Home > HAM再開への道のり > 第257回-【ご報告】e-ラーニングで二アマに受かりました・後編

第257回-【ご報告】e-ラーニングで二アマに受かりました・後編

無事合格した10月期の2アマe-ラーニング、前編では概要と申込み、章構成を説明しました。後編では勉強法と試験の実際について。

◆5.勉強法は?

受講開始は10/1。2、3日で1章を終えて20章全ての中間試験に合格したのは11/7でした。約5週間。仕事が終わってから自分のPCやスマホでやったり、出張の帰りに各地の図書館や「勉強カフェ」でやったり…。

最初は平均2時間×20章、復習で1時間×20章(←ここまですべて平日夜)、判定・修了試験対策のみ週末に図書館でやって5時間×4回、合計でざっと80時間くらいでしょうか。去年の一陸特の約半分ですね。

私の場合、「目で見てなんとなく暗記する」が苦手なので、中間試験の回答時、復習時に選択肢と計算式を全てノートにキッチリ書きましたが、これが意外に役立ったようです。ノートとしてはこんな感じ。

201811_e-lan_02.jpg

便利だったのは集合講習のビデオが公開されていることで、テキストだけでは理解しにくかった「電気回路」「電子回路」はビデオで受講しました。なんと講師が3アマ短縮コースの時に教えて頂いた非常にわかりやすい某OMで、これにはとても助けられました。担当講師のアタリハズレもありますが(苦笑)、ビデオは必要に応じて見た方が良いです。

中間試験合格後に全体をもう1回見直して、判定試験の受験は11/18。得点は思ったよりも良く法規90点、工学100点でした。

◆6.そして修了試験

自宅から3駅、偶然にも取引先のビルの裏にCBTのテストセンターがあり、11/26(月)の午前中に会社を半休して受験しました。
18日からの一週間はともかく中間試験100問(小問題含めると設問数188)の繰り返し。「3、4回繰り返すとアタマに入る」と言われていますが、これは本当です。100問あっても3回目くらいで「あぁ、これね」となって来ます。ここで重要なのは各章の繰り返し状況、進捗と習得状況。下記のような表を作って管理しました。

201811_e-lan_03.jpg

修了試験はパーテーションで仕切られたPCブースに入り、オンライン試験で行います。持ち物は全てロッカーに。筆記用具も預けて、紙1、2枚と鉛筆、マジックペンのみが貸与されます。「ヘンなところだったらイヤだな」と思いましたが、なかなか快適な受験環境でした。
法規10問/60分、工学20問/90分を法規から先に。法規が終わり次第、工学に進んで良く、全問見直し含む30分+70分=約100分で退出しました。

私は上に書いた選択肢と計算式を書きながら解く方式に馴れていたので、ここでも全く同じ解き方&(上の写真のノートと同じ)書き方をしました。これをやっておくと見直しの時にも便利です。
その紙があれば終了後の自己採点やもっと詳しい問題の解説なども出来るのですが、退出時に回収されてしまうのです。残念。

更に残念なのがオンライン試験なのにその場で結果がわからないこと。毎週水曜日頃にまとめて「合格承認」という作業を行っているそうで、何曜日に受けてもメールと郵送による結果連絡は週イチのバッチ処理です。
また、受験した問題も模範解答もわかりません。これは受験のタイミングが10月から3月まで分散しているので、出題傾向の漏洩を防ぐために仕方のないことかもしれません(←後半に受験した方がネット等での事前情報が多く有利になってしまうので…)。

ちなみに自分の得点は1)受講者ID、2)氏名、3)生年月日と「開示希望」を書いて「JARDeラーニング事業センター」にメールで問い合わせると教えて貰えます(事前に申し込んでおいたので発表日の18:01に来ました。法規100点/工学98点)。
しかしそんなことをするならば、Web内のどこかに全員書いておけばいいのに…。

最後に日程関係をまとめておきましょう。

・08/16:受講申込み
・09/22:「受講キット」届く
・10/01:オンライン受講開始
・11/07:100問/全20章(小問題含めると設問数188)の中間試験合格
・11/08:朝イチで判定試験受験可能承認メール届く(これが来ないと判定試験が受けられない)
・11/08~18:判定試験に向けて中間試験問題復習(全体をざっと1回)
・11/18:午後、判定試験受験・即合格判明(地元の図書館で。ここまで自分のPC。法規90点/工学100点)
・11/19:午後、修了試験受験可能承認メール届く(申込みはここにある受験チケット番号が必要)
・11/19:午後、CBTテストセンターに修了試験受験申込み
・11/19~25:中間試験問題復習(全体を追加で2、3回)
・11/26:午前、修了試験受験(CBTテストセンター)
・11/28:午後、合格通知到着(メールにて)
・11/28:夕方、事前に申し込んでおいた得点開示メール返信来る(法規100点/工学98点)

