが(笑)、カクタのX-1やトヨムラの中央店はずいぶんむこうの方だったんですね。覚えてるなー、マヤ電気。ラジセンの山本とつかさは今でも営業。偉大です!!
九十九の万世橋店にも行きましたが、なぜかビミョーに大人の雰囲気があり、敷居が高かった?!石丸電気レコードセンターの並びの角ですよね。ホント、どこに行ってもハムの音が聴こえてましたよね。
なんて話も50代ならではか?ううむ、これはいよいよ「辰巳会」?

FOS URL 2018-06-15 (金) 07:36

方向音痴で40年前のことなのでうろ覚えですが、角田X1は駅から結構離れていたと思います。
本当は少しお安めのクーガを買う予定がもう売ってなく、プロシードを買ってもらいました。
予定(予算?)より2万円くらい高かったんじゃないかな?と思います。
お父さん、ゴメンね。<(_ _)>

サダナリヒロシ URL 2018-06-18 (月) 21:03

FOSさま>
返信遅れてごめんなさい!
クーガは超名機2200でしょうか?あるいは少し前の1150か7?プロシードはデジタル周波数表示付きですよね。まだ覚えていますよ「響くゴンゴンビッグベン」とか(笑)。私はスカイセンサー5900を買ってもらう予定が、カセット付きが出たので5950に。同様にお父さん、コメンねです。
開局以降はマイコンとシンセに夢中で、ラジオ会館の上の「ビットイン」に通ったり、ラオックスの楽器コーナーに入り浸ったりしていました。駅のそばが多くてエックスワン方面まではあまり行かなくなりました。1980~81年頃ですね。
ホント、父親には頭が上がりません。でもお互い通信関係の仕事なので、一応期待には応えたというか、義理は果たしたというか…??

JK1HAF URL 2018-06-26 (火) 22:28

本、注文しちゃいました!

実は、表紙に出ている「ANGLE」という雑誌を購入していました。おそらく屋根裏を探したらどこかにあるはず。千葉に住んでいた私には、東京生まれとは言え、バイブルのような雑誌でした。絶対どこかにあるはず!(笑)

東急ハンズ藤沢店、そう言えばありましたね。中には入ったことはありませんでしたが、何となく覚えています。前のビルに中古レコード屋さんがありましたね。

以前お話したかもですが、秋葉原のラジオ会館でバイトしていました。ラジオセンターにも支店があって、人が足りない時にはお手伝いをしに行ってました。あの狭い空間で多くのお店が入っていて、それは独特な雰囲気がありました。リンク先の地図の左下辺りに「佐伯無線」と言うお店です。懐かしいです。

サダナリヒロシ URL 2018-06-28 (木) 21:03

JK1HAFさま>
「ANGLE」はたまに立ち読みしていましたが私は主に「ぴあ」と「ぴあmap」を使っていました。実は今でも1986年の春に買ったぴあmapがあります。二浪を終えて大学に入った年だったので。いやー、あの解放感たるや(笑)。中古レコード屋は「レコード社藤沢点」でしょうか?私はもっぱら「大船レコード」で中古を買っていました。なつかしー。
秋葉原でバイトをしたことは残念ながらありませんでした。というか、大学時代にヤマハのオーディオ部門でヘルパーをやっていて神奈川県内はあちこち行きましたが、秋葉原は「怖そう」なので断っていました(笑)。と言いつつ、自由が丘の軍隊式のオーディオショップにいたことも。これはお会いした時にでもお話ししますね。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://jl1klk.blog51.fc2.com/tb.php/255-d32b98d4
Listed below are links to weblogs that reference
第248回-ハムショップ1978 from HAM & BCL 同時復活 | あの頃のラジオ少年が30数年ぶりに…

Home > HAMあれこれ > 第248回-ハムショップ1978

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top