Home > 移動運用 > 第270回-【事後報告】GAWANT持ってハワイに行きました-その3・反省編

第270回-【事後報告】GAWANT持ってハワイに行きました-その3・反省編

2019KH6_04.jpg

GAWANT+FT-817NDを持ってハワイに行った話、全3話のラスト「反省編」です。

なにしろ夢のハワイまで行き、ホテルの20階に泊まり、4日がかりで「五打席連続空振り三振」といういわゆるひとつの珍記録をメイクドラマしてしまったので、反省事項が山積みで…GAWANT+QRPでリベンジを謀るどなたかの参考になれば幸いです。

◆反省1:ロケーション-オアフ島ではないのでは?

確かに距離的にはJAに近いのですがワイキキの町自体が南東向きなうえに部屋もダイヤモンドヘッド・ビューの東向き。Wの西海岸から南部5エリア、東部OHまでが55~59で入感していましたが、JAは完全に逆! でもワイキキで西向きの部屋に泊まる人は少ないででしょう(苦笑)。

kh6_01.jpg

JAからの距離的は250kmほど遠くなりますがハワイ島の方がJAとは繋がりやすいのではないかなぁ。KH6は自宅品川から過去に60-Q以上交信していますが、ハワイ島の方が多かったような記憶が(さすがに面倒なので未集計)。西部のカイルアコナあたりがJA狙いには向いているように思います。あと東部のヒロ付近もよく繋がりますね。

island6ap.jpg

但し、オアフ島でもノースショア、人気のハレイワ付近は可能性が高い、というか最も日本に近い場所と言えるでしょう。オアフのノースもオススメです。

◆反省2:周波数は実はローバンド?

今回は唯一、現地深夜-JA夕方の14CでJQ1IBIさんが強力に入感しましたが、実はJAもその他DXも、ハワイで一番交信の可能性が高いのは夜間帯の7MHz CWではないかという気がしています。
7CのQRPは意外に飛び、JA品川(ベランダモビホ)-W本土で16-Q、最長は今年の2月にルイジアナ州まで飛んでいます。

残念ながら今回持参した1、2mの延長コードではGAWANTは7MHzまでは落とせず、もう一声必要なのですが「GAWANT+延長コード+夜間の7C」は挑戦の価値があると思います(今度やります!)。
もっともSSNさえ上昇してくれれば、午前中の21SCがベストのハズなのですが…。

◆反省3:時間帯は午前中?

これについては事前にハイバンドを対象に集計してから行きました(下記)。JAの午前中がベストのハズで、QRVもその時間に合わせて…しかしSSN=0が10日も続き、21は4日間まったく入感ナシという状況では…。

IMG_20190430_011133.jpg

SSN.gif

それも含めて上記反省2の「夜間の7C」が意味があるのではないかと。やりたかったナァ…。

◆反省4:時代は令和。さすがにデジタルモードを…

使うべきでした。その1に記した通り、家の近所の天王洲運河から今回と全く同じセットでの5W QRPでKH6と4回もQSO(21Sx3、14Sx1)しているので強気に出てしまいましたが、CW、SSBだけではなくFT8もやっておけばもしかしたら今回JAと繋がったかも…という気もしました。
元号も変わったことですし、実は今回もノートPCも持って行っていたので、やればよかったカナー…。

◆反省5:その他フクザツな条件もある?

ここ何年か学会をにぎわせている「東西伝搬の非対称性」ですね。日没後の地球上に電離層のプラズマ濃度が低下する「プラズマバブル」領域が発生し、その下部構造の影響により「西側からの HF 電波到来が多くみられるのに対し、東側からの HF 電波到来はほとんど見られないことが分かっている」(地球電磁気・地球惑星圏学会2009年秋学会NICTポスターセッションから)…らしいですが、すいません、私は有線通信屋なので詳しいことはわかりません。

そうは言っても23、00、01時台JSTの7CのKH6なんて59++でガンガンに入って来るぞ!? ワイキキで北米もよーく聴こえたし、これについては(学会やNICT含め)よくわからないですね。

IMG_20190429_202958.gif

ハイバンドの東西伝搬はムツカシイのかなぁ。7L1DSTさんからお送り頂いた期間中のPSKRを見ても見事にグレイラインに沿った南北パスで…。

◆反省7:コンテストステーションは超弩級?

そもそも今回のGAWANT持ってハワイに行こうのきっかけになったのは上にも書いた通り昨年10月のCQ WW DX今年3月のWPXとも家の近所の天王洲運河から今回と全く同じセットでの5W QRPでKH6と4回もQSO(21Sx3、14Sx1)しているので「その逆を試そう」だったのですが、いずれも世界的なメジャーDXコンテスト時のQSOなんですよね。

その時にRunしている強力な局を呼んでピックアップしてもらったわけで、こうしたいわゆるコンテストステーションは設備やら耳やら超弩級、アンテナファーム・クラスなのではないかと。
そう考えると「世界的なメジャーDXコンテスト時と渡航の時期をアテる」というのも作戦のひとつではあります。いわゆるひとつの海外遠征。メジャーではないWの国内コンテストや他国の何かでも良いのかも。バンドが賑やかならばQSOのチャンスは増えるでしょうね。

◆反省8:ニッポン以外は平日だった…

これはまぁ、仕方のないことですが、日曜着の木曜発で週末が噛んでおらず…(その日程が割安だったので)。確かに平日のハイバンドなんて全世界的に閑散としていますわなぁ…。

◆はんせいのけつろん

・基本システムは今回の通りでも良いでしょう。GAWANT+817or818、但しワイヤでエレメントを延長して7MHzにも同調するように!