・12/12:午前、2アマ従免届く。合格から丁度2週間。受講開始から約2カ月半で2アマに。←12/13追記

ちなみに中間試験以外の問題も(当然)出ます。法規で1問、工学で3問。テキストをかなり読まないと解けない問題も出ましたが、これは「満点を取らせないための対策」でしょう(←取っちゃったけど…)。中間になかったと言っても、三アマを持っていれば解ける内容ですし、ここを落しても合否には影響しないでしょう。

長くなりました。ここまでにしましょう。受講中の方、次回受講予定の方、興味のある方、詳細はコメントかメールでお問い合わせ下さい。

さて、1978年8月の旧・電話級講習会、2012年7月の第三級短縮コースに続き、またしても講習会で資格を取り国試経験なしでニアマになってしまった。とても珍しい「フヌケハム」の爆誕であります。この次はいよいよ一アマですが…一アマで初の「ハムの国試」か?!

1978年12月の開局から丁度40年。「40周年記念イベント」は何にしようか? と考えているうちに年末になってしまいましたが、最後の最後にビッグ・イベントが。

まさか自分が、あのバカなことばかりやっていた小学生SWL(ex.JA1-23757)、逗子葉山クラブJA1YUUの問題児が「ニアマ」(←一応上級ハム)になるとは…感慨深い40周年になりました。


.
スポンサーサイト

Comments:34

FOS URL 2018-11-30 (金) 12:35

おーっ。e-ラーニングで2アマですか。合格は合格です。おめでとうございます。
今はそんなシステムがあるのですね。
高校時代、2アマを後輩に先を越され、先輩の威厳を保つべくその上を目指しました。
2アマを受けずに1アマ受験なかなか厳しく、何年かかったことか。
その後輩に1アマも先を越されたのは内緒です。(;^_^A

JK1MOP URL 2018-11-30 (金) 13:03

こんにちは。
初めて書き込みいたします。HAFさんのブログから参りました。

2アマ合格と、開局40周年、おめでとうございます。
総務省が2アマ講習会のパブコメを募集したとき、私は「もろ手を挙げて賛成」という趣旨の意見を送りました。
よい制度だと思いますが、修了試験までには中間試験など色々あって、やはり楽ではないのですね。
リンク先を拝見すると、我が家のすぐそばにも受験できる所があるので驚きました。

私も電話アマ、電信アマ、1陸特は講習会で取りました。
ご存じと思いますが、1アマと1陸特の工学はほぼ同レベルで、出題分野が少し違うそうです。
この勢いで、1アマを目指されてはいかがでしょうか。

機会があれば、10メガあたりでお会いしましょう。

サダナリヒロシ URL 2018-11-30 (金) 19:01

FOSさま>
ありがとうございます。実は私も良く知らなかったのですが(苦笑)半信半疑で(?)受講してみて、どうにか合格しました。
仰る通り合格は合格。ニアマはニアマです(笑)。
中学時代に所属した地元クラブではニアマ数名、一アマは2人だったかなぁ。1980年頃の話ですが、40年後にまさか自分が上級の区分に入るとは!
さて、このあとはどうなることやら…です。

サダナリヒロシ URL 2018-11-30 (金) 19:15

JK1MOPさま>
はじめまして。コメントありがとうございます。
「合格率ほぼ100%、資格を金で買う」などと言われるe-ラニングですが、「ほどほどの難易度と、膨大な暗記量」が必要とされまして、国家試験とは別種の難しさがあります。かなりの根気がないと途中で挫折(=失格)するでしょう。「全問正解を20回続ける」という中間試験がナカナカ…。
試験場は試しにあちこち見てみましたが、都市部なら30分~1時間範囲、地方でも1、2時間の範囲にあるのでは?これは良い制度だと思いました。

私は-

・旧電話級、三アマ:講習会
・二アマ:e-ラーニング
・一陸特:国家試験

-ということになります。一級と一陸特は問題が被っていますね。私もいくつか発見しました。デジタル通信やレーダー関係など、一部で違いはありますが、基本的な「レベル」は似ているかもしれません。一陸特の国試合格が先で、ニアマを翌年講習でというのも妙な話で(苦笑)、この勢いで一アマを狙うべきでしょうね(←他人事?!)。

10、14MHz、憧れのバンドでした。免許が下りましたら宜しくお願い致します。

海太郎 JF1AKJ URL 2018-12-01 (土) 16:08

「合格おめでとうございます」
いや~、刺激されます!!
私の場合は、電話~電信~1海特で、何のメリットも有りません。
来年、挑戦します!年末なので、もう、これくらい言っても・・大丈夫でしょう!?

