Home > HAM再開への道のり > 第86回-「JARD養成課程講習会・第三級短縮コース」を受けてみた

第86回-「JARD養成課程講習会・第三級短縮コース」を受けてみた

sugamo-550-new.jpg


「もしかしたら落ちるかもしれない」という一抹の不安があったので、公表しておりませんでしたが…

昭和53年、旧・電話級アマチュア無線技師資格を取得して以来34年間(長い!!)、10Wの音声通信を続けて参りましたが、少々思フトコロがあり、このたび第三級アマチュア無線技師資格を取得致しました。ハム昇級?は34年ぶり。老眼鏡まで購入して、50歳まであと3年での「手習い」でありました。疲れた…。

国試も考えましたがお恥ずかしい話「大学入試2勝17敗、普通運転免許の筆記ですら4回目で合格」という「超試験ベタ」なので、「楽チンだよ」とウワサの「JARD養成課程講習会・第三級短縮コース」に行きました(7月1日(日)受講で7月6日(金)の19:00頃、Web経由で結果判明)。

電話級復活組で、「今の三級は50Wか。モールスにも興味あるし、ここはひとつ…」という方もいるかもしれないので、ググってもなかなか出てこない、情報の少ない三級短縮コースについてQ&A形式で。

-----

Q1:三級短縮コースってカンタンなの?絶対に受かるの?
A1:たぶん大丈夫でしょう。「会場に行ければ受かる」という声もありますが、合格率は99.3%、不合格は140人に1人とも言われています。上に書いた通り、私は超試験ベタなので「私がその"140人に1人"なのでは?」と前夜まで悩み抜いていましたが、(そんな私でも)たぶん全問正解だったんじゃないかな…。

Q2:問題数と合格点は?
A2:工学10問、法規10問で全問四択。合格点は各6問正解です。1問10点なので「120点で合格」となりますが「合わせて120点」は不合格、30点+90点ではダメです。

Q3:事前学習は必要?
A3:私はCQ出版の『第3級ハム国試・要点マスター』全問を2~3回繰り返しやりました。あとモールスも覚えました。6月2日から始めて前夜までなので1カ月あれば出来る分量です、が、これはちょっとヤリすぎだったかも?詳しくは後述します。

Q4:問題の中身は?
A4:実は三級国試とは微妙に異なります。上記の『要点マスター』独習時の平均は工学が72点、法規が79点で、それぞれの合格点64、68に比べれば一応の合格ラインでしたが、「さすがに35年ぶりにやるとキツイなぁ…」という感じも(こんなブログをやっていますがコテコテの文系。経営学部卒しかも仏教系?!)。
ところが講習会では国試の過去問で苦労した√やπや分数が出てくるコンデンサやら共振周波数の問題が大幅に省略されていました。
配布されたテキストには書いてありますが講習でいきなり、「はい、ここは4級でやったから省略」と。「出たらどうするんだよ!!」と思いましたが、簡単な計算を行う1、2問を除いて計算問題は出題されませんでした。
講習によって異なると思いますが、私の時の計算問題は、1)入出力電圧から二次コイルの巻数を求める問題、2)USBの搬送波周波数計算、3)受信周波数と中間周波数から局発の発信周波数を求めるの3問でした。後者2問は簡単な引き算、コイルも簡単な分数計算ですね。
法規も面倒くさい免許証・免許状の取り扱いなどは出題されず、国際法とモールスが中心でした。
個人的な印象ですが、「本当に4級と3級のわずかな"差分"だけを試験するんだなぁ」という感じでした。

Q5:モールスの予習は必要?
A5:これは強くお薦めします。講習によって違いはあると思いますが、私の時は工学は10問中3問程度がモールス関連、法規は実に10問中6問くらいがモールス符号そのものか、モールスの「運用」分野です。これはちょっと意外でした。
工学も法規も『要点マスター』で70点が取れれば、講習会は多分100点だと思いますが、モールスを覚えずに行くとその場での「問題&回答丸暗記」に頼るしかなく、法規で少しアセります。
逆に英文と数字をゴロ合わせ(合調音法)でもなんでもいいから覚えて行くと、それだけで30点ボーナス、モールス関連の「運用」(NILとかVAとかCQは3回とか)を覚えて行くと、さらに20~30点ボーナスになります。運が良ければモールスだけで法規は合格するかもしれません。

