Home > 移動運用 > 第252回-そういえばロシア電鍵はどうなった?

第252回-そういえばロシア電鍵はどうなった?

1200MHzと一陸特の話をする前、10カ月以上前に一回だけ「ロシア製の屋外用縦振れ電鍵」購入について書きました。これですね。

Russia_01.jpg

しかしそのあと続報がない。アレはどうなったかというと…。

Russia_02.jpg

実は裏側がこうなっていて、追加加工をしないと無線機に繋げられないんですね。さて、どうしたものか…。

Russia_03.jpg

そこでこんなものを買ってみました。ロシアの紙に包まれてはいますがそれは撮影用で、マルツオンラインで買ったマル信無線電機製の3.5mmモノラルボックスジャック【MJ-352】です。140円。安い。

Russia_04.jpg

電鍵後部のスカート状になっている部分にドリルで穴を開けてハメ込んでみました。箱の部分はプラスチックですが、スカート部分はエボナイトか何か、強靱な別材料です。
ミニプラグの勘合がうまく行っているか、テスターで確認。いまだにサンワのアナログマルチ。往年の名機CP-7D。針しか実感湧かなくて…。

Russia_05.jpg

配線完了!ハンダ付け部分はイモハンダ隠しと保護のために熱収縮チューブでカバー。ナンカ、イイ感じです。ちなみに電鍵側のナットと電極はロックペイントで固められています。ロシアのお友だち、妙なところにチカラ入ってる?!

Russia_06.jpg

本体背面はこんな感じ。ミリ単位のかなりきわどいスペーシングなんですが、どうにか落ち着きました。

Russia_07.jpg

こうやって使います!やった!これで屋外でもCWが出来る!

細かく言うとスカート部分の厚みが二段階になっていて、丁度上半分をジャック穴以上に固定用の丸ナット径でサグリを入れなければいけないとか、エボナイト加工でかなり苦戦しましたが、まぁ、なんとなく、見た目OK!

これで817+GAWANTでCWに出られます。ハムフェア会場での現地QSO、記念局がCWで出ていても大丈夫!

.
スポンサーサイト



Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://jl1klk.blog51.fc2.com/tb.php/259-d5fc676d
Listed below are links to weblogs that reference
第252回-そういえばロシア電鍵はどうなった? from HAM & BCL 同時復活 | あの頃のラジオ少年が30数年ぶりに…

Home > 移動運用 > 第252回-そういえばロシア電鍵はどうなった?

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top