JN1VXT URL 2018-12-01 (土) 17:11

2アマ取得おめでとうございます。
ぜひ10/14MHzでのQSOをよろしくお願いします。
上級アマのメリットはQROもありますが、この2バンドに出られる方が大きく感じられます(あくまでも私感)
国家試験の受験記は数多あるけどeラーニングのシステムがよく判らなかったので流れなどがよくわかりました。

順当にいけば冷めないうちに1アマになりますが2陸技も視野に入りそうですね。
上級アマで工学の基本+1陸特で多重やマイクロ関係=2陸技に。
陸技を受験した時に結構な頻度で「解説・無線工学」なる上級ハム受験向けのテキストも使いました。

サダナリヒロシ URL 2018-12-02 (日) 17:20

海太郎 JF1AKJさま>
ありがとうございます。ツイッターの方で盛り上がったのですが、昔は仲間と一緒に受験したり、そもそも周囲に「今度の国試で当然上のクラスを受ける」と思われたり、近所の「教え魔」からご指導を受けたりと逃げられない状況がありましたが、最近は人付き合いが希薄になったので…。
私のようにコッソリ受けるのは良くないですよ(苦笑)。合格必勝法は「周囲に『受けるゾ!』と宣言して勉強する」ことだそうです。私も、次は、宣言しようかとも…。

サダナリヒロシ URL 2018-12-02 (日) 17:33

JN1VXTさま>
ありがとうございます。昨年の一陸特に続き、今度はアマチュアの二級に進みました。
工学分野では一陸特の資産がほとんど使えませんでした。当たり前ですがレーダーも衛星もQPSKもパラボラアンテナすら出て来ず、いやー、同じ無線技士でも操作対象によって全く異なりますね。「ひたすら抵抗回路が出続ける一陸特」「これでもかとコンデンサ問題が出るニアマ」という相違も(笑)。
ご推奨の通り、まずは冷めないうちに1アマ、せっかく一陸特を勉強したので合わせ技でニ陸技というのが順当なステップでしょうか。あるいは有線系を挟むか…なにしろつい5年前まで「電話級」のみだったのでまだ先は長いです。
あと10と14MHz!ズバリそれが(昨今のコンディションも勘案して)目的でした。一応100WまでのQROも計画中ですが、中学以来40年間憧れた?14MHzにやっと出られます。

JM1EKM URL 2018-12-05 (水) 00:27

いつの間にか、2アマを取得されていましたか!!
何はともあれ、おめでとうございます。
2アマは持っていないからな。(^^;
14MHzはまだないので是非お相手下さい。

そして、開局40周年もおめでとうございます。(^^)v

サダナリヒロシ URL 2018-12-05 (水) 13:02

JM1EKMさま>
ありがとうございます。
人知れず取っておりました。だってまわりが1アマばっかりなんだもの!せめて2アマくらい持ってないと。
ツイッターのフォロー99人中多分25人、それ以外で5、6人。30人くらい(1%しかいないハズの)1アマですよ。

しかしこれも皆さんからの刺激のタマモノです。34年間も「電話級」だったのが直近5年間で3アマ→一陸特→2アマと。
ひとりでゴソゴソやってたら、こんなに次々受験しなかったでしょうね。
さて、次はどうなるやら?…(←他人事か?!)。
10、14MHz、準備が出来ましたら品川区差し上げます。新参者ですが宜しくお願い致しますm(_ _)m。
(EKMさん来年40周年でしょうか?)

ウダマサ URL 2018-12-23 (日) 21:00

初めまして。
私は1月期の第2級アマチュア無線技士eラーニングを申込みしたものです。
貴殿の貴重な体験談を、有り難く拝見させて頂きました。
大変有り難うございます。と同時に参考になりました。
昨日教科書等が来て、内容の濃さにびっくりしております。
実は秋から参考書を購入し予習していましたが、中々難しく苦労しております。
一生懸命努力する次第でありますが、永らく勉強から遠ざかり記憶力の不安と学習ポイントの見極めができるか心配です。
貴殿の貴重なご経験を基に、本eラーニングを乗り切るポイントをご教授頂ければ幸いです。
最後の終了試験合格が最低目標ですが、何を重点に繰り返し勉強したら良いでしょうが。
かなり気が重いです。
宜しくお願いいたします。