Q6:じゃぁ出るところ、出ないところは?
A6:これがさすがに「試験」でありまして、バッサリと「ここは出ない」ということはなく、1、2問ずつチョコっと出ます。「基礎的な工学は出ない」と言いつつも、ツェナーダイオードについての問題はしっかり出ました。3級国試でいえば「基礎知識」の問題です。
繰り返しお伝えしますが、出題の傾向は講習毎に異なると思います。問題用紙の番号を見たところ60番台だったので、色々なバージョンがあるのでしょう。「A4~A6を見てヤマをかけたけどハズレた!どうしてくれる!」というクレームは受け付けかねますのでご了解下さい。

Q7:事前に答えを教えてくれて「事前に全く勉強しなくても合格する」ってホント?
A7:事前に答えを教えてくれるのはホントです。朝9時に行くと、1)教科書、2)模擬試験問題集、3)モールスに関する冊子の3冊が渡されます。講習に使うのはこれだけです。
模擬試験問題集は本番と全く同じ書式になっており、工学40問、法規40問。但し、良く読むと個々の問題は重複しており、実質的な問題数は各20ずつです(つまり「のべ各40問、実質各20問」)。
この20問+20問の答40件は講習中に教えて貰えますので、記憶力に超自信があって、「40件や50件の回答ならば1回聞けばバッチリ」という人は予習ゼロ、当日手ぶらでも良いでしょう。実際、そういう人がほとんどのようです。ただ、モールスは苦労すると思いますよ…。
「めんどくさいから選択肢の番号で覚えちゃうよ!」-私も一瞬そう思いましたが、さすがに模擬/本番で四択の並び順や選択肢の内容は変えてあります(笑)。番号だけで覚えると、悲しいことが起こります。

Q8:時間や教室、結果発表は?
A8:私は巣鴨のJARDハム教室まで行きました。日曜の朝9:00開講で18:45まで。都内・品川からですが、8:30入りのために6時起きでしたよ。1教室56人で小学校みたいな椅子と机です。休憩中の飲食はOKです。
結果は正式には1.5カ月後に総務省から郵送。非公式には5~8日後にJARDのWebと玄関の張り紙でわかります。ちなみに場所は「おばあちゃんの原宿」巣鴨地蔵通。とげぬき地蔵のモロに裏隣で驚きました(写真右奥)。
昼食後、午後は居眠りに注意。確かに試験のレベルは易しいかもしれませんが、説明→理解→暗記の集中力はそれなりに必要とされます。最悪の場合「寝ていた時の問題が出て、暗記してないからXだった」ということも有り得ます。


-----

7割くらいの人が「事前にモールスを全くやっていない」と手を挙げましたが、予想問題をやってみると9割が全問正解、合格ラインを割っていたのは1、2名という感じでした。私はどちらかというとロートルの方で、20代、30代が中心だったので、「-」や「・」の形を頼りに、記憶力イッパツでどうにかなるのでしょう。
逆に私は事前にCQの「パドル・トレーナー」まで買ってミッチリやったので、法規側では思いっきり「お釣り」を貰いました。ラッキーでした。

あと、講師の方が回答丸暗記のために本当にクダラない語呂合わせを言ったりするのですが、これもバカにせず、ありがたく"頂戴"した方が良いと思います。マジメに勉強していた(?)中学・高校時代だって化学式や公式は語呂合わせで覚えたし、この歳になると「まさか!」のド忘れも心配です。冷めている人、シラけている人は損しますよ、きっと。
しかし、講師も「プロ」ですな。百戦錬磨というか手練手管というか。多くは語りませんが…。

トシの頃なら50代中盤、野球帽にタオル、ニッカボッカ風ズボンという一目でわかるトラッカー軍団が5、6人で来てて、やれ書類の書き方がわからねぇとか、誰かが持ち込んだ過去問と一致してるのしてねぇのとウルサイことこのうえない!しかもオッサン、そのプラスチックのエンピツ競馬場で配ってるヤツだろ!おい!!(爆笑)

しかし考えてみるとアンカバで50Wでも1kWでも出せるのに、ちゃんと三級を取ってQRVしようという奇特なオッサンたち。模擬試験で50点だったオッサン4号が二度目で80点になり、場内拍手喝采という山田洋次の『学校』みたいなシーンもありました(笑)。オッサン照れてた(あの人、合格したかなぁ…)。