・ハワイ側の場所はオアフ島ならばノース。ワイキキならばせめて西向きの部屋に。ハワイ島はコナでもヒロでも可能性があるかも。

・SSNが良く21が開けば可能性はグッと上がりますが、夜間帯に時間をかけて7CにQRVするというのが意外な狙い目かもしれません。あとはデジタルモード。

・曜日的には土日を含む日程で。QRVはその土日に集中してあとは観光でも良いかも。W国内とはいえやっぱり平日のハイバンドは少なめ。何かのコンテスト(例えばW国内コンテストなど)にアテるのも妙案。

大山鳴動して鼠一匹というか、ほぼ一週間がかりで出た結論はこの4つに集約されてしまいますが(苦笑)、家族も「また行きたい。今度はハワイ島にしたい」と言っており、果たしてこの3つを実践すればKH6側がGAWANTのJA-KH6 QSOが実現するのか…神のみぞ知るであります。
高尾山のように日帰りの電車やバスやケーブルカーでは行けないので、次は何年後になるやら。どなたかかわりにリベンジを…。

[追記1]ついでだからこれも。自分の備忘録で書いちゃえ。M型オス→BNCメスの変換コネクタも必須。今回忘れた。L型ではなくストレートタイプ。817の裏面のM型メスにそれ挿して、GAWANTを真横に生やしてイスかテーブルに置き、ベランダ(ラナイ)の柵の隙間から突き出すのが操作面でも電波的にもFB。いつもの「駅弁スタイル」でやろうとしたがホテルのラナイはけっこうコワイ(苦笑)。苦肉の策で裏向きの斜め置きにしたけど使いにくいわ、アンテナ引っ込んでるわで…。

[追記2]あとCQWWやWPXの時に自分で「水辺に出ろ!」と言ったクセに今回ホテル20階という高さに目が眩み(?)ベランダ内のみでQRVしてる。これも反省かなぁ。ワイキキ・ビーチで首から817下げてるニッポン人のオジサンって中々インパクトあるけど、坊主で帰国するよりはマシかも。海辺に出るべきだった…。


スケジュールにお付き合い頂いたJQ1IBIさん、ツイッターでご協力頂いた何局ものみなさま、本当にありがとうございました。マハロ!アロハ!!

.
スポンサーサイト

Comments:4

JP3LVI URL 2019-05-06 (月) 20:49

無事のご帰宅お疲れ様でした。
無線はQSOならず残念でしたね。
僕ならGawantで駄目な時用として5m程の釣り竿に1/4λ長のワイヤーを竿先端から余る分を下に垂らしアースを手摺から取るフルサイズアンテナを用意しましたか。
それ程嵩張りませんし。
竿の固定は竿置きや結束バンドが使えますね。
FT-817を愛用していた時旅先の宿からはこんなアンテナでいつも楽しんでいました。
電源はジャンクで入手したPC-9801ノートの物がノイズも少なく重宝していました。

サダナリヒロシ URL 2019-05-06 (月) 22:22

JP3LVIさま>
無事帰って参りました。10月、3月のJA→KH6があまりにもスムーズに出来たので「逆もイケるだろう」と思いましたが、ビミョーーーなところでうまく行きませんでした。確かに非常手段の用意が足りなかったように思います。
あとは7MHzの夜間のCWに出られなかったのが実はかなりの失策だったかと。21MHzが死んでる時のハワイって結構サビシイ感じでした。実は色々な意味で7Cが狙いだったかと今でも後悔しています。ともかく今回はものすごーーく勉強になりましたm(_ _)m。
電源も研究中です。98ノートのアダプタが使えるのですか?!調べてみます!

JF1AKJ URL 2019-05-15 (水) 13:49

お疲れ様でした。
行く前は、ちょっとドキドキしながら、帰国の情報を待っておりました。
なかなか難しいものですね。大人数の移動運用と違って、全てひとりですから。
でも、今時、この様に海外で気軽に旅行できる時代ですから、誰でも、希望を膨らませちゃいますよね。
是非、第二弾以降をお願いします。「もちろん,お一人・対応で・・」
期待しております。

サダナリヒロシ URL 2019-05-15 (水) 18:10

JF1AKJさま>
コメントありがとうございます。一番ドキドキしていたのは自分自身かもしれませんが(笑)。
いやーーー、さすがに難しいものですね。帰国一週間を経て「ああすればよかった、こうすればよかった」が山積みですが、一発ではうまく行かないところもハムの醍醐味かもしれませんね…と自分を納得させています。「やはり夜の40Cだったのではないか」が最大の反省点でしょうか。
それにしてもIBIさんの信号は凄いでしょう?貴重な動画が撮れたこと、この1-way SWLを今回の成果としたいと思います。
第二弾の遠征も計画中、というか、XYLがハワイマニア(今回で6回目?)なので、いずれ引っ張られて連れて行かれそうです。次回はロケーションを変える予定ですが、まだヒミツです(笑)。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://jl1klk.blog51.fc2.com/tb.php/277-a082e917
Listed below are links to weblogs that reference
第270回-【事後報告】GAWANT持ってハワイに行きました-その3・反省編 from HAM & BCL 同時復活 | あの頃のラジオ少年が30数年ぶりに…

Home > 移動運用 > 第270回-【事後報告】GAWANT持ってハワイに行きました-その3・反省編

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top