サダナリヒロシ URL 2018-12-24 (月) 18:53

ウダマサさま>
1月期受講、がんばって下さい!元旦スタートでしょうか。目前ですね。
さて、学習のポイントですが、私も分厚いテキストが届いた時にはびっくりしました。しかし-

1.テキストの内容を「ABCDEFGHIJ」とすると
2.中間試験の内容は「ABDFH」くらい
3.判定試験の内容は「ABDFHJ」くらい
4.修了試験の内容は「ABDFHI」くらい

なんとなくニュアンスは伝わりますでしょうか?
テキストの内容は二級で必要とされる全ての分野、内容を100%カバーしているのですが、中間試験にはそのうちの50~60%程度しか出題されません(正直な話、私もいまだに全く読んでいないページが沢山あります)。
次に判定試験ですが、その5、60%に中間試験に出て来なかった問題が1、2問程度追加されている感じ、そして修了試験は中間、判定試験の範囲に2、3問新しい問題が追加されている感じです。
しかし上記の通り、中間試験の「ABDFH」は判定・修了試験を通じて出続けて、その範囲で十分合格点は取れますので、「ともかく中間試験問題を全問丸暗記!」が定説になっているわけです。

ともかくは1月1日以降に、実際のオンラインをご覧になって、1、2章分の「中間試験」を解かれてみてください。なんとなく感触が掴めて来ると思います。
なお、各章のはじめに「演習問題」というものがありますが、私はそれは無視していました。それでも判定試験は法規90点、工学100点、修了試験は法規100点、工学98点でした。演習問題を軽視しすぎるのも良くないかもしれませんが、逆に中間試験同様に重要視するのもちょっと違うかな?と思います。

【重要なご注意1】上記はあくまで私が受けたH30年9月期の例です。期ごとに傾向が異なる可能性もあります。
【重要なご注意2】全範囲100%に対し「何が出るか」は数十のパターンがあるようで、他の期を参考にしたテーマの特定は(国家試験同様に)意味がありません。

ご健闘をお祈り致します。

ウダマサ URL 2018-12-27 (木) 19:44

サダナリヒロシ様。
貴重な体験談並びにアドバイス誠に有り難うございます。
アドバイスの内容が、大変理解しやすく助かります。
このような有難いアドバイスを無駄にしないよう、一生懸命努力いたします。
今後も、無知な私ですが、アドバイス等宜しくお願いいたします。
寒くなりますが、くれぐれもお体をご自愛ください。

JF1KMC URL 2018-12-28 (金) 08:22

ご無沙汰しております。 2アマ合格おめでとうございます。 これで30/20mにも出れますので、DXCCは増えそうですね。(^^)

サダナリヒロシ URL 2018-12-28 (金) 10:54

ウダマサさま>
わかりやすかったでしょうか??なんとも抽象的な書き方になってしまいましたが、実際にeラーニングの「中間試験」をご覧頂くと「こういうことか」とご理解頂けるかと思います。
最後にこれは(お勧めしていいかどうか微妙な感じの)裏技ですが、あまりにもテキストの当該章が長く読むのが大変という場合は、先に中間試験を受けてしまい、逆にその内容が出ているページのみを(逆引きで)みっちりとチェックするという方法もあります。勉強という意味ではどうなのか?という気もしますが、このやりかたをされている受講者も少なくないのではないかと思います。全部の章でこれをやるのはあまりに「丸暗記式」過ぎてお勧めしませんが、ページ数の多い章で途中で挫折しそうになった時には非常に有効です。

サダナリヒロシ URL 2018-12-28 (金) 10:55

JF1KMCさま>
ごぶさたしておりました。ありがとうございます。相変わらずのベランダアンテナですが、20/30mは出ているエンティティが微妙に異なるというウワサもあり、楽しみにしております。それらのバンドでは新参者になりますが、なにとぞご指導の程をm(_ _)m。

ウダマサ URL 2019-01-24 (木) 07:29

サダナリヒロシ様
合格いたしました。
受講に対するアドバイス大変有り難うございます。
お陰まさで合格することができました。
これからも勉強を重ねて、2アマに恥じないよう努力いたします。
今後も解らないことがありましたら、ご教授の程宜しくお願いいたします。
追伸 寒さ厳しき折、お体をご自愛ください。

サダナリヒロシ URL 2019-01-28 (月) 23:21

ウダマサさま>
返信遅れて失礼致しました。まさかのトップバンドQRVでバタバタしておりました。
http://jl1klk.blog51.fc2.com/blog-entry-268.html
合格おめでとうございます!テストセンターの修了試験にも合格されたのでしょうか?1月の受講開始だったですよね。早いですね!!ちょっとびっくりしております。
今回受講してよくわかりましたが、eラーニングには「近道」というか「早道」がありますネ。それに気付けば早々に合格、気がつかないと期限切れで失格…なのかもしれません。次回はお空で。何かありましたらこのブログとコメント欄をご活用下さい!!