従免は8月中旬らしいですが、さて、数年前には想像もしなかった三級ハムライフ、どうしたものか…。
18MHzは出るつもりですが、817のQRPにも慣れてしまったし、50W増強もなぁ…。やっぱりCWでしょうか?まったく聞き取れないのですが…。
スポンサーサイト

Comments:8

JN1BBO URL 2012-07-07 (土) 11:41

合格おめでとうございます。
CW、誰でも最初は聴き取れません。諦めない心と慣れです。Hi

サダナリヒロシ URL 2012-07-07 (土) 12:29

BBOさま>
ありがとうございます!たった今もフリーソフトのCWtqtで聴いてみましたが、現時点では60字×3文字でも怪しいです。「こんなものが時間が経てばわかるようになるのか??」という感じですが、慣れなのでしょうね、きっと…。

BQX URL 2012-07-07 (土) 13:38

合格おめでとうございます。
私は国試を受けましたが、今も変わらずにある晴海の江間忠ビルを見ると、「完マル」やモールス受信練習用のカセットテープを買い込んで、
電話級・電信級の勉強を一生懸命していた昔を思い出します。
18MhzやCWでもお相手下さい!

サダナリヒロシ URL 2012-07-07 (土) 16:54

BQXさま>
ありがとうございます!ウチのカミさんからは「仕事でもないのになんでそんなに真剣になってるの?」と驚かれましたが、ハムの試験は不思議なもの、学校の受験なみに思い出に残りますねぇ...。
運転免許と同じで、これからが大変です。「18のCW」がポイントですね。う~~~~~うむ....。

大熊中隊長 URL 2012-07-08 (日) 04:30

何はともあれ合格おめでとうございます。

CW、私も先日久しぶりにと7メガをワッチしてみたのですが、ブランクが長く聞き取れなかったです。

私も電信についてブログでアップしたばかりです。

耳ならしをして、思い切って出てしまおうかと。

便利なソフトもありますので、助けられながらなれていこうと思っています。

口を使いませんので飲食しながらでも交信できますから至極都合のいい通信方法です。Hi


※CW解読ソフト「Didital Sound CW」 http://www.geocities.jp/ja3clm/

サダナリヒロシ URL 2012-07-08 (日) 15:22

大熊中隊長殿>
ありがとうございます!Didital Sound CWは実はインストール済なのですが、レベル調整だか、ノイズだか、いまひとつ読解度が低く...いや、なにやら意味のないアルファベットが並ぶので「多分、これは正しく解読していないのではないか?」ということを「推測」している次第です。
推測ってのもナンですが、要するに正しい内容がわからないので、「これ多分間違ってる...雰囲気だなぁ...」と。情けないことこのうえないです。まずはCWtqtの「毎分60字×2文字」からはじめます。今世紀中には運用出来るようになりたいです。七夕の短冊にも書きました。

je8kgh/7 URL 2012-07-24 (火) 00:07

3アマ合格おめでとうございます。CWはヤバいですよ...ハマると思います^^;
BBOさんのコメントにもありますが、最初は超々ユックリなCWでも聞き取れないと思いますが、焦らず長〜〜〜〜く付き合うつもりで頑張ってくださいね。CWで交信できるのを楽しみにしてます!
あと...QRPでもコンディションが良ければDX交信には十分ですが、50Wだとそこそこ安定した交信が可能だと思います。
免許が届くのが待ち遠しいですね! FD DX! ^^v

サダナリヒロシ URL 2012-07-24 (火) 19:52

je8kgh/7さま>
コメントありがとうございます!
「超々ユックリなCWでも聞き取れない」です。「こんなものが聞き取れるようになるのか?!」です、が、諦めずにやればいつの日かわかるのでしょうか。せめて還暦までには習得したいです…(←それほどたっぷり時間があるわけではナイ・苦笑)。
50W化については日々イロイロと検討しております。さてどうしたものか…。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://jl1klk.blog51.fc2.com/tb.php/92-636cefb4
Listed below are links to weblogs that reference
第86回-「JARD養成課程講習会・第三級短縮コース」を受けてみた from HAM & BCL 同時復活 | あの頃のラジオ少年が30数年ぶりに…

Home > HAM再開への道のり > 第86回-「JARD養成課程講習会・第三級短縮コース」を受けてみた

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top