アラ還 URL 2019-07-07 (日) 23:18

初めまして、7月から2アマのe-ラーニングを受講しています58歳のおっさんです。

無線工学の計算問題が苦手なんで中間試験の問題と判定試験の問題を丸暗記で修了試験に臨む予定です。
1週間で全ての中間試験を終えて判定試験は21日を予定しています。

法規は問題文と解答を暗記できました。
ただ、何度も中間試験で復習をしているので、考えることなく即答しています。
このような状態で修了試験に対応できますでしょうか?
本当に丸暗記なんです・・。
ただ、解答は番号ではなく文言で覚えているので解答群の順番が変わっても対応できます。

工学も計算問題以外は法規同様丸暗記しました。
計算問題はなんとなく問題の値のみが変わるのであれば、ここが変わると答えの数値はこれくらい変わる・・と、
想像ですがつくような気がします。
でも、修了試験ではどうなるか不安です。

演習問題は暗記はしていません。
最初に適当に答えて「全然理解していないなぁ・・」と確認しただけです。

判定試験は正直、なんとでもなるのですが、修了試験はガチの試験なんでこのような勉強(暗記!)で大丈夫で
しょうか?

修了試験までの2週間はひたすら中間試験を何度も何度も繰り返す勉強(練習)をするつもりです。
いまでも問題の文字や回路図をパッと見ただけで答えが分かるようになりつつあります。
もし、修了試験で同じ文章問題が出れば法規なら数分で解答修了、工学も文章問題は同じく数分で修了できそう
です。
計算問題は実際に計算しないので想像するだけなんで、これも数分で修了できそうです。

法規、工学で20分もかからないと思います。

サダナリヒロシさんが受けた修了試験と私が受けるであろう修了試験が同じであれば、このような受験対策で
合格できそうでしょうか?

また、演習問題は暗記していませんが暗記は必要でしょうか?

なんか、丸暗記だけではとても不安なんです・・・


お忙しいとは思いますがアドバイスいただければ幸いです。

サダナリヒロシ URL 2019-07-08 (月) 12:46

アラ還さま>

コメントありがとうございました。
eラーニングについては本当にブログ記事等が少なく、私も勉強法や試験内容など必死に検索しました。
お役に立てれば幸いです。

>法規は問題文と解答を暗記できました。
>ただ、何度も中間試験で復習をしているので、考えることなく即答しています。
>このような状態で修了試験に対応できますでしょうか?

大丈夫だと思います。理由は私も全く同じ方法、同じ状態だったからです。
法規の中間は35問あると思いますが、まず判定試験ではその35問から8~9問、テキストには載っているが中間試験には出てこなかった問題が1、2問出ます。この「出てこなかった問題」も中間を丸暗記して、しかも現在3級ならばなんとなく解けると思います。

次に修了試験。実はこれも同じです。中間の35問から8~9問、それ以外から1、2問。しかし「60点以上で合格」なので4問までは間違えても良く、あまり難しく考えない方が良いかと思います。私の時は中間以外は1問だけ、9問は中間と同じでした。

私も判定試験まではガチガチにアガっていたのですが、判定で「あれ?ここまで同じ問題が出るのか?」と驚き、それ以降は比較的リラックスして「しっかり暗記すればどうにかなるな」と思い直しました。

上記のブログ記事の通り、時間を空けずに修了試験まで1週間集中で中間全問の復習~全問正解(要するに丸暗記)を行い最終的に法規100点、工学98点でした。

あと、これは書いても良いのかどうか…演習問題は無視していました。暗記も復習もしていないし、試しに解いても「3級なのに全然出来ないじゃん」と思っただけでした。判定や中間の「それ以外から」が演習問題から出ていたかというとそうとも言えまんせんでした。JARDの方針が変わっていたらマズイですが、去年までと同じとすると、実は実は演習問題は放置しても大丈夫でした(過去形です。念のため)。

>工学も計算問題以外は法規同様丸暗記しました。
>計算問題はなんとなく問題の値のみが変わるのであれば、ここが変わると答えの数値はこれくらい変わる・・と、
>想像ですがつくような気がします。

こちらも同じ状態でした。計算問題も繰り返しやりましたが値を変えて試してみたわけではなく、同じ式、同じ値で何回もやって、「丸暗記で同じ分数式が書けるか?」みたいな不思議なトレーニングと化していました。
それでも最後の方になると、どの値をどこに入れるか(徹底的に繰り返したので)さすがに覚えて来て、判定・修了ともどうにか乗り切れました。

無線系の試験全般に言えることですが、意外にスパっと割り切れる数値と解答が設定されており「異常に端数が続く時はどこか間違えてるかも」という論理的な(?)考えも適用出来ます(笑)。

中間試験と判定・修了試験の範囲については法規と変わりません。私の時は修了試験の20問中3問が中間以外から出ました。しかし工学に至っては8問間違えても合格なので、これまた深刻に考える必要はないでしょう。
そしてやはり工学も演習問題は無視していました。

>なんか、丸暗記だけではとても不安なんです

いえ、(賛否はあると思いますがホンネの話で)丸暗記こそがeラーニング合格の秘訣だと思います。ともかく試しに判定試験の受験をお薦めします。受けられて、問題を見ると、内容と範囲から「丸暗記すれば満点じゃないか」と驚かれると思います。
私も受験時に54歳になっており、年齢のせいか「丸暗記だけで合格するのか?」「上級ハムを取ろうというのにこんな詰め込みの丸暗記で良いのか」と悩みましたが、資格試験なんてそんなものかもしれません。

そして2アマまではこれでも良いかなと考えています。1アマは丸暗記などでは到底取れそうにないので。ありがたく丸暗記で2級を頂戴しましょう。
なお、いずれも昨年度の試験なので、方針変更等があり上記と異なる場合もあります。その場合はご容赦下さい。

アラ還 URL 2019-07-08 (月) 21:12

サダナリヒロシ さん。

早速のお返事ありがとうございます。
とても丁寧に説明していただき感謝しております。

コメントを読んで勇気と自信(?)が出てきました。

e-ラーニングの利点はなんやかんや言っても、国試より簡単に2アマの免許が取得できることですよね。
理由は「丸暗記で合格!」だと思います。
私もそう信じて高額な受講料を支払ったんですから・・。

判定試験まで2週間はひたすら中間試験を繰り返します。
もう、パッと見ただけで答えを選べます。

判定試験の点数と合否は中間試験のように即時に出るのでしょうか?
その画面をプリント出来るのでしょうか?
中間試験の合格した(100点)の画面を通勤時間を利用して読んでいます。
判定試験も同じようにプリントして修了試験までの間、手元に置いて
何時でも見直せるようにしたいと思っています。

21日に判定試験を受けて28日に修了試験を受けたいと思っています。

地震をいただき、いろいろとありがとうございました。

サダナリヒロシ URL 2019-07-09 (火) 12:54

アラ還さま>

> 判定試験の点数と合否は中間試験のように即時に出るのでしょうか?

だったと思います。
全問解答してボタンをクリックすると表示される要するに中間試験が長くなったようなものだったかと。

>その画面をプリント出来るのでしょうか?

回答中(=採点前)は時間が決められているし、フリーズ等危険なのでやめた方が良いですが、修了後の採点画面と問題がセットでプリント出来ます。手元にあります。画面を消す前にぜひ印刷を。これも中間が長くなったようなものです。

ともかく判定試験に関しては「中間が長くなったようなもの」とお考え下さい。
修了試験は微妙に画面デザインが異なりましたが、中間~判定まではほぼ同じです。
百聞は一見にしかずです。再受験も出来ますし、「腕試し」だと思ってリラックスしてどうぞ。

アラ還 URL 2019-07-09 (火) 23:32

サダナリヒロシ さま。

こんばんは。

判定試験は何時でも受験できるようなメールが届いたので、今度の土日にでも合格するつもりではなく
問題と解答を印刷するために・・と言う軽い気持ちで不合格を覚悟で受験してみようと思います。

法規や工学の文章題は「解答群を見るだけでこの文字が解答!」という感じなんで、もし歯抜けの問題の
歯抜けの箇所が変わると対応できないかも・・・
暗記方法が「この解答群ではこの答え」と言うようになってしまったので問題を読まなくても答えられる
のですが、同じような問題で歯抜けの箇所が変わり解答群の文言が変わるとミスをしそうです。
判定試験で中間試験と全く同じ問題、解答群で選ぶ番号が違いだけなら文章題は100点です。
解答を番号で覚えるのではなく文字で覚えたというか「問題の最初、中間、最後の文字と解答をパターン
として暗記しています。」見た目で覚えているので問題の内容はうろ覚えです。

3連休明けに判定試験を受けて合格できそうになければズルをして1回で合格させて、プリントを済ませて
修了試験に備えるのもありですね??
(中間試験は1回目は適当に答えて、プリントして2回目はそれを見ながら解答、判定試験も同様に・・・)
目的は中間試験・判定試験に1回で合格することではなく、修了試験に1回で合格することなんで。

これでは不良受講者ですね。。。

サダナリヒロシ URL 2019-07-11 (木) 13:13

アラ還さま>


> 判定試験は何時でも受験できるようなメールが届いたので、今度の土日にでも合格するつもりではなく
> 問題と解答を印刷するために・・と言う軽い気持ちで不合格を覚悟で受験してみようと思います。

判定は3回まで受けられますが不合格の場合1週間以上経たないと再受験出来ませんのでご注意下さい。
回数も3回までなのでお気をつけて。
まぁ、実際の判定~修了試験の雰囲気を掴むのには良いかもしれませんが。

> 3連休明けに判定試験を受けて合格できそうになければズルをして1回で合格させて、プリントを済ませて
> 修了試験に備えるのもありですね??

これはちょっとわからないですね。暗記している量と範囲、何も見ることが出来ない修了試験本番で使える暗記量がどれくらいかに依ります。
私の場合は「中間~判定」の段階で100問全問を完璧に、何も見ずに全問正解するように仕上げて、「判定~修了」の段階はその記憶が薄れないように「仕上げ」と「繰り返し」しかやっていなかったので。判定の段階では合否が怪しく、最後の「判定~修了」段階で暗記を完成させる私とは異なるやり方についてはコメントが出来ません。結果的に「修了試験で一発勝負」のようになってしまいちょっとリスキーな印象があります。

繰り返しになりますが、中間100問が何も見ずに全問正解出来るならば判定も修了も多分合格すると思います。それを行ったのが上の2枚目の写真です。全問暗記、全問正解まで中間100問を章ごとに繰り返し解いています。
まぁ、「満点を取れ」が合格の条件ではないので、ここまでやらなくても資格は取れると思いますが、その「中間値」がどれくらいなのかも私にはわかりません。

アラ還 URL 2019-07-14 (日) 01:13

サダナリヒロシ さま。

こんばんは、本日14日に00:15に判定試験を受験しました。

おかげさまで法規90点・工学95点で無事合格できました。
法規・工学とも中間試験で出題されていない問題が1問づつあり、見事にそれを間違いました。
工学の計算問題の数値は全く同じでした。
修了試験も同じような感じなら合格間違いないような・・気がします。

判定試験を受ける前から不安で・・・e-ラーニングを受講したことを後悔したこともありました。
でも、サダナリさんの的確なアドバイスと励ましで不安が徐々になくなりました。
本当にありがとうございました。

火曜日にはJARDeラーニング事業センターからCBTの案内メールが届くと思うので21日に
受験予定です。

今日から1週間中間テスト問題と判定試験問題とを丸暗記します。

アラ還 URL 2019-07-20 (土) 20:17

サダナリさん。

こんばんは。

本日、修了試験を受験しました。
時間は見直しを1回して30分で終わりました。
法規は10分もかからないで終わりましたが工学はPCの画面をスクロールしながらの
解答なんで入力ミスがないか確認に時間がかかりました。

法規はケアレスミスがなければ100点だと思います。
工学は試験中に100%自信のある解答で計算すると85点なんで、最低でも80点で
合格していると思います。

採点結果の「開示希望」メールの案内は何処かに記載されているのでしょうか?
それとも知る人ぞ知る情報なんでしょうか(笑)?
私も自分の結果を知りたいですね。

受講前から貴殿のHPを見て参考にさせていただき、受講を決め学習を始めていろいろな
アドバイスをいただき、自信もつけさせていただいたことが合格(??)に結びついたと
思います。
おかげさまで憧れの2アマとなり14MHzにでれると思うと嬉しくてたまりません。
速く免許を手にして変更届を済ませて更新を楽しみたいと思います。

まだ、合格の結果は出ていませんが「ありがとうございました!」。

ちゃんとした結果が届くとご報告致します。

サダナリヒロシ URL 2019-07-22 (月) 13:03

アラ還さま>

すいません!17日(水)~19日(金)まで大きな展示会があり、返信の時間がまったく取れませんでした。

修了試験、かなり自信ありということで先行して(?)おめでとうございます。判定が「法規90点・工学95点」ならばよほど大崩れしない限り修了試験も同様のスコアかと思います。

もっとも「満点を取れ」という試験ではなく「60点で合格」なので細かいところは気にせずに、水曜日の「合格承認」を待たれて下さい。土曜日の受験ならば次の水曜日の午後の中途半端な時間にメールで合否通知があるはずです。

採点結果の開示希望メールは「判定試験の承認のお知らせ」などが送られて来る"e-"で始まるJARDのメールアドレスがあると思いますが、それにそのまま返信して、本分に「修了試験の得点開示を希望します」と書けば、多分水曜日の夜遅くにメールが来ると思います。

e-ラーニングについては、コツと実態がわかり的確に勉強すれば非常に高確率に合格するのに、妙に不明点を残して受講者を不安にしますよね。でもまぁ、主催者自らあまり確実な合格術をアナウンス出来ないという事情もあるのかもしれません。

判定でご経験済みかと思いますが、「合格」のメールなりWebページなりが届くというのは格別なものがありますよ!あと2日です。

サダナリヒロシ URL 2019-07-22 (月) 13:17

アラ還さま>

あ、しまった。得点の開示を希望するメールには-

1)受講者ID
2)氏名
3)生年月日
4)「開示希望」

-をお忘れなく。これが必要でした。

アラ還 URL 2019-07-22 (月) 20:02

サダナリ さま

水曜日帰宅してすぐにPCを立ち上げてメールを確認します。

試験始めの操作説明を見ないで試験開始したので気になることがあります。
工学の計算問題を「後で見直す」にチェックを入れたまま試験終了をしたのですが
チェックが入っていても採点の対象になりますよね?

昨年までにマイクロソフトやComp TIAの試験でCBTを経験したのですが、今まで
受験したどのCBTと違う雰囲気だったので・・・
画面をスクロールしないと問題・解答欄が見えないことに気づかないで「どこで解答
するの?!」と焦り、解答するまでに1分以上はかかったと思います。
もう少しで「すみません、解答できないんですが・・・・」と聞きそうでした。

今までのCBTでは「後で見直す」を沢山チェックしていたので、今回も気になる問題
はチェックしていました。
でも、見直しすることもなく試験終了しました。
5-6問チェックしたので・・それを採点されなくても大丈夫だとは思いますが・・。

水曜日の夜に「開示希望」のメールを出します。
何点で合格したか興味ありますよね。

アラ還 URL 2019-07-24 (水) 19:07

サダナリ さま

今日は定時で帰宅して夕食前にPCのメールを確認致しました。

おかげさまで合格できました。
ありがとうございました。

いま、開示希望のメールを送ったので明日返事がありますね。
何点だったか楽しみです。
ギリギリ60点だったりして。

アラ還 URL 2019-07-25 (木) 21:02

サダナリ さま

こんばんは。
今日メールで点数が届きました。

法規は100点で工学は86点でした。
自己採点通りでした。

後は免許証が届くのを首を長くして待ってます。

現在50Wの局免を200Wにして10/14MHzも追加する手続きをしないと・・・

私が受講して合格できたのはこのHPのお陰なんです。
受講を決心するのもこのHPのコメントで「やってみよう!」と、受講後の不安な気持ちを
抑えてくれたのも同じです。

本当にありがとうございました!

サダナリヒロシ URL 2019-07-29 (月) 19:20

アラ還さま>
返信遅くなり失礼致しました!仕事が微妙に忙しく、また週末は帰省もしておりました。
合格おめでとうございます!「引き締め」のためなのかなんなのか、二アマe-ラーニングやたらと情報が少なく、また「本当にこれで合格するのかな?!」的な印象を持たせがちですが、実は実はポイントを押さえればかなりの高得点で合格する"はず"なのです。
受講から合格までお力になれたならば幸いです。根底にあるのは「なにしろこの私でも合格出来た!」なのですが(苦笑)。
200W増力ですか。いいですね。10MHzはいまちょっと静かですが、14MHzはやはり「いいなぁ」という雰囲気です。上級の運用をお楽しみ下さい!

アラ還 URL 2019-08-08 (木) 00:11

サダナリヒロシ さま

本日、2アマの従事者免許が封筒にポッンと入って届きました。

ありがとうございました。

サダナリヒロシ URL 2019-08-08 (木) 20:35

アラ還さま>
おめでとうございます!合格発表から2週間、概ねスケジュール通りですね。早いし便利でしょう?
e-ラーニングは色々な利便性もあるのです。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://jl1klk.blog51.fc2.com/tb.php/264-41352cb0
Listed below are links to weblogs that reference
第257回-【ご報告】e-ラーニングで二アマに受かりました・後編 from HAM & BCL 同時復活 | あの頃のラジオ少年が30数年ぶりに…

Home > HAM再開への道のり > 第257回-【ご報告】e-ラーニングで二アマに受かりました・後編

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top